アシックス GEL-CONTEND 7(ゲルコンテンド7)のサイズ感と履き心地! レビュー

アシックスのランニングシューズ、GEL-CONTEND 7(ゲルコンテンド7)です。

アシックスの中では価格が低めながらソールに厚みがありクッション性に優れています。アッパーの作りもしっかりしていてこれから気軽に運動を始めたい方でも足への負担が少なく使いやすいです。

スポンサーリンク

サイズ感と履き心地

サイズ感

ゲルコンテンド7のサイズ展開は下記の通りです。メンズとレディースともに大きいサイズがあります。

  • メンズ:24.5~29.0cm(0.5cm刻み), 30.0, 31.0, 32.0cm
  • レディース:22.5~26.5cm(0.5cm刻み)

ウィズ(足囲)はメンズでは標準幅のSTANDARD(スタンダード)と4E相当のEXTRA WIDE(エキストラワイドで、レディースは標準幅のSTANDARD(スタンダード)WIDE(ワイド)のそれぞれ2種類あります。

ただ、記事作成時点でレディースモデルがスタンダードとワイドともに同じカラーで1種類しかないです。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

選んだサイズはメンズのスタンダードの26.5cmで私の場合は足長的にギリギリです。

しかし、横幅は5代目と6代目ではがナロー並みに細く指周りも狭い感じがしましたが、7代目ではスタンダードらしいフィットに感じましたのでサイズアップするとルーズになります。

ただ、足幅が細くない方は普段のランニングシューズのサイズより少し大きめを選んでも大丈夫かもしれません。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい
※上のチャートのハトメの間隔とは靴紐を結んだときに甲の部分がパツパツで広いかギュウギュウに細くなるかを表しています。

アッパーとソール

アッパーは価格のわりに素材にチープさはなく足あたりが良いです。足首に触れる履き口周りも生地は滑らかでボリュームがあります。

アシックスストライプは人工皮革の補強が縫い付けられていて中足部から踵部にかけては少しカッチリしています。他のモデルで単に柔らかくラクに履けるシューズと比べるとサポート力もあります。

ミッドソールはAMPLIFOAM(アンプリフォーム)が使われて踵部にはGELも内蔵されています。足裏の感触はソールの厚みを感じクッション性も良いですが柔らか過ぎずあまり沈み込まないので着地の安定性も悪くないです。

アウターソールの見た目は5代目や6代目から変わっています。

機能的にはガイダンスラインという縦方向の溝とフレックスグルーヴという屈曲溝によるためか着地から蹴り出しまでの足運びがスムーズで安定しています。

踵のフィット性

踵部はヒールカウンターがしっかり入ってガッチリ硬くフィット性も良いです。

中敷き

中敷きは固定式で糊付けしてあり外せません。個人的には気になるクセなどは感じないのでそのままで問題なく使用しています。

最後に

ゲルコンテンド7は近頃の流行りのモデルに比べると斬新さはないですが、お手頃で履き心地にクセはなくランニングやウォーキングから普段使いなどにも向いています。

選んだサイズは結果的に5代目や6代目と同じでしたが履き心地が異なるように感じましたので旧モデルを使用したことがある場合でも試し履きで確認した方が良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました