ミズノ WAVE REVOLT(ウエーブリボルト)のサイズ感と履き心地! レビュー

ミズノのランニングシューズ、WAVE REVOLT(ウエーブリボルト)です。

MIZUNO ENERZY(ミズノエナジー)というミズノ史上最も柔らかく反発力がある新しいミッドソール素材が使われているモデルですが走り心地にクセはなく、足に優しい快適な履き心地がこれからランニングを始めたい方にも向いています。

また、MIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)も搭載されながら1万円を切る価格でコストパフォーマンスに優れています。

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
スポンサーリンク

ウエーブリボルトのサイズ感と履き心地

サイズ感

ウエーブリボルトのサイズ展開は記事作成時点で以下の通りです。ウィズ(足囲)についてはメンズとレディースともに、レギュラー幅は2E相当でワイド幅は3E相当になっています。

  • メンズ:25.0~29.0cm
  • メンズワイド:25.0~29.0、30.0cm
  • レディース:22.5~25.5cm
  • レディースワイド:22.5~25.5cm
  • ユニセックス:22.5~29.0、30.0cm
私の足の実寸サイズ(記事作成時)

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

ウエーブリボルトで選んだサイズはレギュラー幅の26.5cmで、ミズノの2Eモデルとしては足長的に余裕があり前足部も楽な履き心地で爪の上側も狭くありません。中足部から踵部へかけては少し細めでタイトにフィットします。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

アッパーとソール

アッパー素材はガッチリした感じはなく踵部以外は柔らかいので楽な履き心地です。また、メッシュ生地の通気性が良く軽さもあります。

甲の部分も靴紐がパツパツにならず圧迫感もないですが、ハトメ(紐を通す穴)が内外に5対なこともありホールド性が少し弱く履きやすさ重視な感じがします。

しかし、上の画像のように足首側1番上の斜めに余分に付いているハトメを利用した2段ハトメにすると細めの踵部と相まってホールド性が高くなります。ウエーブリボルトの靴紐は長めで普通の結び方では大きく余っていましたが2段ハトメにするとちょうど良くなりました。

2段ハトメについては下のリンクのアシックスのサイトに結び方が載っています。

ミッドソールは上の画像の白い部分の全面にMIZUNO ENERZYが使われています。足裏の感触は踵から前足部まで柔らかく接地した後に程よく弾むような反発が心地よいです。

踵部には安定性向上のためにMIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)が搭載されていますがプレートタイプではなく、2層の異なる硬さのミッドソール材を波形状に重ねたフォームウエーブ構造です。着地の瞬間は柔らかいですが思ったよりブレずに走行できます。軽さを感じるわりにはスカスカな感触ではなく素材の密度が高くしっかりとしています。

アウトソールは上の画像のグレーの部分だけ硬く他の白い部分は手で押さえるとプニプニ柔らかいので耐久性が気になります。

踵のフィット性

踵部はヒールカウンターも硬くしっかししています。また、細い作りになっているので内側のくるぶしの下あたりを押されているような感覚があり、人によっては圧迫されていると感じるかもしれないので試し履きの際に確認した方が良いです。個人的にはキュッと掴まれて踵のホールド性が高く感じます。

中敷き

中敷きはふわふわ柔らかい感触ではなく硬めで程よい弾力があります。つま先部分の厚みも3.5mmくらいで大きくないので中敷きで接地の柔らかさを出しているのではなくミッドソールのクッション性の高さを感じます。

最後に

ウエーブリボルトは長い距離を走れるようになってくるとサポート性が少し弱く感じますが、アッパーとソールともに優しい履き心地で快適な走りができるのでこれからランニングを始めたい方の1足目として選びやすいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました