アシックス PATRIOT 12(パトリオット12)のサイズ感と履き心地! レビュー

アシックスのランニングシューズ、PATRIOT 12(パトリオット12)です。

マルチに使えるシューズで価格はアシックスの中では低めです。足入れ感は良くこれから軽く走り始めたい方やウォーキングで使いやすくカラーも豊富でファッションに合わせてタウンユースにも向いています。

履き心地に関しては前モデルと比べてアッパーとソールともに異なっています。

スポンサーリンク

アシックス パトリオット12のサイズ感と履き心地

サイズ感

パトリオット12のウィズ(足囲)はメンズとレディースともに2E相当のスタンダード(標準幅)のみです。

サイズ展開は以下の通りです。

  • メンズ:24.5~29.0cm(0.5cm刻み),30.0cm
  • レディース:22.5~26.0cm(0.5cm刻み)
私の足の実寸サイズ(記事作成時)

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

パトリオット12は2E相当でも横幅が細めの履き心地だった前モデルと比べると前足部を中心に少しゆとりを感じます。選んだサイズは26.5cmでつま先に十分余裕を感じます。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

アッパーとソール

アッパーについてはアシックスストライプが模様だけで補強の役割はありません。甲の部分も11代目はシューレース(靴紐)を通す穴の辺りが硬めで少し圧迫がありましたが今回の12代目では和らいでいます。

そのため足入れ感は優しく軽さもありますが、生地は柔らか過ぎず走行中に頼りなさは感じません。

ミッドソールは厚みを増して着地の感触も柔らかくなっていますが、同じく価格が低めのモデルでJOLT2やゲルコンテンドと比べるとクッション性は抑えめです。また、前モデルのようにソールにAmplifoamの表記がないので素材が変わったのかもしれません。

アウターソールは全面ラバーで覆われて耐久性は高そうです。前足部は屈曲溝が入って曲げやすいです。

踵部

踵部はヒールカウンターが入っていますが手で力を加えるとしなり、前モデルの11代目ほど細くてガッチリとした感覚はありません。しかし、アシックスのモデルの中ではフィット性は良く踵がスカスカと浮いたりすることもありません。

中敷き

中敷きは固定式で糊付けしてありますが、ふんわり柔らかく表面も足裏が滑りにくいと感じます。

最後に

パトリオット12は前モデルと選ぶサイズは変わりませんでしたが、前モデルを使用したことがある場合でもフィット感やクッション性を試し履きで確かめた方が良さそうです。モデル名を見なければ同じシリーズのシューズとは気付きにくいほど変化を感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました