着脱が片手で簡単!ダイヤル式ランニングシューズの履き方

ダイヤル式のランニングシューズが気になっていろいろ試しています。

靴紐の代わりにワイヤーがシューズに通されていて、そのワイヤーと連動したダイヤルを操作することによってシューズを締めたり緩めたりします。

靴紐を結ぶ必要がなく片手で簡単にシューズを履いたり脱ぐことが出来て便利ですが、初めて試した時はダイヤルの使い方が分からず手間取りました。

多くのダイヤル式シューズは、ダイヤルを「押して回すと締まる、引くと緩む」これで着脱が出来ます。

言葉だけでも簡単ですがいくつかのダイヤル式のシューズとその履き方の参考になる動画をYouTubeで探してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ダイヤル式ランニングシューズ、履き方の参考になる動画

ダイヤル式のシューズはスノーボード用のブーツやゴルフシューズなど他のスポーツで多いらしいですが、ランニングシューズでもいくつか出ています。

アシックス Dynamis(ダイナミス)

Boaシステムを搭載とあります。ダイヤル式でよく使われているシステムだそうです。

動画の1:00からと1:27くらいでダイヤルを操作しています。

脱ぐときはダイヤルを引っ張って緩めて、履くときはダイヤルを押してから回すと締まります。ダイヤル式の多くはこの方法で着脱が出来るようです。

ニューバランス FUEL CORE SONIC (フューエル コア ソニック)

こちらのシューズもBoaシステムが使われています。アッパーの素材が足あたりが良く心地よいですが、サイズは小さめだと思います。

こちらの動画も分かりやすかったです。1:07くらいから履き方の説明があります。

ヨネックス SAFERUN 900X SHR900X

こちらもBoaシステムが使われています。

こちらもセーフランの着脱の仕方、ダイヤルの使い方が分かりやすい動画です。

IGNIO(イグニオ) ダイヤル式ランニングシューズ

「2秒で履いて、1秒で脱げる!」試したら本当でした。アッパーもカッチリしていて履きやすいです。

2秒で履ける1秒で脱げるは大げさではない!イグニオ ダイヤル式ランニングシューズのサイズ感と履き心地 レビュー

こちらはBoaシステムではく、アルペン独自のダイヤル式のTGFというシステムです。

ウォーキングシューズやセーフティシューズ(安全靴)でもダイヤル式があります。

脱ぐときは「ダイヤルを引くだけ」これを知りたかったんです。この動画を見てから試しに行けばよかった。

TIGORA(ティゴラ) ダイヤル式ランニングシューズ

こちらもイグニオと同じアルペンから出ているシューズです。ダイヤルはTGFシステムです。

高反発なミッドソールの素材が使われるなどランニングシューズとしてはこちらの方が機能的にも価格的にもイグニオより高かったですが今は価格が下がってイグニオより安いです。

イグニオとはアッパーの感触が違いました。ティゴラのアッパーは柔らかく、履き心地はイグニオよりつま先が少し小さく感じました。

プーマ Speed 500 IGNITE DISC 2

プーマのDISC(ディスク)はこれまでのダイヤル式と違って締めるときはダイヤルに記された「TIGHTEN」、緩めるときは「UNLOCK」の方向にダイヤルを回すようです。

旧モデルが価格が下がってサイズもカラーによっては在庫があるようです。しかしどちらも小さいサイズがなく25.0cmからです。

上の動画、4:51あたりで締まる方向と逆にちょっと回して緩めています。

上の動画は、イグナイト デュアル ディスクというモデルでウィメンズもありますがサイズが少なくなっています。新しいモデルが出るのでしょうか。

ダイヤル式シューズの履き方はごく簡単です。しかし、初めてダイヤルを見た時は回すものだということは分かっても、押したり引いたりが直感的には分からず戸惑いました。

これからお店で目に留まって試す機会があれば、ダイヤルの使い方をちょっと知っておくとスムーズにシューズの着脱が出来て焦らずに済むと思います。

楽天ウィジェット
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする