最初の1足にしたい!初心者でも楽しく走り始められるランニングシューズのおすすめ!

2020年は各メーカーから新しい素材が搭載されたモデルをはじめとする様々なランニングシューズが発売されています。

その中から本格的なランニングだけでなく気分転換や健康づくりが目的の方や初心者でも楽しく走れそうなシューズを選んでみました。

スポンサーリンク

楽しく走り始められるランニングシューズのおすすめ

ニューバランス FUEL CELL PRISM(フューエルセル プリズム)

ニューバランスのFUEL CELL PRISM(フューエルセル プリズム)はミッドソールにニューバランスで一番弾む素材のFuelCell(フューエルセル)が搭載されています。ソールの巻き上がりも特徴的で接地感はスムーズです。

しかし、反発弾性は強過ぎずシューズに走らされている感じはありません。アッパーの生地は薄くて柔らかいですが中足部など必要なところのフィット性は高くサポート力もあり走行中のブレは少なく感じます。

使用目的はニューバランスによるとランニング初心者からSUB4を目指すランナー、エリートランナーのジョグにもお勧めとあります。実際に使用してみると足入れ感は楽で走り心地にクセはなく普段の運動にも気軽に履けるシューズです。

ウィズ(足囲)はメンズでは「D」、レディースは「B」でそれぞれニューバランスの中では一番細いタイプです。

しかし、私の場合はメンズの「D」を履いていますが他のニューバランスの「D」のモデルより前足部にゆとりを感じます。甲の部分もシューレース(靴紐)が平型でしっかりフィットしますが圧迫感はありません。踵部にヒールカウンターは入ってなくて柔らかいですが細めの作りでフィット性は良いです。

FUEL CELL PRISMの品番はメンズはMFCPZ、レディースでは WFCPZですが、FuelCell PROPELのMFCPRやWFCPRによく似ているので念のため注意が必要です。

アシックス GT-2000 9

GT-2000 9は使用目的としては走るだけでなく歩いても快適な履き心地なので気分転換の散歩用にも向いていると思います。

本格的にランニングを始める場合にも足にかかる負担を軽減する機能が多く搭載されてサポート性が高く初心者からプロランナーのトレーニングでも使いやすくなっています。

ソールは最近の流行りに乗ったような柔らかくて少し弾む感覚があります。接地からの蹴り出しはスムーズです。

アッパーもシームレスでフィット感が良くウィズ(足囲)の展開も細めから幅広まであり自分の足に合わせやすいモデルです。

アシックス NOVABLAST(ノヴァブラスト)

アシックスのNOVABLAST(ノヴァブラスト)は厚底で分かりやすいふわふわとした柔らかさですが、新しいミッドソール素材のFLYTEFOAM BLAST(フライトフォームブラスト)は跳ね返りが早く着地で深く沈み込む前にポンポンポンっと足の裏を弾かれ、これまでのアシックスとは違う新しい感覚で走ることができます。

アッパーについてもモノフィラメントメッシュという新素材が使われ商品説明の通り優しいフィット感です。ウィズ(足囲)はスタンダード(標準幅)のみですが他のスタンダードのモデルと比べてタイトさはないです。

使用目的としてはこれから運動を始めたい方が距離やタイムを気にせず楽しく走るのに向いています。

ただ、個人的には、ゆっくりと長い時間走りたいときはGTシリーズやゲルカヤノの方が安定性やアッパーのサポート力が高く安心感がありますが、気分が乗らない日は楽しく走れるNOVABLASTを履きたくなります。

アシックス ROADBLAST(ロードブラスト)

アシックスのROADBLAST(ロードブラスト)NOVABLASTと同じように距離やタイムを気にせず楽しく走るのに向いています。

ミッドソール素材には少し硬めであまり沈み込まないAMPLIFOAM(アンプリフォーム)が使われFLYTEFOAM BLAST(フライトフォームブラスト)は踵部だけです。

そのためミッドソールの全面にFLYTEFOAM BLASTが使われているNOVABLAST(ノヴァブラスト)と比べると着地の柔らかさや反発力は抑えられてポンポンッと弾む感じは少なく感じます。

しかし、着地から蹴り出しまではNOVABLASTと比べると安定しています。アウターソールのトランポリン構造による独特の反発は同じように感じます。

フィット感については同じサイズのNOVABLAST(ノヴァブラスト)よりやや強めに感じます。ウィズ(足囲)はメンズとレディースともにスタンダード(標準幅)のみでアッパーの素材はメンズとレディースで異なっています。

価格的にはNOVABLASTよりお手頃に新しい厚底の感触を楽しめるようになっています。

ナイキ エア ズーム ペガサス 37

ナイキのエアズームペガサス37は前モデルと比べてアッパーとソールの作りが大きく変わりました。

アッパーは前モデルの柔らかさとは違うカッチリとした履き心地です。甲周りの構造がフライワイヤーからミッドフットバンドに変わりましたが、靴紐を締め上げても圧迫感はなく優しくフィットします。

ミッドソールはクシュロンフォームからリアクトフォームに変わり着地の瞬間の柔らかさは増して、その後の弾む感覚が強くなっています。

前モデルでは足裏の全面に入っていたズームエアは今回のモデルでは前足部のみなりましたが、リアクトフォームの柔らかさでも安定性が保たれているのはズームエアが搭載されているからのようです。また、ズームエアのユニットはレディースモデルではメンズモデルより気圧が低く柔らかくなっているそうです。

有名選手も使用している流行りの斬新な厚底モデルはゆっくりペースには向いていませんが、ペガサスは足の負担を軽減してくれるサポート力があり、トップランナーの速いペースから初心者ランナーのゆっくりペースでも安心して走れるシューズです。

幅の広いエクストラワイドのモデルです

アディダス SL20

アディダスのSL20はデザイン的に現行モデル(2020年9月時点)のアディゼロシリーズに似てスタイリッシュです。ゆっくりペースでも走れるモデルとしてはボテっとした感じはなくソールの厚みを感じながら柔らか過ぎず軽やかで心地よく走れます。

他のモデルで反発弾性の強いポンポンッとした感覚が苦手な方にも向いていると思います。

走力的なレベルはフルマラソン5時間前後のランナー向けですが、短い距離のジョギングから始めたい方にも向いています。

ミッドソールにはLIGHTSTRIKE(ライトストライク)という軽量ながらクッション性と反発力に優れている素材が使用されています。

これまでのアディダスのシューズでBOOST(ブースト)フォームよりBOUNCE(バウンス)フォームの方が好みだという方に合うように感じます。

また、トルションシステムという前足部と踵部をつなぐパーツはアディゼロと同じものが搭載されているようで中足部のねじれを制御して安定性を向上させてくれます。

ウィズ(足囲)はレディースはレギュラーフィットのみですが、メンズではレギュラーフィットとワイドフィットがあります。

サイズはアディダスの中では足長的に若干小さめに感じます。横幅は細く感じませんが中足部から踵にかけてはしっかりフィットします。アッパーは生地の素材が硬めでホールド性がありサポート力も感じます。

ミズノ WAVE REVOLT(ウエーブリボルト)

ミズノのウエーブリボルトはランニング初心者のゆっくりペースでも使いやすいモデルです。

ミッドソールには柔らかさと反発性に優れた新しい素材のMIZUNO ENERZY(ミズノエナジー)が使われ、着地感は踵部だけでなく前足部までクッション性が高く弾力性も感じます。しかし、ポンポンッとした弾かれる感覚はありません。

踵部分にはMIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)が搭載されて着地の瞬間は柔らかいですがブレずに安定して走行できます。

メンズとレディースともにウィズ(足囲)がレギュラー幅(2E相当)とワイド幅(3E相当)がります。

私はレギュラー幅(2E相当)を履いていますがミズノの2Eモデルとしては足長的に余裕が大きい方で、アッパー素材は柔らかく前足部の横幅や甲の部分も楽な履き心地です。中足部から踵部へかけては横幅が少しタイトにフィットします。また、ヒールカウンターが硬くしっかりしているので踵のサポート力は高いです。

使用目的としてはフルマラソン完走も目指せるようなので本格的に長い距離を走れるようになっても対応できます。

価格的にはMIZUNO ENERZYMIZUNO WAVEが搭載で1万円を切りコストパフォーマンスに優れています。それでいてアッパーとソールともに優しい履き心地で快適な走りができるのでこれからランニングを始めたい方の1足目として選びやすいと思います。

ミズノ WAVE RIDER 24(ウエーブライダー24)

ミズノのウエーブライダー24は初心者から使いやすく高いサポート力がありながら走り心地は軽やかでスピードも感じれるモデルです。

アッパーはシームレスになり足あたりは良く中足部から踵部へかけてのホールド性が高いです。

今回の24代目から新しいミッドソール素材のMIZUNO ENERZY(ミズノエナジー)が踵部から中足部にかけて搭載され接地から蹴り出しの体重移動がよりスムーズで程よい弾力も感じます。

着地の瞬間に柔らかさもありますが踵部のミッドソールに入っているMIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)という波形のプレートが安定性を高めてくれます。

ただ、MIZUNO ENERZYの反発弾性にナイキのリアクトフォームやアシックスのフライトフォームブラストのようなポンポンッと弾かれる感覚を期待すると物足りないかもしれません。

MIZUNO ENERZYには「MIZUNO ENERZY CORE(コア)」「MIZUNO ENERZY LITE(ライト)」「MIZUNO ENERZY」の3つのタイプがあり、もっと強い反発性や柔らかさを体感したい場合は最上位のMIZUNO ENERZY CORE(コア)が搭載されたモデルが良いかもしれません。

個人的にはウエーブライダーも新モデルが出る度に段々とソールが柔らかくなっていくのが気になっていましたが、それでも流行りに乗り過ぎずスムーズな走り心地やサポート力の高さはウエーブライダーらしさが継承されて走っていても安心感のあるランニングシューズです。

最後に

ランニングなどの運動を継続するためには怪我をしなことが大事です。

新しい感覚のシューズは足に合って楽しく走れる場合でも様子を見ながら少しずつ距離を延ばして慣れていくほうが良いと思います。

特によく弾むようなシューズは自分の走力以上のパフォーマンスが出て疲労が溜まるかもしれないので注意した方が良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました