ランニングシューズのサイズ感 アシックス編

アシックスのランニングシューズのサイズ感です。

実際にしばらく使用したものから、試し履きだけしたものもあります。

他のブランドのサイズ感については以下から

ブランド別、試したことのあるランニングシューズのサイズ感
ブランド別のこれまでに試したことのあるランニングシューズのサイズ感です。
スポンサーリンク
  1. アシックスのランニングシューズ サイズ感
    1. GEL-ZIRUSS 2 1011A011
    2. GT-1000 8 1011A540
    3. GT-1000 7 1011A042
    4. GT-1000 6 TJG962
    5. GT-1000 5 TJG750
    6. GEL-EXALT 5
    7. FREQUENT TRAIL
    8. GEL-KAYANO 26(ゲルカヤノ26)
    9. GEL-KAYANO 25(ゲルカヤノ25)
    10. GEL-KAYANO 24(ゲルカヤノ24) slim TJG959
    11. GEL-KAYANO 23(ゲルカヤノ23) slim TJG945
    12. LADY GEL-KAYANO 24(ゲルカヤノ24) TJG758
    13. HEATRACER 1011A698
    14. HYPERGEL-SAI 1021A014
    15. LYTERACER (ライトレーサー) 1011A173
    16. LYTERACER TS 7(ライトレーサーTS7) TJL436
    17. LYTERACER TS 6(ライトレーサーTS6) TJL434
    18. LYTERACER TS 5(ライトレーサーTS5) TJL430
    19. LYTERACER RS 5(ライトレーサーRS5) TJL432
    20. GEL-CONTEND 5(ゲルコンテンド5) 1011A256
    21. GEL-CONTEND 4(ゲルコンテンド4) TJG279
    22. GEL SCRAM 4 アマゾン限定モデル
    23. GEL TORRANCE
    24. GEL-EXCITE 6 アマゾン限定モデル
    25. JOLT 2
    26. GT-2000 7
    27. GT-2000 NEWYORK 6 slim TJG979
    28. GT-2000 NEWYORK 5 slim TJG948
    29. GT-2000 NEWYORK 4 slim TJG941
    30. LADY GT-2000 NEW YORK 4 TJG519
    31. GEL-QUANTIFIER 1021A034
    32. AMPLICA(アンプリカ) T825N
    33. GT-XPRESS 1011A143 アマゾン限定モデル
    34. GEL-MOYA ゲル モヤ T8D3Q
    35. PATRIOT9(パトリオット9)
    36. STORMER(ストーマ―) TJG136
    37. COMUTORA(コムトラ) T831N
    38. JOG100 2 TJG138
    39. GELFEATHER GLIDE 4 slim TJR457
    40. TARTHERZEAL 6 slim TJR293
    41. DynaFlyte 3(ダイナフライト 3) 1011A002
    42. DynaFlyte 2(ダイナフライト 2) TJG956
    43. DynaFlyte(ダイナフライト) TJG942
    44. GEL-INFINI 2(ゲルアンフィニ2) TJG949
    45. GEL-PULSE9(ゲルパルス9) TJG964
    46. NOOSA FF TJG754
    47. RoadHawk FF 2 1011A136
    48. RoadHawk FF TJG967
    49. Nitrofuze 2 TJA140
    50. Nitrofuze TJA136
    51. fuzeX(フューズエックス) TJA130
    52. fuzor(フューザー) TJA137

アシックスのランニングシューズ サイズ感

この記事を書いている時点での、あくまで個人的な感想です。使用していくうちに感想も変わるかもしれません。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)
右足:足長254mm足囲245mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足囲が時々5mm以内で変化します。個別にシューズのレビューしているページでは記事作成時点のサイズを記しています。また、足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

GEL-ZIRUSS 2 1011A011

GEL-ZIRUSS 2は日本ではAmazon.co.jpの限定モデルです。記事作成時点ではサイズが25.5cm~30.0cmのメンズモデルだけのようです。選んだサイズは26.5cmで私には余裕がある履き心地です。

ソールの作りは旧モデルのGEL-NIMBUS(ゲルニンバス)に似ていてクッション性が良いです。踏み付け部とかかと部にGEL(ゲル)が搭載されていますが足裏の感触は柔らかすぎず安定性も悪くないです。

サイズ感については商品説明には3Dレギュラーラストとあります。ここ3代くらいのゲルニンバスに比べてウィズ(足囲)や足長的に小さくは感じずむしろ同じサイズではGEL-ZIRUSS 2の方が私にはゆとりがあると感じます。

アマゾンのレビューでは細めに感じた方もいたようですが、細身のシューズを求めるならニンバスやGEL-ZIRUSS 2にはナローモデルがないので対応するプロネーションは違いますがGT-2000のナローモデルの方が細いです。

GT-1000 8 1011A540

GT-1000 8は前モデルの7代目と比べてサイズ感やソールの作りに変化はなく、アッパーの作りが変わり素材の肌触りが少し違うと感じるくらいです。26.5cmでちょうどよい。

アシックス GT-1000 8のサイズ感と履き心地! レビュー
前モデルの7代目と比べてサイズ感やソールの作りに変化はなく、アッパーの作りが少し変わり素材の感触が少し違うと感じるくらいです。6代目以前の旧モデルとはサイズ感は違うと感じるのでこれまでGT-1000を履いたことがある方でも試し履きは必要です。

GT-1000 7 1011A042

GT-1000 7は前モデルよりつま先は楽になり26.5cmでちょうどよい。ソールの作りも変わった。

アシックス GT-1000 7はアッパーのデザインだけでなくソールの作りも変わった!サイズ感と履き心地のレビュー!
アッパーの作りが変わり前モデルよりつま先が少し楽になりました。踵部はGT-1000らしく高いフィット性とサポート力があります。ソールの作りも変わっています。

GT-1000 6 TJG962

つま先は前モデルのGT-1000 5と同じ26cmではでつま先の上側がきつい。

26.5cmも試しましたがそれでもつま先が窮屈に感じました。

アシックス GT-1000 6は踵は硬くしっかりしているがつま先が窮屈! サイズ感と履き心地のレビュー
踵は変わらずしっかりしているがつま先が窮屈に感じた。アッパーや着地の感触は柔らかくなっている。

GT-1000 5 TJG750

旧モデルGT-1000 2 TJG697は25.5cmで合っていて長く使用したが、今回のモデルは26cmでもつま先が狭く爪に圧迫を感じる。

GEL-EXALT 5

GEL-EXALT 526.5cmでちょうど良い。横幅は細めながら甲の部分は窮屈ではない。つま先の上側も狭くなく足長的には最近(2019年8月時点)のアシックスの中では余裕のある履き心地です。

アッパーの作りはアマゾンで価格が1万円前後のモデルとしては少しチープに感じて生地はメッシュ状で通気性は良さそうだが柔らかくサポート力は物足りない気がします。

ミッドソールはスピーバで踵部にはGELが入っています。中足部にトラスティックやDUOMAX(デュオマックス)が搭載で安定性重視のモデルです。これだけ見るとソールの性能に期待しますが、着地の感触は中敷の影響もあってか少し柔らかくソールの厚みもあまり感じません。長時間ガッツリ走るより商品の説明にカジュアルランニングシューズとある通り、軽いランニングや普段履きとしての方が個人的には使いやすいと思います。

アマゾンでのサイズ展開は記事作成時点ではメンズのみで24.5cm~30.0cmです。

FREQUENT TRAIL

アマゾン限定のトレイル用ランニングシューズ。山歩きや普段履きにも使いやすくなっている。サイズはアシックスの中では他の2Eのモデルと比べると少し余裕があり26.5cmでちょうど良い。

ゲルカヤノに比べると少し小さいがGT-2000 7や中級者以上のランナー向けのモデルに比べると同じサイズでもつま先部分だけでなく横幅にも余裕を感じる。靴紐を締め上げてハトメの間隔が狭くなることはないが中足部あたりのフィット感が個人的には少し物足りない。踵部は硬くしっかりしてフィット性は良い。

GEL-KAYANO 26(ゲルカヤノ26)

ゲルカヤノ26は記事更新時点ではNARROW(スリム)がないようなのでSTANDARD(レギュラー)だけ試しましたが、前モデルと同じ26.0cmで余裕がある履き心地でちょうど良いです。メンズにはEXTRA WIDE(スーパーワイド)、レディースにはワイドのモデルがあります。

アシックス、GEL-KAYANO 26のサイズ感と履き心地! レビュー
前モデルまでと比べて中敷の作りが変わり、足への負担が少ないという安心感だけでなく前足部に力が入りやすくなり反発の感じ方も強くなった気がします。ウィズ(足囲)は細めのNARROW(ナロー)がないですがSTANDARD(スタンダード)でもフィット性が高いです。

GEL-KAYANO 25(ゲルカヤノ25)

ゲルカヤノ25は24代目と選ぶサイズは同じですが25代目の方が少し余裕のある履き心地に感じます。

幅についてはこれまでと同じ3種類出ていますが、アシックスの公式サイトではラストの表記が変わっています。レギュラー・スーパーワイド・スリムがそれぞれ、STANDARD・EXTRA WIDE・NARROWになっています。

サイズはSTANDARD(レギュラー)では26cmで窮屈さはなくNARROW(スリム)だと26.5cmで良い感じです。踵のメタクラッチも健在です。

GEL-KAYANO 24(ゲルカヤノ24) slim TJG959

前モデルのゲルカヤノ23に比べアッパーが柔らかくなり窮屈さはない。そのためサイズは23と同じ26.5cmではやや幅に余裕があるように感じる。それでもウィズ(足囲)が細身のスリムモデルなので普段レギュラーラストのモデルを履いている方には窮屈に感じると思います。

26cmでも履けそうな感じだったが長時間の使用でつま先が心配。

メタクラッチが新搭載!アシックス、GEL-KAYANO 24(ゲルカヤノ24)
アシックスのランニングシューズ、GEL-KAYANO 24(ゲルカヤノ24)です。 GEL-KAYANO 23-slimとGT-2000 NEW YORK 5-slimのどちらを選ぶか迷っているうちに発売されたので試してみまし...

GEL-KAYANO 23(ゲルカヤノ23) slim TJG945

ゲルカヤノは20を初めて履いてそれからの比較ですが、26cmでこれまでは甲の部分のフィット感ホールド感が良くてつま先は窮屈でないが、踵が滑って浮くような感覚があった。今回のモデルは全体的にフィット感が強いというかサイズが小さく感じた。26.5cmの方が合います。つま先も少し窮屈に感じた。しかし踵は緩さや浮くような感じはなくホールド性が良くなっている気がした。実際使用している人のレビューをみてもこれまでのモデルで合っていた人は今回の23は小さく狭く感じているらしい。

LADY GEL-KAYANO 24(ゲルカヤノ24) TJG758

レディースモデルのゲルカヤノ24。サイズは26.5cmまである。

レギュラーラストの26.5cmで足長的には大丈夫だが、メンズのゲルカヤノ24のスリムモデルより甲部分が低く踵も細く感じる。馴染むまでは少し薄手のインソールに変えた方が楽。

HEATRACER 1011A698

ヒートレーサーはライトレーサーRSのソールを引き継いでいるモデルでアッパーはターサージールTSだそうです。選んだサイズはライトレーサー(1011A173)と同じサイズですがヒートレーサーの方が全体的な窮屈さがありません。踵のフィット性も良いです。

HYPERGEL-SAI 1021A014

HYPERGEL-SAIは最初に26.5cmを試しつま先はそれほど窮屈ではないですがシューズ全体がかなりタイトな作りです。普段は履いたことがない27.5cmでもルーズにならず履けそうです。アッパーの生地がなじんでくることを計算して選ぶなら27.0cmが良さそうです。

LYTERACER (ライトレーサー) 1011A173

8代目となるライトレーサーはモデル名からTSがなくなりました。ウィズ(足囲)はメンズではスタンダード(標準)とワイドの2種類でレディースはスタンダードだけのようです。

サイズ感はTS 7と同じくらい。レギュラー幅の27.0cmで少し小さく感じる履き心地。踵はTS6が良くフィットして好みだったが今回のモデルは少し緩く感じる。

アシックス LYTERACER(ライトレーサー) 2019年春夏モデルのサイズ感と履き心地! レビュー
モデル名からRSやTSがなくなりました。シューズの作りとしてはTSの後継で耐久性が高く毎日気軽に使用できるシューズです。

ライトレーサーRSの方の後継モデルがしばらく出ていないと思いましたがHEATRACERというモデルがRSのソールを引き継いで使用用途や走力的な位置づけは近いように感じます。

LYTERACER TS 7(ライトレーサーTS7) TJL436

サイズ感は前モデルと同じの26.5cmでは小さく27cmでも少し小さい。

扱っているお店では単に「LYTERACER TS」としか表記されていませんが、シューズには「LYTERACER TS7」とあり7代目であることが分かります。

アッパーの補強がスエード調になり見た目はこれまでのRSのようなデザインです。足を入れると前モデルよりアッパーに柔らかさを感じます。

LYTERACER TS 6(ライトレーサーTS6) TJL434

ラストが新しくなったそうです。TS5に比べて26cmでは小さく感じて26.5cmを選びました。それでもまだ少し小さく感じます。

踵のフィット性は良くなっていますがアキレス腱辺りが履き始めは少し気になりましたが3回くらいの使用で慣れました。

アシックス ライトレーサーTS6、サイズ感と履き心地 レビュー
アシックスのランニングシューズ、ライトレーサーTS6です。 これまでライトレーサーはTS、RSともに、2代目から試し履きも含め履いていますが、新しいモデルが出る度サイズ感が違う気がします。TS6でもラスト(靴型)が新しくなって...

LYTERACER TS 5(ライトレーサーTS5) TJL430

足長的には26cmでちょうど良い。RS5に比べるとややフィット感がルーズに感じた。踵のホールド性も弱く感じた。

LYTERACER RS 5(ライトレーサーRS5) TJL432

26cmではちょっとつま先がきつくて26.5cmで良かった。26.5cmでも踵と甲のフィット感が良くシュータンの紐を通す穴がやや外側に付いているのでズレにくい。クッションは硬め。

GEL-CONTEND 5(ゲルコンテンド5) 1011A256

ゲルコンテンド5はスタンダード(標準幅)の26.5cmで足長的にはちょうどよいが横幅はナロー並みに細く感じます。踵部も細い作りでフィット性とホールド性が良い。メンズではエクストラワイド(かなり広め)、レディースはワイド(広め)もある。

アシックス GEL CONTEND 5(ゲルコンテンド5)のサイズ感と履き心地! レビュー
クッション性が高く長い時間使用しても足への負担は少なく感じ、これから走り始めたい方に向いています。ランニングだけでなくウォーキングや普段履きなどいろんなシーンで使いやすいです。

GEL-CONTEND 4(ゲルコンテンド4) TJG279

ゲルコンテンド426cmではGT-2000ニューヨーク4のスリムよりきつく感じた。アシックスラインの位置がGT-2000ニューヨーク4より前にあり中足部のホールドが良い気がした。クッションも良い。甲はそれほどきつくないが、つま先が狭く感じた。26.5cmの方が楽な履き心地。

GEL-CONTEND4はGT-2000 NEWYORK4と見た目がそっくり!サイズ感と履き心地のレビュー
アシックスのGEL-CONTEND 4(ゲルコンテンド 4) TJG279です。 履いてみてどこかで見たことがあるなと思ったらGT-2000 NEWYORK 4 slim TJG941とよく似ていました。 GEL-CONTE...

GEL SCRAM 4 アマゾン限定モデル

ゲル スクラム 4は日本ではアマゾン限定のモデルです。トレイルランニングシューズですがロードでのランニングやウォーキングでも使いやすいです。

選ぶサイズは使用する場所によって変わるかもしれませんが、今回ロード用としてメンズのレギュラー幅の26.5cmを選びちょうどよかったです。レギュラー幅では細身の作りですがアッパーの生地が薄く足への圧迫感は少なく感じます。個人的には起伏のある山道でも同じサイズで問題なさそうです。

アシックス GEL SCRAM 4(ゲル スクラム 4)のサイズ感と履き心地!レビュー
トレイル用のシューズですが、ロードでのランニングや山道の散歩にも使いやすいと思いました。アッパーの生地は薄く通気性や軽さも感じます。

メンズはレギュラー幅(2E相当)とスーパーワイド(4E相当)があります。

レディースはレギュラー幅のみでワイドモデルはないようです。

GEL TORRANCE

ゲル トーランスは足長的には26.5cmでちょうど。ウィズ(足囲)は2E相当でやや細めの作りだがアッパーが柔らかく足は全体的に窮屈に感じない。

アシックス GEL TORRANCE(ゲル トーランス)のサイズ感と履き心地!レビュー
ソールの部分はJOG 100やアドック9の見た目にそっくりですがGEL TORRANCEには踵部にGELが入ってクッション性が高いです。アッパーの履き心地も快適で足入れがスムーズです。ウィズ(足囲)は2E。

GEL-EXCITE 6 アマゾン限定モデル

ゲル エキサイト6は26.5cmでちょうど。アマゾンの画像を見るとつま先が狭そうだったが実物はそうではなく前足部の横幅は少し広く感じる。ミッドソールはアンプリフォーム。

アシックス GEL-EXCITE 6(ゲル エキサイト6)のサイズ感と履き心! レビュー
中敷が柔らかくふわふわしていますが、ミッドソールのアンプリフォームが少し硬めでしっかりしているためクッション性はありながら不安定さは感じません。走力的にはゆっくりペースで走るのに向いているシューズに感じます。


JOLT 2

JOLT 2はレギュラー幅の26.5cmで余裕がある履き心地。指周りも窮屈な作りではなく26cmでも短い時間なら履けそうなサイズ感。レギュラー幅はアマゾン限定。

アシックス JOLT 2のサイズ感と履き心地のレビュー!アマゾン限定でレギュラー幅の展開も!
低価格ながら幅広タイプの他にアマゾン限定でレギュラー幅の展開もありワイドやスーパーワイドでは履き心地がルーズになる場合も選びやすいモデルです。またカラー展開も通学や通勤用にも使用できる白一色や黒一色があります。

GT-2000 7

GT-2000 7のアッパーは前モデルよりさらに指周りに余裕を感じる作りになっている。26.5cmで窮屈に感じず5代目や6代目よりNARROW(スリム)タイプが選びやすい履き心地。

ウィズ(足囲)の展開はメンズとレディースともに3種類あります。

アッパーには人工皮革の補強が少ないですが、靴紐と連動したアッパーサポートパネルがフィット性とサポート性を高めてくれるようです。

アシックス、GT-2000 7のサイズ感と履き心地!補強が少なく楽な履き心地だがサポート力は高い!
アッパーは補強が少なく楽な履き心地だがホールド性が良い。ソールは前モデルと見た目は変わっていないが柔らかくなっていると感じる。シューズとしてはサポート力は高い。

GT-2000 NEWYORK 6 slim TJG979

GT-2000 NEWYORK 6ではつま先部分の人工皮革の補強がなくなりアッパーの素材も柔らかく、指の周りが楽になったが26cmでは小さい。26.5cmでちょうど良い感じ。

アシックス GT-2000 NEW YORK 6はつま先部分が柔らかくなり楽になった!旧モデルとサイズ感の比較 レビュー
靴型(ラスト)やアッパーの作りが変わりフィット性はアップしているがホールド性は少し弱く感じる。ソールはFlyteFoam(フライトフォーム)になり軽量化された。

GT-2000 NEWYORK 5 slim TJG948

26cmでは小さい。ホールド性が良く感じ26.5cmでも踵から中足部の緩さは感じなかった。27cmでも履けそうなサイズ感。つま先の補強が親指に触れて気になった。

GT-2000 NEWYORK 4 slim TJG941

26cmで全体的に良くフィットしていると感じるが、ホールド感が弱い気がする。つま先が狭い。シュータンが外ずれする。クッションはやわらかい。インソールが滑りやすい。

LADY GT-2000 NEW YORK 4 TJG519

GT-2000シリーズはレディースもサイズが26cmまであって幅や甲のフィット感がよく履きやすい。LADY GT-2000 NEW YORK 2が良かったが私の場合、踵が破れやすかった。4では窮屈になっただけで履きにくくなってしまった。

GEL-QUANTIFIER 1021A034

ゲル クアンタファイアは足長的には26.5cmでちょうどよいが、アッパーのベルト部分は締め付けが強くて窮屈な履き心地。

AMPLICA(アンプリカ) T825N

アンプリカは横幅がタイトな履き心地。つま先部分も狭い。足長的には26.5cmであまり余裕がない。

アシックス、AMPLICA(アンプリカ)のサイズ感と履き心地 レビュー
ミッドソールにAmplifoam(アンプリフォーム)というクッション性と反発性に優れた素材が使われているモデルです。

GT-XPRESS 1011A143 アマゾン限定モデル

GT-XPRESS26.5cmで少し余裕がある。ソールの見た目はGT-1000の5代目と6代目にそっくり。

アシックス GT-XPRESSのサイズ感と履き心地のレビュー、日本ではアマゾン限定のモデルを試してみた!
ソールの見た目が旧モデルのGT-1000のそっくりです。ゆっくりペースでこれから走り始める人にも良さそうなランニングシューズです。

GEL-MOYA ゲル モヤ T8D3Q

ABC-MART限定のモデルです。サイズは26cmでちょうどです。横幅は良くフィットしますがつま先は窮屈ではなく楽な履き心地です。

PATRIOT9(パトリオット9)

サイズ感と履き心地はSTORMER(ストーマー)と似ていて26cmで足長的にはちょうど。横幅は細く感じる。つま先の親指側は狭く感じず指の上側も低くない。ミッド―ソールにAmplifoam(アンプリフォーム)とある。

STORMER(ストーマ―) TJG136

26cmで足長的にはちょうど。横幅は細く感じる。しかし、細身のシューズにしては指の上側は低くない。

アシックスのSTORMER(ストーマー)は横幅は細めで足長的には大きめ、サイズ感と履き心地のレビュー
アシックスのランニングシューズ、STORMER(ストーマー) TJG136です。 ネット通販では見つけやすいですが、実店舗ではABCマート以外では見たことがないモデルです。 コンセプト的な位置づけはJOG100などのエン...

COMUTORA(コムトラ) T831N

足長的には小さくない。26cmでつま先に余裕があるが、甲の部分は窮屈に感じる。

JOG100 2 TJG138

スーパーワイドなので26cmではルーズで履きにくく25.5cmを選んだ。踵や甲のフィット感は良い。ハトメの間隔も狭くならず、シュータンも外ずれしない。

アシックス JOG 100 2のサイズ感と履き心地! レビュー
幅広シューズで大きめサイズに感じますが全体的によくフィットして履きやすく機能的にも価格以上に優れていると感じました。

GELFEATHER GLIDE 4 slim TJR457

ゲルフェザーグライド4はメンズにはウィズ(足囲)にナローがあるので試しましたが、かなりタイトな履き心地。ただ、甲の部分に圧迫感はない。

足長的には26.5cmだがつま先の横幅が窮屈でナローなら27cmを選ぶかスタンダードの26.5cmの方が良い。他の部分のフィット性も良い。

メンズのウィズ(足囲)の展開はナロー(細め)、スタンダード(標準)、ワイド(広め)の3タイプ。レディースはスタンダード(標準)とワイド(広め)の2タイプ。

TARTHERZEAL 6 slim TJR293

26.5cmでタイトなフィット感。しかし親指部分は余裕があり狭く感じない。足幅に合わせてサイズを選んでも親指が気にならない履き心地。

DynaFlyte 3(ダイナフライト 3) 1011A002

ダイナフライト 3は足を入れた感じは前モデルとあまり変わらない。サイズは26cmであまり窮屈さは感じない。

DynaFlyte 2(ダイナフライト 2) TJG956

ダイナフライト 2のサイズは前モデルと同じ26cmで良さそう。足長的には余裕のある作りで足の実寸サイズに近い25.5cmでもつま先部分はあまり窮屈に感じなかった。

前モデルと靴型は変わっていないように感じるが、アッパーの作りのためかタイトな履き心地で甲部分のフィット性もアップしている。26.5cmまでサイズを上げるとつま先がかなり余るがよくフィットして踵も緩くない。踵は緩くはないが滑々してホールド性が弱く感じた。

DynaFlyte(ダイナフライト) TJG942

軽くてクッションがやわらかいと評判のシューズ。26cmで少し細めな気がするが圧迫感はなく、つま先もきつくない。踵のフィット感も良い。しかし紐を締めると紐を通す穴の間隔が狭くなり甲のフィットはあまり良くない。

GEL-INFINI 2(ゲルアンフィニ2) TJG949

旧モデルのGEL-INFINI TJG928はつま先がかなりきつく26cmでは履けず26.5cmでもまだ指先が狭く感じた。踵のフィット感も緩く全体的なホールド感が低いと感じたが、新しいモデルのGEL-INFINI 2 TJG949でも26cmでは小さいが、26.5cmでは窮屈さは感じず足あたりが良くなっていて踵のフィット感も良かったが補強が少なくなっているのでホールド感は低いと感じた。

アシックス ゲルアンフィニ2 GEL-INFINI 2 TJG949 レビュー
asics GEL-INFINI 2 TJG949です。 旧モデルではつま先がかなりきつく感じ合わないと思っていたゲルアンフィニですが、他のシューズを試すついでに履いてみるとなんかしっくりきたので、新しいモデルのゲルアンフィニ...

GEL-PULSE9(ゲルパルス9) TJG964

26cmでは小さく26.5cmでもルーズにならない。踵がしっかりしてフィット性が良い。

アシックス GEL-PULSE 9、踵が細くキュッとしてる! サイズ感、履き心地のレビュー
ゲルパルス9ではこれまであったワイドモデルがなレギュラーモデルだけのようです。踵部に硬さがありフィット性が良いです。

NOOSA FF TJG754

26cmではつま先が当たり明らかに小さかった。踵のフィット性は良いがアキレス腱の辺りが少し気になる。FFはミッドソール素材のFlyteFoamのことらしい。

RoadHawk FF 2 1011A136

RoadHawk FF 2は26.5cmでちょうど良い感じ。オブリークラストを採用とあるためか親指も狭く感じない。アッパーは柔らかく感じる。

RoadHawk FF TJG967

足長的には26.5cmだが、つま先が絞られている形状で狭く感じる。GT-1000 6と似ている。くるぶしの下の辺りも履き口が触れて少し気になる。FFはミッドソール素材のFlyteFoamで着地は柔らかさを感じる。

Nitrofuze 2 TJA140

26.5cmでも足長的にきつい。しかし、27cmでは横幅がルーズになる。

Nitrofuze TJA136

アッパーのフィット性は良い。26cmではやや小さくつま先が気になる。

fuzeX(フューズエックス) TJA130

26cmで全体的に吸い付くように良くフィットする。爪の上あたりに余裕がなく少し圧迫を感じる。26.5cmにサイズアップすると緩くなり履き心地が悪くなる。踵も緩くなく浮くことはないが私の場合外側のくるぶしの下に圧迫を感じた。

fuzor(フューザー) TJA137

26cmでクッションが良く、甲のフィット感も良いが、前足部が少し緩く感じた。つま先もきつくない。


アマゾンでシューズを注文する場合「プライム・ワードローブ」も便利です。

Amazonのプライム・ワードローブは気になった商品を気軽に試せる!これまでの返品無料サービスとの違いは?
サイズで迷った商品などを気兼ねなく試すことができ、再閉しやすい箱の作りや配送業者の送り状が同梱さていて返却も簡単です。
アマゾンのプライム・ワードローブ、返送に必要な用紙が入ってなかったら・・・
返送のための用紙が付属していないと返送手続きに手間がかかるのでプライム・ワードローブの手軽さがなくなってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました