アシックス EVORIDE(エボライド)のサイズ感と履き心地! レビュー

アシックスのランニングシューズ、EVORIDE(エボライド)です。

METARIDE(メタライド)GLIDERIDE(グライドライド)と同じ走行効率性を追求したENERGY SAVING FAMILYのモデルです。分かりやすくRIDEシリーズとも言われることもあります。

エボライドメタライドグライドライドより走力があるランナー向けでもあるようですがクッション性は高く価格は3つのモデルの中で1番低いので、走力的なレベルに関わらずシリーズの大きな特徴であるGUIDESOLE(ガイドソール)が自分の走法などに合っているか試しやすくなっていると思います。

スポンサーリンク

アシックス EVORIDEのサイズ感と履き心地

サイズ感

エボライドのサイズ展開は下記の通りです。

  • メンズ:25.5~29.0cm(0.5cm刻み), 30.0, 31.0, 32.0cm
  • レディース:22.5~26.5cm(0.5cm刻み)
ウィズ(足囲)はメンズとレディースともにスタンダード(標準)だけです。ナローもワイドもありません。
メンズのサイズは25.5cmからなので25.0cm以下はレディースモデルを検討する必要がありますが、カラーについては記事作成時点で3種類あり男性でも選びやすい色合いもあります。
ただ、アシックスのレディースラストのモデルはメンズより小さく感じることが多いのでサイズの表記だけで選ばない方が良いと思います。
メンズで25.5cmが大きくてもレディースの25.5cmではちょうどよいことがあります。エボライドでは25.5cm~26.5cmがメンズとレディースの両方であるのでどちらがフィットするか試してみるのも良いかもしれません。
私の足の実寸サイズ(記事作成時)
右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

エボライドグライドライドと同じ専用ラストが使用されています。足を入れてみるとつま先上がりの構造のためか爪の上側には余裕があり、同じサイズでも他のアシックスのシューズと比べて足長的にも大きい方だと思います。

私の場合はアシックスで選ぶことの多い26.5cmでは親指の先の余裕が大きいですが、横幅はやや細めで中足部から踵にかけてはルーズではなく、サイズを下げて26.0cmでは窮屈になります。

アシックス、GLIDERIDE(グライドライド)のサイズ感と履き心地! レビュー
厚底とつま先の反り上りが印象的で長い距離も楽に走れるように少ない力で効率的に足を前に運ぶことができるシューズです。
ランニングシューズのサイズ感 アシックス編
アシックスのランニングシューズでこれまでに試したことのあるサイズ感です。ここ数年はミッドソールを中心に新しい素材を使ったモデルが増えてきて、デザイン的にもファッショナブルなモデルや厚底ブームに合わせたモデルなど出てきました。

アッパーとソール

アッパーの素材は柔らかく足あたりは良いです。ただ、グライドライドと比べるとカッチリ感が少なく走り方によってはホールド性が物足りないと感じるかもしれません。

ミッドソールの素材は反発性に優れたFLYTEFOAM PROPEL(フライトフォームプロペル)の1層構造になっています。(メタライドとグライドライドは2層構造になっていて上層には軽量性に優れたフライトフォーム、下層がフライトフォームプロペルになっています。)

歩いたりゆっくりペースで走るとつま先の反り上りが印象的なGUIDESOLEにより着地の際に踵からつま先へコロンと転がる感じで前に進まされている感じがします。平坦な道でも緩やかな坂道を下っているようで少しズルい気分になります。

ある程度スピードが出てくると思ったよりシューズに走らされている感じは少なくなり自分の力で蹴り出して速くなっているような感覚が味わえました。

アウターソールも走行効率性を高めるために屈曲溝を入れずしなりにくくしているそうです。素材は前足部は比較的柔らかさも感じるAHAR(エーハー)で踵部には硬めでより耐摩耗性に優れたAHAR PLUS(エーハープラス)が使われています。メタライドやグライドライドよりアウターソールの厚みは大きいように思います。

踵部

踵部はヒールカウンターが内蔵で硬くしっかりしています。

中敷き

中敷きはグライドライドに入っているものと似ています。ふわふわと柔らかいものではなくほど良い弾力のある感触です。つま先部分の厚みは5mmくらいです。

最後に

EVORIDE(エボライド)は走力的にはランニング初心者から上級者まで幅広く使用できるモデルで、価格的にもライドシリーズの中では低くGUIDESOLEに興味を持たれた方が試しやすいと思います。

個人的にはゆっくりペースよりある程度のスピードを出したときにシューズの力が発揮できるように感じますが、GUIDESOLEの走り心地が合うと分かれば走るペースやアッパーの感触でメタライドグライドライドを検討しても良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました