部活生向けランニングシューズはコスパが高く大人ランナーにも人気!おすすめモデルのサイズ感と履き心地! レビュー

ランニングシューズの中でも部活生をターゲットにしているモデルは低価格ながら機能性が高く、毎日気軽に使用できるため部活生以外のランナーにもおすすめです。

モデルによっては様々なスポーツのトレーニングに対応するためにソールの構造が直進だけでなく横や斜め方向へも自由に動き回れるようになっています。

ただ、記事更新時点では部活生向けの大きな特長である低価格で頑丈な作りのモデルが少なくなっている気がします。

スポンサーリンク

部活生がターゲットのランニングシューズ

私の足の実寸サイズ(記事作成時)

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

アシックス ライトレーサー2

アシックスのランニングシューズ、LYTERACER 2(ライトレーサー2)です。

アッパーとソールともに耐久性があり、アシックスの本格的に走れるシューズの中では価格は低めなので部活動などでガンガン使用できます。

記事更新時点では3代目が発売されています。2代目と比べてアッパーの外側の補強が少なくなりスッキリとした見た目になりましたがライトレーサーの特長である耐久性が気になります。ソールの作りや感触は変わりません。カラー展開は豊富です。

サイズ感は指周りが少し窮屈な作りのためアシックスの中でも小さめに感じます。ウィズ(足囲)の展開はメンズではスタンダード(2E相当)ワイド(3E相当)の2種類でレディースはスタンダード(E相当)だけのようです。ユニセックスのモデルもあります。

私が選んだスタンダードの27.0cmは普段あまり選ばない大きめのサイズですが、甲の部分は靴紐を結んだときにハトメの感覚が狭くならず中足部から踵にかけても緩く感じません。

アウターソールは部活生のトレーニングを想定して作られていてランニングのような直進的な動きだけでなく左右や斜めへ多様な動きに適しているようです。TRUSSTIC(トラスティック)という中足部の補強も安定性を高めてくれます。

ラバーの素材はAHER PLUS(エーハープラス)が使われて耐久性が高いです。

ナイキ ズーム ライバル フライ 3

ズーム ライバル フライは機能性とコストパフォーマンスのバランスが良く、部活生シューズとしても人気の高かった「ズームスピードライバル」の後継モデルです。

その3代目となるズーム ライバル フライ3は初代からソールの印象は同じように感じますが、アッパーの作りは変化しています。

個人的には初代の履き心地が好みで2代目は柔らかくペラペラのフィット感が合わなかったですが、3代目はナイキの説明にある通り「柔らかく滑らかな肌触り」ながらズレないシュータンやフィットバンドによりしっかり足にフィットして走りやすいです。

ウィズ(足囲)は公式サイトやいくつかのスポーツ店を見る限り標準幅(2E)のみでしたが、日本人に合う足型のようでナイキとしてはタイトさはないです。個人的にはランニングシューズで選ぶことの多い26.5cmでちょうど良く指周りも窮屈に感じない履き心地です。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい
※上のチャートのハトメの間隔とは靴紐を結んだときに甲の部分がパツパツで広いかギュウギュウに細くなるかを表しています。

ナイキ ズーム ライバル フライ 2

ズーム ライバル フライ2はワイドモデルもありますが標準幅でもナイキとしてはタイトさはなく個人的には26.5cmでちょうど良く指周りも窮屈に感じない履き心地です。ハトメが内外非対称に配置されてフィット感の好みは分かれるかもしれません。シュータンはアッパーに縫い付けられて外ズレしません。

エアロソールが搭載でミッドソールの素材はクシュロンで前足部にはズームエアーも搭載されています。

ニューバランス VIAZA(ビアザ)

ニューバランスのVIAZA(ビアザ)は「ハードに使う学生や一般ランナーのトレーニングをサポートします。」とあり9千円台のモデルですが実売価格はさらに安くなっています。

ミッドソールはクッション性が高く少し弾む感覚もあります。アウトソールはラバーで広く覆われて耐久性は高く、形状も直進だけでなく横方向の動きでも安定性があるようなので様々なトレーニングに向いているようです。

サイズはメンズの26.5cmを選びました。足長的にもつま先に十分な余裕があり爪の上側もやや低いですが圧迫を受けるほど狭くないです。

ウィズ(足囲)はメンズとレディースそれぞれニューバランスの中では一番細いタイプの「D」と「B」のみです。

私の場合は他のニューバランスの「D」のモデルでは26.5cmだとタイト過ぎることもありますがVIAZAは窮屈ではなく指周りはゆとりを感じます。それでも「D」らしく全体的にしっかりフィットしてくれます。踵部は大きめのヒールカウンターが採用されているようですがガッチリとした硬さではありません。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい
※上のチャートのハトメの間隔とは靴紐を結んだときに甲の部分がパツパツで広いかギュウギュウに細くなるかを表しています。

ニューバランス PESU(ペース)

ニューバランスのPESUはアウトソールが前足部の外側をラバーで囲まれていて直進だけでなく横方向の動きでも安定性があるようなので様々なトレーニングに向いていそうです。

ミッドソールは接地の際に厚みはあまり感じずふわふわとした柔らかさはないです。素材の密度は高くムニュッとした感触で少し弾む感覚はあります。

選んだサイズはメンズモデル(MPESU)の26.5cmです。つま先部分は指で押さえると十分な余裕があるように思いましたが実際に動いてみるとあまりゆとりを感じません。横幅が広く感じるのでホールドが甘く足が前に動いているのかもしれません。

ウィズ(足囲)はメンズモデル(MPESU)では「D」、レディースモデル(WPESU)は「B」でそれぞれニューバランスの中では一番細いタイプですが、タイトではなく横幅はゆとりがあり甲の部分も圧迫感はなくラクな履き心地です。踵部も広い作りに感じますが私の場合は踵が浮くほどの緩さではありません。

ニューバランスの「D」や「B」は窮屈そうで避けていた方も試してみると足に合うかもしれません。

8千円台のモデルですが実売価格はもっと安くなっています。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい
※上のチャートのハトメの間隔とは靴紐を結んだときに甲の部分がパツパツで広いかギュウギュウに細くなるかを表しています。

ニューバランス STROBE MSTRO

ニューバランスのSTROBEも部活生をターゲットにしているモデルで商品説明に「多彩な機能を搭載したハイスペック仕様でランニングからアジリティ系まで試合で勝つためのトレーニングをサポートする」とあります。

サイズについてはウィズ(足囲)はメンズは「2E」、ウィメンズでは「D」の標準タイプのみです。足長的にはメンズの26.5cmでつま先に余裕がありニューバランスの2Eモデルの中でも前足部は少しゆったりと感じますが、エンジニアードメッシュアッパーが中足部から踵にかけては良くフィットして足あたりも良いです。

ライトレーサー2やソニックラッシュ2のつま先が窮屈に感じる場合はSTROBEの方が足に合うかもしれません。

ミッドソールはHANZO(ハンゾー)シリーズにも使われているREVLITE(レブライト)です。クッション性と軽量性に優れて耐久性もあります。

アウトソールも耐久性が高く中心には足の捻じれを抑制するT BEAMというパーツが搭載されています。

ただ、ニューバランスは新モデルが出ると旧モデルとの区別が品番ではつきにくく履き心地が変わっているかもしれないので購入するときは確認が必要です。

プーマ アヴィエート スペクトラ

プーマのアヴィエート スペクトラはスピードライトと価格設定は同じ8,250円で本格的に走れるモデルとしては低めです。

スピートライトと比べて厚底でクッション性が高くゆっくりペースで走るのに向いています。アウトソールのラバーも耐久性がありそうです。

サイズ展開はユニセックスでウィズ(足囲)は2E相当ですが、プーマからイメージするタイトな履き心地ではないと感じます。

サイズは26.5cmでちょうどよく前足部の横幅は窮屈ではなく個人的にはゆとりを感じます。アッパーの素材は少し硬めで足はブレにくくシュータンは柔らかく通気性が良いです。踵部はヒールカウンターの硬さはないですがしっかりフィットします。

プーマ SPEED LITE 2(スピード ライト 2)

プーマのスピードライトは記事更新時点では3代目が出ていますが、2代目のスピードライト2もまだ取り扱っているところもありカラーやサイズによっては価格も大幅に下がってお得です。

アッパーやソールは柔らかな履き心地で特にクセのないベーシックなランニングシューズです。プーマは幅の細いタイトなイメージがあるかもしれませんが、スピードライト2はJapan Fitという日本人専用ラストで作られています。

それでも履き心地がタイトに感じる場合はワイド幅のモデルも22.5cmからあります。

サイズは私の場合、レギュラー幅の26.5cmでちょうどよいです。ライトレーサー2やソニックラッシュ2ほど小さく感じない履き心地です。

ミッドソールにはProfoamが使われてクッション性が高く軽さも感じます。

アウトソールを見ると赤い部分はPROPLATEというプーマ独自のプレートが搭載され反発力を感じてスピードにも乗りやすいです。

3代目のスピードライト3は試したことがありませんがソールは変わっていないようです。

ミズノ SONIC RUSH 2(ソニック ラッシュ 2)

ミズノのSONIC RUSH 2(ソニックラッシュ2)です。

アッパーは人工皮革の補強が広く入って耐久性が高く部活動などの激しい練習でも破れにくくなっています。

アウトソールは土でも道でも芝生でも全方向にグリップ力を発揮する構造でランニング以外のスポーツの練習にも向いています。

足裏の感触は前足部に力が入りやすく感じます。また、ソールの厚みは感じますが柔らかすぎずしっかりとした着地感です

サイズ展開はカラーによって違いメンズとレディースの区別はなくユニセックスモデルのみです。ウィズ(足囲)はレギュラー幅(2E相当)ワイド幅(3E)がありますが、ワイド幅のサイズは24.5cmからでメンズ向けの展開です。

サイズ感はアシックスのライトレーサー2のようにミズノの中では小さめです。レギュラー幅なら27cmでも足長的には大きくなくてワイドモデルの26.5cmと迷いますが、つま先部分の補強がしっかりしていて硬いので小さめが選びにくいです。

記事更新時点では旧モデルなのでミズノショップでは扱われていないようですが通販サイトなどではまだ在庫があります。

部活動でも使用できる新しいモデルとしてはデュエルソニック2もあります。

最後に

部活生をターゲットにしたモデルは作りがしっかりしているので安心して走りこむことができます。ランニングシューズとしては特にスピードが出やすいなどの特徴はないかもしれませんがコストパフォーマンスが高く大人ランナーにも人気です。

また、記事作成時点は部活生にとってモチベーションが大きく下がっている時期だと思います。これから日常を取り戻していくときに逆にオバーワークにならないように気を付けてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました