ランニングシューズ

ランニングシューズ

アディダス アディゼロ ボストン 8のサイズ感と履き心地! レビュー

ラストが変更されウィズ(足囲)の表記は前モデルより細くなったが同じサイズでもつま先部分の圧迫はなくなり着地の際のクッション性も良い。
ランニングシューズ

アシックス GT-1000 8のサイズ感と履き心地! レビュー

前モデルの7代目と比べてサイズ感やソールの作りに変化はなく、アッパーの作りが少し変わり素材の感触が少し違うと感じるくらいです。6代目以前の旧モデルとはサイズ感は違うと感じるのでこれまでGT-1000を履いたことがある方でも試し履きは必要です。
ランニングシューズ

プーマ スピード 300 レーサーのサイズ感と履き心地! レビュー

プーマのランニングシューズ、スピード 300 レーサー (191062)です。 走力的にはフルマラソンの完走タイムが3~4時間レベルのランナー向けのようです。 個人的には短い距離ならもう少しゆっくりペースで走っても大丈夫...
ランニングシューズ

プーマ スピード 600 FUSEFITのサイズ感と履き心地! レビュー

アッパーにはFUSEFIT(フューズフィット)が搭載されていて足へのフィット性のカスタマイスが可能になっています。走力的にはサブ5向けのランナーのトレーニングやレースに最適とあります。
ランニングシューズ

アシックス、GEL-KAYANO 26のサイズ感と履き心地! レビュー

前モデルまでと比べて中敷の作りが変わり、足への負担が少ないという安心感だけでなく前足部に力が入りやすくなり反発の感じ方も強くなった気がします。ウィズ(足囲)は細めのNARROW(ナロー)がないですがSTANDARD(スタンダード)でもフィット性が高いです。
ランニングシューズ

ミズノ WAVEKNIT R2(ウエーブニット R2)のサイズ感と履き心地!

ウエーブライダー22と同じソールが使われています。 ウエーブニットR2はウエーブライダー22のアッパーはガッチリし過ぎてもう少し柔らかい履き心地が好みの方に向いていると思います。サイズ感はやや小さめ。
ランニングシューズ

ブルックス RICOCHET(リコシェ)のサイズ感と履き心地! レビュー

AMPシリーズのリコシェは高反発のスピードを出して走りやすいシューズですが、ソールは薄くなくアッパーの作りもあまりタイトではないので走力的なレベルにこだわらずいろんな用途で使いやすいと思います。
ランニングシューズ

ブルックス GHOST11(ゴースト11)、スーパーワイド幅が加わりミッドソールも新素材を採用!サイズ感と履き心地のレビュー

ゴースト11は対応するスピードの幅が広く今回のモデルから4Eのスーパーワイド幅も加わわり多くのランナーが選びやすくなりました。ミッドソールには新素材のDNA LOFT(DNA ロフト)が使われています。
ランニングシューズ

ブルックス RAVENNA10(ラベナ10)は大幅モデルチェンジでスピード重視に!サイズ感と履き心地の レビュー

着地感についてはこれまでの分かりやすい柔らかさからスピード重視の反発力が強化された作りになったと感じます。新サポートシステムを搭載し走力的な位置づけもサブ3~4向けにレベルアップしました。
ランニングシューズ

ブルックス LAUNCH6(ローンチ6)のサイズ感と履き心地! レビュー

今回のモデルからワイド幅も加わり、サイズ展開も少し変わりメンズとウィメンズともに小さいサイズが増えました。 走力的にはサブ4を目指すランナー向けで初心者からのステップアップやランニング以外のスポーツのトレーニングなどにも使いやすいモデルです。
スポンサーリンク