シューズメーカーのインソール、簡単な感想とつま先の厚さ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

アシックス、ミズノ、ニューバランスのインソール

SpEVA中敷 TIZ601

アシックススピーバ中敷

つま先:5mm弱くらい。

ゲルカヤノやGT-2000ニューヨークなどの中敷がふわふわしてやわらかすぎると感じたときにこのスピーバ中敷に変えると硬くて感触が良くなる。ゲルカヤノやGT-2000に入っている中敷に比べると少し薄い。

レーシングSpEVA中敷 TZS713

つま先:4mmくらい。

ライトレーサー用に購入したが使用していない。表面の肌触りは違うが、ライトレーサーに元から入っている中敷と厚みや感触、機能的な違いはないと感じた。

ComforDry®中敷 TZS711

アシックスコンフォドライ

アシックス コンフォドライ

つま先:6mmくらい。

つま先に厚みはあるが足をのせて力が加わると沈むので薄くなり、クッションもあまり感じない。肌触りは良く軽さも感じる。

ミズノ ランニング インソール 8ZA75001

つま先4.5mm 4mmくらい。

内側の真ん中あたりにボリュームがありシューズに入れると土踏まずあたりのフィット感が良く感じる。

ミズノ APソックライナー 8ZA77003

APソックライナー

つま先4.5mmくらい。

上の8ZA75001に比べると少し硬さと反発があるように感じる。

ニューバランス ランニングカップインソール RCP130

RCP130

つま先:5mm弱くらい。

手で持つと軽くスカスカなスポンジみたいで頼りなく見えたがその割に足の力が加わっても大きく沈み込むことなくクッションも感じます。硬さはなくやわらかくて足裏の感触は良いですが安定性は少ないと思います。反発と安定性が欲しい場合はRCP150という商品もあります。

楽天ウィジェット
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする