ランニングシューズのサイズ感 ミズノ編!初心者向けのラインアップが豊富、低価格モデルでもアッパーの作りはしっかりしている!

ミズノで試したことのあるランニングシューズのサイズ感です。

記事更新時点(2020年2月)ではウィズ(足囲)の細いスリムラストのモデルが無いのが残念ですが、低価格モデルにはワイドモデルだけでなく2E相当のレギュラー幅のモデルが増えてきてこれから走り始めたいランナーの選択肢が多くなってきました。

他のブランドのサイズ感については以下から

スポンサーリンク

ミズノのランニングシューズのサイズ感

実際にしばらく使用したものから、試し履きだけしたものもあります。この記事を書いている時点でのあくまで個人的な感想です。

私の足の実寸サイズ

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足のサイズは時々変化します。個別にシューズのレビューしているページでは記事作成時点のサイズを記しています。また、足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

EZRUN CG(イージーランCG) J1GE2038

イージーランCGは26.5cmで足長的にはちょうどよいですが、シュータンはアッパーと一体型で履き口まで生地の厚みがあり中足部から踵にかけてはタイトな履き心地です。ヒールカウンターも硬くガッチリとホールド性もあります。ウィズ(足囲)は2E相当で前足部も広くはないですが指の上側は窮屈ではなく生地の素材も柔らかいです。

EZRUN 2(イージーラン 2) J1GE1938

イージーラン2は26.5cmでつま先に余裕のある履き心地。ウィズ(足囲)は2E。踵部は硬くしっかりしているが紐を通す穴が内外に5対になりホールド性が弱く感じる。

EZRUN (イージーラン) J1GE1838

イージーラン26.5cmでつま先に余裕のある履き心地。ウィズ(足囲)は2E。ソールはスターゲイザーマキシマイザーとそっくり。

EZRUN LX(イージーランLX) J1GE1818

イージーランLX26.5cmでつま先に余裕のある履き心地。ウィズ(足囲)は2E。アッパーのデザインはシンクロMD2に似ている。

WAVE AERO 18(ウエーブエアロ18) J1GA2037

ウエーブエアロ18はアッパーとソールともに作りが大きく変わっています。特にミズノウエーブはDUEL TYPEとありエアロ用にカスタマイズしたWAVE DUELのプレートが搭載されています。

商品説明を見るとこれまでより反発性重視のやや上級者よりになった印象がありましたが、踵にはクッション性も感じて初心者モデルからのステップアップにも向いていそうです。

サイズはレギュラー幅(2E)の26.5cmでつま先に余裕がなくギリギリな履き心地で27cmでは横幅が大きくなります。3E相当のワイドモデルもあります。

WAVE AERO 16(ウエーブエアロ 16) J1GA1735

ウエーブエアロ16は初心者モデルからのステップアップに良いシューズだがサイズ的には小さめ。レギュラー幅(2E)の26.5cmでギリギリな履き心地。ワイドモデルもある。

WAVE SKYRISE(ウエーブスカイライズ)

ウエーブスカイライズはウエーブスカイ3の廉価版のような位置づけに感じます。柔らかさと反発性に優れた「XPOP(エックスポップ)」や波形構造ミッドソール「FOAM WAVE」の搭載範囲がウエーブスカイ3より小さく踵部のみになっています。しかし、着地のクッション性は高く柔らかい素材が使われていてもFOAM WAVEの効果でグラつきはなく安定性を感じます。

サイズはレギュラー幅(2E相当)の26.5cmで足長的にはちょうど良くアッパーもウエーブスカイ3と同じように柔らかいせいか横幅や甲の部分はタイトさはないです。踵部はヒールカウンターが硬くしっかりしていますがあまり細い作りではなく個人的には中足部も少しルーズでホールド性は少し弱く感じます。

メンズには3E相当のワイド幅があり4E相当のスーパーワイドはないようです。レディースはレギュラー幅のみです。

WAVE SKY 3(ウエーブスカイ 3)

ウエーブスカイ 3はレギュラー幅(2E相当)の26.5cmで余裕のある履き心地で横幅や甲の部分も圧迫感はない。26.0cmでも窮屈に感じなかった。

ミッドソールはU4icやU4icXに加えて新しい素材のXPOP(エックスポップ)も搭載されクッション性は高く足を入れただけで柔らかさを感じる。しかし、新ウエーブ構造のFOAM WAVEが前足部まで入り着地の際の安定性はよくコンセプト的にウエーブエニグマの後継という印象が強い。メンズには4E相当のスーパーワイドモデルもある。

ウエーブライダー23 J1GC1903

ウエーブライダー23は今回もスリムモデルがなくレギュラー幅以外にメンズではスーパーワイド(4E相当)、レディースではワイド(3E相当)があります。

スリムモデルがないので試したサイズはレギュラー幅(2E相当)の26.5cmです。足長的にはちょうど良いですが外側の補強が少なくスッキリとしたデザインになったアッパーはガッチリ感が少なくなってます。ただ、中足部のランバードマークの補強によるホールド性はウエーブライダーらしさが残っています。

21と22代目はレギュラー幅(2E相当)でもタイトさがあり個人的には履きやすかったですが、22代目の甲の部分や足の付け根あたりが窮屈だった方には23代目は履きやすくなっているかもしれません。

ウエーブライダー22 J1GC1831

ウエーブライダー22は前モデルの21と同じサイズ感。レギュラー幅(2E)の26cmで履けそうですが26.5cmでもルーズにならず厚手のソックスを使用する場合は楽な履き心地。メンズではスーパーワイド、レディースではワイドもありますが今回もスリムモデルがないです。

デザインや履き心地でも20代目くらいから大きな違いは感じません。個人的には補強によるガッチリ感が好みですが、人によってはその補強部分で甲の部分や足の付け根あたりが窮屈に感じるかもしれません。

ウエーブライダー21 J1GC1803

ウエーブライダー21は前モデル20と同じサイズ感。26cmで良かった。スリムモデルがないですが、その分レギュラー幅が少しタイトに感じます。

ウエーブライダー20 J1GC1703

ウエーブライダー20のサイズは26cmで良かった。ラストはスリムではなく標準タイプを選びました。クッションはかなり柔らかくなっていると感じました。踵は足あたりが柔らかいので頼りなく感じる方もいるかもしれませんが、私はホールド感があり悪くないと思いました。

ウエーブライダー18 slim J1GC1505

ウエーブライダー1826cmでちょうど良かった。スリムで良くフィットして結構長く履くことが出来たシューズ。ウエーブライダーも最近は新しく出るごとに履き心地が変わっている。

ウエーブライダー18 スリム

WAVE SHADOW 3(ウエーブシャドウ 3)

ウエーブシャドウ3はレギュラー幅(2E)の26.5cmで足長的には余裕のある履き心地。前モデルより踵部がしっかりしてフィット性も良くなったと感じる。メンスとレディースともにワイドモデルがあり試したが幅広を期待するほどゆったり感はないように感じた。ソールの作りは変化がないように見える。

WAVE SHADOW 2(ウエーブシャドウ2)

ウエーブシャドウ2はレギュラー幅(2E)の26.5cmで余裕のある履き心地。ワイドモデルもある。

WAVE KNIT R2(ウエーブニット R2)

ウエーブニット R2ウエーブライダー22と同じソールですがアッパーはウエーブライダーのような補強によるガッチリ感がなく柔らかく楽な履き心地です。その分タイトな作りでフィット感は強く感じます。

ウエーブライダー22と同じサイズでは窮屈で27.0cmでちょうど良い感じです。

ウエーブポラリス SP J1GC1983

ウエーブポラリス SP26.5cmではつま先が少し気になる。27cmではルーズになる。新しいウエーブ構造でプレートは入っていないが着地の安定性は高いと感じる。紐を通す穴はウエーブポラリス EZと同じ内外に5対だがホールド性は弱くはない。踵部も硬くしっかりしている。

ウエーブポラリス EZ J1GC1982

ウエーブポラリス EZは足長的には26.5cmで少しつま先に余裕がある。ウィズ(足囲)は2Eだがミズノの2Eモデルの中では横幅はやや細めに感じる。紐を通す穴が内外に5対で甲のシュータンがあたるところのホールド性は弱く感じる。踵はしっかり硬さがある。

WAVE SONIC 2(ウエーブ ソニック 2) U1GD1934

ウエーブソニック226.5cmでちょうどよい。ミズノのシューズの中では足長的には小さくないがつま先部分が細く感じる。前モデルに比べ踵のフィット性が良くなったと感じる。3E相当のワイドモデルもある。

WAVE SONIC(ウエーブ ソニック) J1GC1734

ミズノの中でコンセプト的に同じ位置づけのSONIC RUSH(ソニック ラッシュ)26.5cmでも少しつま先が気になるが、ウエーブソニック26.5cmでは緩く感じてレギュラー幅の26cmでちょうど良く感じる。ウィズ(足囲)が3E相当のワイドモデルもある。

SONIC RUSH 2(ソニック ラッシュ 2)

ソニックラッシュ2は前モデルと同じくサイズは小さい。ウィズ(足囲)はレギュラー幅(2E相当)とワイド幅(3E)がある。

レギュラー幅なら27cmでも足長的には大きくない。ワイドモデルの26.5cmと迷うが、つま先部分の補強がしっかりしていて硬いので小さめが選びにくい。

SONIC RUSH(ソニック ラッシュ) J1GA1883

ソニックラッシュは見た目が似ているラッシュアップ3と同じくらいのサイズ感。

26.5cmでちょうど良さそうだがあまり余裕はなく他のミズノのランニングシューズよりは1サイズから2サイズ小さく感じる。つま先の横幅も細め。

横幅や甲の部分はラッシュアップ3ほど狭くないと感じる。ワイドモデルもある。

マキシマイザー22 K1GA2000

マキシマイザー22は個人的にはアッパーは19代目に近い履き心地でサイズは26cmで足長的にはちょうどよい。前足部の補強の入り方が変わって指周りは楽になったと感じる。ソールは20代目から変わっていない。

マキシマイザー21 K1GA1900

マキシマイザー2126cmで足長的にはちょうどだがフィット感が強く26.5cmの方が楽な履き心地。前モデルのマキシマイザー20より甲の部分が楽になり紐を結んだときのパツパツ感が少なくなった。

マキシマイザー20 K1GA1800

マキシマイザー20は前モデルのマキシマイザー19よりサイズアップして26.5cmを選んだ。補強の位置が変わりさらにホールド性が良くなってサイズアップしてルーズに感じない。

その後、26cmも使用しましたが前モデルで感じたつま先の違和感は出ず履きやすかった。

マキシマイザー19 K1GA1700

マキシマイザー19は3Eのワイドなシューズですがフィット感が良く中足部から踵のホールド性が良かった。26cmでは足長的に少し小さく感じた。

トラッドロード 10

トラッドロード 10はミズノの中ではマキシマイザーと同じような位置づけのシューズです。

サイズは26.5cmで足長的には余裕がある。ウィズ(足囲)は3E。履き心地はマキシマイザーよりソールが硬めでアッパーもカッチリしています。実店舗ではASBeeやGreenboxなどイオン系の靴販売店で扱われています。

STARGAZER 2(スターゲイザー2)

スターゲイザー2は前モデルよりゆったり感が増して26.5cmではルーズになり26.0cmの方が履きやすいです。デザインやカラーもよりスタイリッシュになりました。

STARGAZER(スターゲイザー)

スターゲイザーマキシマイザー2021とデザイン的によく似たシューズ。靴型は同じに感じる。ウィズ(足囲)は3Eマキシマイザーより中敷に厚みがあるので同じサイズではスターゲイザーの方がフィット感が少し強い。

26.0cmでは少しタイトで走りやすい。普段履きとしてゆったりと履きたい場合は26.5cmが楽。

ウエーブ インスパイア14

ウエーブ インスパイア14は走力的にウエーブライダーと同じくらいのシューズだが、履き心地は同じサイズだとウエーブライダーよりつま先部分が狭く感じる。2Eの標準幅タイプの26cmでは全体的に窮屈で26.5cmでもフィット性が強く感じる。

WAVE EMPEROR TR2 J1GA1786

ウエーブエンペラーTR226cmでは小さく、26.5cmでもつま先がシューズの内側にあたる感じがした。

ミズノ ウエーブエニグマ 6 J1GC1602

ウエーブエニグマ626cmでつま先は余裕がありつつ甲のフィット感は良い。履き心地が少し浅く感じる。

追記:足入れしたときはつま先に余裕がありましたがしばらく使用していると親指が痛くなりました。他の方でもエニグマ6を使用して足指を痛めているという情報がいくつかありました。私の場合はアッパーの構造が合わないのかつま先がシューズの内側に触れる感じで痛みが出ました。

シンクロ SL2 J1GE1728

シンクロSL226cmでは小さく26.5cmを選んだ。中足部から踵にかけて細めでフィット感が強い。つま先は狭くなくアッパーの素材も柔らかく圧迫感はない。

シンクロ MD2 J1GE1718

シンクロMD2は足長的にはシンクロ SL2と同じサイズ26.5cmでちょうど。アッパーの踵部の生地が厚めに感じてホールド性が弱い気がする。

ウエーブカタリスト 2 J1GC1733

ウエーブカタリスト226cmでは足長的にやや小さい。ウエーブライダーの25.5cmと26cmの間くらいのサイズ感。踵、横幅も細めに感じる。しかし甲の部分はウエーブライダーほどパツパツにならず、きつくない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました