アシックス PATRIOT11(パトリオット11)は低価格ながらクッション性は高く踵もガッチリしている!サイズ感と履き心地のレビュー!

アシックスのランニングシューズ、PATRIOT 11(パトリオット11)です。

アシックスの中では価格的に低めのモデルで、普段のジョギングやウォーキングなどこれから軽い運動を始めたい人にも使いやすいです。

履き心地としてはソールに厚みがありクッション性は高いですが、靴幅は細めのフィット感を求めている方に合うと思います。

スポンサーリンク

アシックス パトリオット11のサイズ感と履き心地

サイス感

パトリオット11のウィズ(足囲)はメンズとレディースともに2E相当のスタンダード(標準幅)のみです。

PATRIOT11のサイズ展開
  • メンズ:24.5~29.0cm(0.5cm刻み),30.0cm
  • レディース:22.5~26.0cm(0.5cm刻み)
私の足の実寸サイズ(記事作成時)

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

パトリオット11で選んだサイズは26.5cmです。足長的には少し大きめですが横幅はスタンダードにしては細めでボール部辺りも良くフィットして個人的にはちょうど良い履き心地です。

細めの履き心地ながら指周りは思ったより窮屈に感じませんでした。足型によっては親指か小指側が細く感じるかもしれませんが指の上側は低くなく余裕があります。

アッパーとソール

アッパーは競技用ランニングシューズのデザインをベースにしていてスリムなフォルムです。

シューレース(靴紐)を通す穴のあたりの生地が他の部分に比べ少し厚めで硬さがありアシックスストライプも柔らかくないので、個人的にはカッチリしていて好みのフィット感ですが人によっては甲の部分がきつく感じるかもしれません。

ミッドソールはAMPLIFOAM(アンプリフォーム)が使われています。着地感はソールの厚みを感じクッション性も良いですが、柔らか過ぎずあまり沈み込まないのが良いです。

アウターソールの耐久性も気になるところですが長持ちするように期待したいです。

踵部

踵部はヒールカウンターが入って硬くガッチリしています。商品説明の「かかと部のフィッティングを向上」とある通りよくフィットしてホールド性も高いです。ただ、少し履き心地が浅く感じます。

中敷き

中敷きは固定式で糊付けしてありますが、足に馴染みやすい感触です。

最後に

パトリオット11は価格のわりにチープさや機能性に頼りない感じはなくアッパーとソールもしっかりとした作りに感じます。カラーも豊富でファッションに合わせて普段履きにも向いています。

ウィズ(足囲)がスタンダードだけなのは残念ですが、幅広の履き心地が良い場合はJOLT2やGEL-CONTENDなどはワイドモデルがあり価格が安いながら機能性も優れています。クッション性が高くアッパーの踵部分が硬いところはパトリオット11の特徴に似ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました