気軽に試せるお手頃価格なランニングシューズ!これから運動を始めたい初心者にもおすすめ!サイズ感と履き心地のレビュー

これから運動を始めたい方も気軽に購入できる低価格なランニングシューズをまとめました。通販サイトでの実売価格が3~5千円台のモデルです。

今回は安くても最低限の機能性が期待できるように、普段からランニングシューズを作っているスポーツメーカーのモデルの中からピックアウトしました。

使用目的としては短い距離のランニングやウォーキングなど初心者から使いやすいモデルばかりです。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
スポンサーリンク

お手頃なランニングシューズのサイズ感と履き心地

しばらく前は低価格モデルには幅広タイプが多かったですが、最近は靴型やフィット感が様々で選択肢が多くなり、いろんな足型でお手頃シューズが選びやすくなっていると思います。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

項目左足右足
足長25.2cm25.3cm
足幅9.7cm10.0cm
足囲23.3cm23.9cm
かかと幅6.6cm6.5cm
足甲高さ6.0cm6.1cm

足の特徴
  • 指先の形:スクエア型
  • 足幅の広さ:やや細め「D」
  • 足甲の高さ:標準的

アシックス パトリオット11

パトリオット11は価格のわりにチープさや機能性に頼りない感じはなくアッパーとソールもしっかりとした作りで普段のジョギングやウォーキングなどこれから軽い運動を始めたい人にも使いやすいです。カラーも豊富でファッションに合わせて普段履きにも向いています。

ウィズ(足囲)はメンズとレディースともに2E相当のスタンダード(標準幅)のみでワイドモデルはなく細めの履き心地を求めている方に向いています。

私が選んだサイズは26.5cmで横幅はスタンダードにしては細めですがボール部辺りも良くフィットして個人的にはちょうど良い履き心地です。

足長的には少し大きめで細めの履き心地ながら指周りは思ったより窮屈に感じませんでした。足型によっては親指か小指側が細く感じるかもしれませんが指の上側は低くなく余裕があります。

アッパーは踵部が硬くしっかりしています。ハトメ部分の素材も硬めなのでこちらは好みが分かれて甲の部分が圧迫されていると感じるかもしれません。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

ミッド―ソール素材はAmplifoam(アンプリフォームでクッション性が高いですが柔らか過ぎずしっかりとした着地感です。

ウィズ(足囲)がスタンダードだけなのは残念ですが、幅広の履き心地が良い場合はJOLT2GEL-CONTENDなどはワイドモデルがあり価格は安く機能性も高いです。

アシックス JOLT2

JOLT2JOG 100 2の後継モデルでアッパーやソールもしっかりと作られています。

デザインや機能的にオーソドックスなランニングシューズで普段のジョギングやウォーキング、軽い運動で使いやすいです。

アシックスのこの位置づけのモデルはロードジョグのときから幅広タイプだけでしたがJOLT 2にはアマゾン限定でメンズは2E相当、レディースはE相当のレギュラー幅(スタンダード)があります

スーパーの靴売り場やアマゾン以外の通販サイトでもよく見かけますが、ウィズ(足囲)がメンズでは4E相当のエクストラワイド(かなり広め)、レディースは2E相当のワイド(広め)のみです。※エクストラワイドは扱っているお店によってはスーパーワイドと表記されています。

私が選んだサイズはウィズ(足囲)がアマゾン限定のレギュラー幅26.5cmです。アシックスのレギュラー幅のランニングシューズの中では前足部に比較的余裕があり指周りは窮屈に感じません。甲の部分は紐を締めた時にハトメの間隔は狭くならずよくフィットしますが、足の形によっては少しタイトに感じるかもしれません。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

踵部も硬いヒールカウンターが入ってしっかりしています。レギュラー幅でもエクストラワイドでもJOG 100 2と同じようにの踵をキュッと掴まれる感じでフィット性が高いです。

ミッドソールはJOG 100 2より足裏に厚みを感じクッション性が高いです。

また、幅広タイプしかなかったJOG 100 2と比べるためにJOLT2のエクストラワイドのモデルも試してみると選ぶサイズが変わるほどではないですがJOLT2の方が足長的にはやや小さく感じます。アッパーのフォルムは前足部が広く履き心地も指周りがゆったりしています。

アシックス GEL-CONTEND 6(ゲルコンテンド6)

ゲルコンテンド6はアッパーの作りは踵部が硬く中足部の補強もしっかりしています。JOLT2と同じようにデザインや機能的にカジュアルな感じも強くなくオーソドックスなランニングシューズで普段のジョギングやウォーキング、軽い運動で使いやすいと思います。

ウィズ(足囲)の展開はメンズではスタンダード(標準)エクストラワイド(かなり広め)で、レディースはスタンダード(標準)ワイド(広め)です。

※エクストラワイドは扱っているお店によってはスーパーワイドと表記されています。

私が選んだサイズはスタンダードの26.5cmです。スタンダードの場合2E相当ですがナロー並みに細い感じがします。普段と同じサイズを選ぶと小さく感じるかもしれません。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

ミッドソールはAMPLIFOAM(アンプリフォーム)という素材が使われて踵部にはゲルが内蔵されています。アンプリフォーム自体は柔らかすぎずしっかりとした着地感です。

中敷きは糊付けしてあって外しにくいです。

ミズノ トラッドロード11

トラッドロード 11はデザイン的には10代目に似ていますが、サイズは26.0cmにサイズダウンしました。つま先は窮屈でなくウィズ(足囲)は3Eで幅広ですが中足部のホールド性は高いです。

ソールの着地感はしっかりしていてアッパーも外側からの補強がしっかり入ってカッチリしていますが、踵部はヒールカウンターがなく硬さを感じません。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

実店舗ではASBeeやGreenboxなどイオン系の靴販売店で扱われています。オンラインショップのG-FOOT SHOES MARCHE(ジーフットシューズマルシェ)なら足に合わなかった場合も返品送料が無料です。気になる商品を自宅でゆっくり試せます。

G-FOOT shoes marche

ミズノ EZRUN CG(イージーランCG) J1GE2038

イージーランCGは手軽にランニングを始めるシューズとしては機能性がしっかりしていて散歩のついでに走りたくなっても安心なシューズです。

ウィズ(足囲)は2E相当のみでサイズは26.5cmで足長的にはちょうどよいです。前足部は広くはないですが指の上側は窮屈ではなく生地も柔らかいです。

シュータンはアッパーと一体型で外ズレせず履き口まで生地の厚みがあり中足部から踵にかけてはややタイトな履き心地です。

ヒールカウンターは硬くガッチリとホールド性もあります。

着地感はクッションが高めですが、ふわふわと柔らか過ぎずグラつきを感じることもないです。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

ミズノ EZRUN 2(イージーラン 2) J1GE1938

イージーラン2のアッパーはランニングシューズっぽくなくタウンユースでも使いやすいデザインになっています。

サイズは26.5cmでつま先に余裕のある履き心地です。ウィズ(足囲)は2E相当でワイドモデルはありません。アッパーは足全体にふんわりとフィットして踵部は硬くしっかりしていますが紐を通す穴が内外に5対でホールド性が少し弱く感じます。

クッション性は高く着地の感触も足裏に柔らかさを感じます。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

ミズノ マキシマイザー22 K1GA2000

マキシマイザー22はミズノの中では低価格で機能もしっかりしているので人気が高く、シリーズを通してコンセプトが変わらない安心のモデルです。

使用目的としてはジョギングや軽い運動に向いているシューズです。カラーには黒一色や白一色もあり通勤や通学にも使いやすくサイズ展開も豊富です。

メンズとレディースともにウィズ(足囲)は3E相当で横幅は広めですが甲の部分は良くフィットして普段は細めのシューズを選んでいる私の足でも履きやすいです。

個人的にはアッパーは19代目に近い履き心地でサイズは26cmで足長的にはちょうどよいです。

22代目では前足部の補強の入り方が変わって指周りは楽になったと感じます。踵部は硬いヒールカウンターが入ってしっかりして使用中に踵が緩く感じたり浮いてくることもありません。クッション性も高いです。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

ミズノ STARGAZER 2(スターゲイザー2)

スターゲイザー2の使用目的はマキシマイザー22と同じでこれから軽い運動を始めたい方や普段履きにも使いやすいです。

デザインやカラーはマキシマイザーよりスタイリッシュだと思います。

ウィズ(足囲)はメンズとレディースともに3E相当です。

履き心地については合成皮革の補強によるガッチリ感が弱く前足部あたりの補強もなくなり前モデルに比べると全体的にゆったり感が増したと感じます。前モデルと同じサイズの26.5cmではルーズで26.0cmの方が履きやすいです。

足裏は柔らかい感触でクッション性は高いです。アウトソールも耐久性があります。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

アディダス NOVA FLOW(ノヴァ フロー)

ノヴァフローレギュラーフィット(標準幅)のモデルです。サイズは26.5cmで個人的にはちょうど良くアッパーの補強部分は硬さがあり低価格モデルとしては足がブレにくいです。

前足部の横幅は窮屈ではなく、甲の部分はやや低めな履き心地です。軽い運動にはクッション性も十分でアウトソールのグリップ力も感じます。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

アディダス ENERGYFALCON

エナジーファルコン26.5cmでつま先に余裕がある履き心地です。足長的には26.0cmでも大丈夫そうですが踵の履き心地が浅く収まりが良くなかったです。

ウィズ(足囲)は3E相当でモデル名に同じくFALCONがあるFALCONRUN(ファルコンラン)より横幅はゆったりに感じます。

ミッドソールはクラウドフォームでクッション性もあり柔らかな着地感です。

サイズはメンズ向けの24.5cm~31.0cmで、レディースモデルがあるのかは不明です。レディース向けのサイズ展開ではENERGYFALCON Xというモデルがあります。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

アディダス FALCONRUN

ファルコンランのウィズ(足囲)は2Eでアディダスの低価格モデルの中では細身です。

サイズ展開は大きくメンズが24.5cm~32.0cm、レディースは22.0cm~28cmでユニセックスモデルかと思うほど豊富です。

選んだサイズはファルコンランは26.5cmでつま先に余裕を感じます。履き心地としては個人的に履き口部分がくるぶしの下辺りに触れて少し気になります。クッション性も軽い運動には十分です。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

アディダス GLX 4

GLX 4のウィズ(足囲)は3E相当で外観は横幅が広く見えましたが、見た目よりも履き心地はルーズではなく甲の部分は低めです。26.5cmで足長的にもやや小さいくらいで全体的にフィット感が強いです。レディースモデルはGLX 4 W

ミッドソールのクラウドフォームは柔らかな感触で、普段のウォーキングからジョギングまでいろんな用途に使いやすいです。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

アディダス DURAMO SL(デュラモ エスエル)

DURAMO SL26.5cmでつま先の余裕が大きく26.0cmと迷うサイズ感です。しかし、靴幅がゆったりしているわけではなく中足部から踵にかけては良くフィットします。

ミッドソールのCLOUDFOAMとインソールのOLTHOLITEによりクッション性が高いです。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

アディダス Duramo 9(デュラモ 9)

デュラモ9にはメンズではレギュラーフィットとワイドフィットがあり公式サイトでは表記されていませんが、他で扱っているところではそれぞれ3E4E相当とあります。レディースモデルはレギュラーフィットのみで2E相当です。

サイズ感はメンズのレギュラーフィットでは26.5cmを選ぶとつま先にあまり余裕がない履き心地で27cmでは大きいです。また、3Eモデルにしては横幅はゆったりとした感じはないです。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

ナイキ ダウンシフター 10

ダウンシフター10はレボリューション5よりアッパーがカッチリとしてサポート力を感じる履き心地です。着地感もクッション性がありながらふわふわしすぎないです。

標準幅4Eの幅広モデルがありますが、私の場合は標準幅の26.5cmでちょうど良いです。サイズ感は7代目くらいから変わっていない気がします。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

ナイキ レボリューション 5

レボリューション5は標準幅の26.5cmでつま先に少し余裕がありますが、ゆったりが好みの場合はいつもよりもうひとつ大きいサイズの方が良いかもしれません。甲の部分や踵はルーズではなくフィット性は良いです。幅広の4Eモデルもあります。アッパーとソールともい柔らかな履き心地です。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

ニューバランス M411

M41126.0cmで足長的にはちょうど良いです。ウィズ(足囲)は2Eですが横幅や甲の部分は緩く感じます。

M411の踵部はヒールカウンターがなく柔らかいです。足あたりはよいですが普段履きか軽い運動向けです。

レディースモデルのW411はウィズ(足囲)が「D」となっています。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

ニューバランス Versatile(バーサタイル)

バーサタイルはアマゾン限定のモデルです。ウィズ(足囲)がメンズでは「D」、レディースは「B」です。

私が選んだサイズは26.5cmで少し余裕がある履き心地です。ニューバランスのシューズは26.5cmでもウィズ(足囲)が「D」の場合はつま先や横幅が狭く感じたりしますが、バーサタイルは商品の説明で足入れのしやすいラスト(木型)を採用とあるためか個人的にはウィズ(足囲)が「D」にしては全体的にタイトな感じはありませんでした。

踵部はヒールカウンターが入って硬く出来ています。シュータンや履き口周りの生地は厚みがありソフトな感触です。ミッドソールはCUSH+(クッシュプラス)が使われていて、着地の感触は心地よいクッション性で蹴り出しもスムーズです。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

ニューバランス FLASH

FLASHのメンズモデルであるMFLSHLのサイズ感は小さめで27.0cmでちょうど良いです。

ウィズ(足囲)は「D」で横幅は細めですが甲の部分は窮屈ではなく、靴紐を締めるとハトメの間隔はやや細めになります。

ウィメンズはFLASH W WFLSH、ウィズ(足囲)は「B」です。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

プーマ NRGY Rupture

プーマのラプチャー26.5cmでつま先にも余裕がありちょうど良いです。横幅は細めでタイトな履き心地を好む方に向いていますが、足あたりは良くて甲の部分に圧迫感はなく指周りも窮屈ではないです。

ソールはドライバーにそっくりでNRGYフォームに加えて中敷きが柔らかく足裏の感触も良いです。土踏まずのフィット感がイマイチですが前足部に力が入りやすくなっています。

普段のジョギングやウォーキング向けでカジュアルシーンでも使いやすいです。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

最後に

今回は元々の価格設定が1000円台より安い商品は避けましたが、個人的には興味があるので機会があれば試して見たいです。

気になったモデルがあれば随時更新したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました