ランニングシューズのサイズ感、ブルックス編

ブルックスのランニングシューズで試したことのあるモデルのサイズ感です。

他のブランドのサイズ感については以下から

ブルックスのシューズは、同じシリーズの同じサイズでも新しいシューズが出るたびに幅が狭くなったり広くなったりサイズ感が変わっていると感じることがあります。

靴幅はレギュラー幅(標準幅)がでワイドでも2Eなので足の細い人向けというイメージがありますが、靴幅の表記よりもゆったりと感じるモデルもあります。幅広の方でも履ける4Eのスーパーワイドのモデルもあります。

スポンサーリンク

ブルックスのシューズでワイド幅を選ぶ時の注意点

ブルックスのシューズはいくつかのモデルで足幅が標準より幅広のワイドタイプやスーパーワイドがあります。

アシックスやミズノなど他のメーカーのサイトでは幅の違いによって表示されるページが分けられていますが、ブルックスのサイトではレギュラー幅もワイド幅も同じページに表示されます。カラーによって足幅が違います。

ワイド幅があるモデルではカラーを選択するとそれがワイドである場合選んだカラーの横に小さく「ワイド」と表示されるだけなのでよく見ないと間違えて選んでしまうかもしれません。

特に履き心地が良かったから追加でもう1足購入しようとするときは、あまり説明を見ずに違うカラーを選んでしまうと使用し始めた後で履き心地の違うシューズに戸惑うかもしれません。

型番で見る靴幅の違い

ブルックスのサイトでは文字が小さいものの、分かりやすい場所に型番と、ワイドであれば「ワイド」と表示されます。

例えばゴースト11のメンズの場合、レギュラー幅は以下のように表示されます。

PRODUCT CODE:1102881D038
COLOR:038
ワイドモデルでは以下のようにCOLORの番号の横に「ワイド」と表示されます。
PRODUCT CODE:1102882E003
COLOR:003 ワイド
ゴースト11のメンズにはスーパーワイドもあり以下のように表示されます。
PRODUCT CODE:1102884E006
COLOR:006 スーパーワイド

型番をよく見ると左から6番目までは同じで7番目と8番目の2文字が「1D」か「2E」か「4E」で幅の見分けがつきます。ウィメンズの場合は「1B」か「1D」その後の3文字はカラーによる違いです。ブルックス以外の通販サイト等で購入される場合は知っておくと間違えにくくなると思います。

ブルックスのランニングシューズのサイズ感

サイズ感についてはこの記事を書いている時点でのあくまで個人的な感想です。使用していくうちに感想も変わるかもしれません。

ブルックスのサイズの選び方は以下の引用の通り、足の実寸サイズから試すように書かれています。個人的には他のメーカーのシューズでも小さいサイズから試し履きしますが、ブルックスのシューズで実寸に近いサイズで履けるシューズはこれまでには無かったです。

試し履きのポイントは、まずは計測した実寸サイズを試し、あたって痛いなどの問題がある場合、サイズを徐々に大きくしていきます。いきなり大きいから試してしまうと、小さくすることが難しくなります。「試し履きは小さいサイズから」が鉄則です。

ブルックスカレッジ ランニングシューズの選び方より引用

私の足の実寸サイズ

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足のサイズは時々変化します。個別にシューズのレビューしているページでは記事作成時点のサイズを記しています。また、足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

LAUNCH7(ローンチ7) 1103241D

ローンチ726.5cmでちょうど良いです。前モデルよりつま先に余裕があり少し楽になったと感じます。

それでも同じカテゴリーでデザイン的に似ているラベナ11に比べると横幅は少し細めな履き心地です。また、今回のモデルはワイド幅がないようです。

個人的には好みのフィット感ですが幅広の方でタイトに感じる場合はワイド幅もあるラベナ11の方が足に合うかもしれません。

アッパーは手で触ると柔らかく足を入れてもフィット感は高いですが走行中に伸びすぎずブレにくくなっています。スピード系モデルとしてはソールは厚めですが着地の際にスピードに関わらず大きく沈み過ぎないので安定性は高いです。

LAUNCH6(ローンチ6) 1102971D

ローンチ6は選ぶなら26.5cmだが2E相当のワイドモデルが登場したためか、D相当の標準幅が少しタイトで小さめに感じる。つま先の上側は前モデルより狭く感じない。

LAUNCH5(ローンチ5) 1102781D

ローンチ3では26cmを履いていて26.5cmではつま先に余裕があり少しルーズな感じだった。

ローンチ5は26.5cmでちょうど良い。踵も細くなってフィット性が良い。

LAUNCH3(ローンチ3) 1102151D

ローンチ3は26cmでつま先に余裕が少なくサイズ的に少し小さく感じる。横幅はやや広めに感じます。甲のフィット感は良く、クッションもふかふかではなく柔らか過ぎないところが良い。

RAVENNA 11(ラベナ11)

ラベナ1126.5cmでつま先に余裕がありちょうど良いです。同じカテゴリーのローンチ7より足長的に僅かに大きく前足部も少しだけ広く感じます。個人的に前モデルよりは踵のホールド性が高くなって足に合っています。メンズモデルにはワイド幅もあります。

ソールのGUIDERAILES2.0(ガイドレール2.0)というサポート機能により踵着地の安定性が高く感じます。アシックスのGTシリーズやゲルカヤノに搭載されているデュオマックスに近く内側に倒れにくいです。

RAVENNA 10(ラベナ10) 1102981D

ラベナ10は標準幅(D相当)の26.5cmでちょうど良い。前モデルのラベナ9は試していませんがラベナ8までと比べると足長的に小さくなっていると感じます。ラベナ8までは26.0cmでもつま先に余裕がある履き心地でした。甲の部分はラベナ8で感じた窮屈さはありませんでした。踵部は少し緩くホールド性が弱く感じます。2E相当のワイドモデルもあります。

RAVENNA 8(ラベナ8) 1102481D

ラベナ8は標準幅(D相当)の26cmでつま先は余裕があり狭くないが、しばらく使用していると甲の部分が紐を強く締めていないのに足が少しうっ血するんじゃないかというくらい窮屈さを感じました。

これまでのモデルでちょうど良かった人には履き心地が大きく違うかもしれません。

クッション性は高く分かりやすいフワフワした感じ。試し履きの時は踵が緩いかなと思ったが使用し始めると浮いたりせず気にならない。

AdrenalineGTS20 アドレナリンGTS20

アドレナリンGTS20はウィズ(足囲)がメンズでは「D」「2E」「4E」の3種類あり。ウィメンズは「B」「D」の2種類です。足長的には少し大きめのサイズ感でメンズの「D」の26.0cmでちょうど良いです。

ミッドソールは踵部分に抜群の衝撃吸収性と軽量で耐久性があるのが特徴のDNA LOFT(DNA ロフト)が採用されています。また、ガイドレール2.0搭載の安定性重視のモデルです。

LEVITATE2 レビテイト2

レビテイト226.5cmでちょうど良い。ウィズ(足囲)はメンズではレギュラー幅のD、ウィメンズは「B」だけのようです。踵の後ろ側のひっかかりは良いが、靴紐と連動した履き口部分は思ったよりホールド性はなく緩く感じる。

ソールは厚みがあるが反発力がありスピードも出せる。着地の感触もしっかりしていて安定性も良い。

Ghost12 ゴースト12

ゴースト12はウィズ(足囲)がメンズでは「D」「2E」「4E」の3種類あり。ウィメンズは「B」「D」の2種類です。

前モデルと同じ「D」の26.5cmで足長的にはちょうど良いですが、アッパーの履き心地はさらにタイトになったように感じます。ゴーストらしい変わらない着地感は衝撃吸収力と反発力のバランスが良く初心者ランナーからトップランナーの練習まで対応しています。

GHOST 11(ゴースト11) 1102881D

ゴースト11はウィズ(足囲)の展開がメンズモデルではこれまでのDレギュラー幅2Eワイド幅4Eスーパーワイド幅が加わりました。サイズは前モデルよりワンサイズ大きいレギュラー幅の26.5cmを選び、ルーズにならずちょうど良かったのでスーパーモデル幅が出たことにより他の幅が前モデルより少しタイトになっているのかもしれません。

ウィメンズモデルのウィズ(足囲)は「B」と「D」です。

GHOST 10(ゴースト10) 1102571D

ゴースト10はレギュラー幅(D相当)の26cmで足長的にはちょうどくらいで、指周りはゆったりしている。前モデルに比べてつま先部分の補強も柔らかくなった。

GHOST 9(ゴースト9) 1102331D

ゴースト9は26cmではブルックスの同じカテゴリーのラベナ8に比べやや小さく感じる。しかし、ラベナ8を履いた時に感じた甲の圧迫感はない。足幅が「D」のレギュラー幅でも全体的にゆったりした履き心地。クッションのフワフワ感はラベナ8の方がある。

シュータンの紐を通す穴が外側に付いているのでローンチ3のように外ずれしないことを期待したがゴースト9はシュータンがややズレやすい。次のモデルのゴースト10はシュータンの紐を通す穴が外側と内側の2ヶ所あるのでズレにくくなっているそうです。

RICOCHET リコシェ 1102931D

リコシェは最近のブルックスのモデルの中では比較的に前足部は窮屈でなく26.5cmで指周りは楽に感じます。履き口周りや踵のフィット性が良い。DNA AMP搭載モデル。ウィズ(足囲)はメンズが「D」でレディースが「B」。

CADENCE 7 (ケイデンス 7) 1102741D

ケイデンス 7のサイズは26.5cmでちょうど良い。前モデルに比べてつま先部分がきつくなく楽になった。フロー7より踵のフィット性が良い。

FLOW7 (フロー 7) 1102751D

フロー 7は26.5cmでちょうど良い。指周りはゆったりしている。4代目から6代目のシュータンは薄いものだったが、フロー7は柔らかく厚みがあるものに変更された。個人的には甲部分のフィット性が良くなった。

REVEL(レベル) 1102601D

REVELは26.5cmでちょうど良い感じ。同じライトクッションに分類されるゴーストよりもサイズ的に小さめに感じる。ゴーストより大きいサイズを選んでも横幅はルーズにならない。

レベルはカジュアルな色合いが強いシューズかと思ったが、ランニングシューズとしてしっかりしている印象。

ケイデンス6 1102461D

ケイデンス6は足長的には26.5cmで良い。フロー6に比べるとタイトな履き心地でサイズ的にやや小さく感じる。

フロー5 1102161D

このシリーズは新しいモデルが出る度に足長のサイズ感、幅の狭さも変わるのでサイズ選びが難しいです。

フロー5は26cmでは小さくサイズ的には26.5cmで良いが、シュータンが外側にズレやすく、また硬さがあるので足首に当たると少し圧迫を感じます。

フロー6 1102471D

フロー6は前モデルのフロー5と足長的には同じ26.5cmが良いが、幅はゆったりしている。踵も緩く感じました。

シュータンは硬かったフロー5に比べ柔らかくなり、足首に当たっても気になりません。

気になったところはシューホールに滑らかさがないためか靴紐によるフィット感の調整がスムーズにできない点です。


アマゾンでシューズを注文する場合「プライム・ワードローブ」も便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました