アシックスのGEL-KAYANO(ゲルカヤノ)、旧モデルで選んだサイズと履き心地!

アシックスのゲルカヤノでこれまでに履いたことのある旧モデルのサイズ感と履き心地です。

記事更新時点で販売終了になっているモデルも新モデルを選ぶ際の参考になるかもしれないので載せています。

他のアシックスのモデルは以下から。

スポンサーリンク

アシックスのゲルカヤノ 旧モデルのサイズ感と履き心地

ゲルカヤノはシリーズ通してクッション性と安定性が高く初心者ランナーも安心して使用できるモデルです。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

GEL KAYANO 20 slim

私が初めて履いたゲルカヤノ(GEL KAYANO 20 slim TJG924)です。サイズはスリムラストの26cmでした。

アッパーは人工皮革の補強が多く入ってアシックスストライプもしっかりしていました。そのため前足部や甲のあたりのフィット感やホールド性は良かったですが、踵が触れる部分の素材が滑りやすく歩行中や走行中は少し浮く感じました。

次の21代目も同じサイズで前足部から中足部にかけてのフィット性は良かったですがやはり踵部が滑って浮く感じがして、ゲルカヤノは合わないのかもしれないと次の22代目は試しませんでした。

GEL KAYANO 23 slim

23代目はアッパーの補強が少なくなりましたが全体的にフィット感が強くそれまでよりひとつ大きいサイズの26.5cmが合いました。それでもつま先が少し窮屈でしたが、気になっていた踵は緩さや浮くような感じはなくホールド性は良くなっていました。

GEL KAYANO 24 slim

24代目は23代目に比べアッパーが柔らかくなり窮屈さは少なくなりました。そのためサイズはやや幅に余裕があるように感じて26cmでも履けそうな感じでしたが長時間の使用でつま先が心配で26.5cmを選び正解でした。

GEL KAYANO 25 slim

25代目は24代目と選ぶサイズは同じでしたが25代目の方が少し余裕のある履き心地に感じました。

幅についてはこのモデルからラストの表記が変わっています。レギュラー・スーパーワイド・スリムがそれぞれ、スタンダード・エクストラワイド・ナローになっています。

サイズはナローの26.5cmを選びちょうどでした。

GEL KAYANO 26 STANDARD

26代目はナローがなくスタンダードを選びました。26.0cmで少し余裕がある履き心地ですがアッパーがカッチリしていてルーズには感じませんでした。ソールの着地感も硬めです。

GEL KAYANO 27 NARROW

ゲルカヤノ27は記事作成時点の最新モデルです。ウィズ(足囲)に前モデルの26代目ではなくなっていたナローモデル(細め)が復活しています。

26代目はスタンダード(標準幅)の26.0cmを履いていましたが、27代目ではナローの26.5cmを選びました。

ボール部辺りは狭いですが、つま先は十分に余裕があり指周りは窮屈ではないです。甲の部分は靴紐が少しパツパツしますが足あたりは柔らかく圧迫感はありません。

踵部は硬めですが中足部にかけては26代目より少しホールド性が弱く感じます。

着地感は硬めだった26代目と比べると分かりやすい柔らかさになっています。私が初めて履いた20代目からのモデルと比べて一番柔らかく感じます。これまでは高いクッション性の中に高い安定性もありましたが、27代目はクッション性の方が勝っているように感じます。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

最後に

ゲルカヤノは新しいモデルが出る度に興味が引かれるシューズですが、新しい機能が加わったりアッパーの素材や構造が変わることがあるので履き心地やサイズの確認は必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました