ミズノ WAVE RIDER 25(ウエーブライダー25)のサイズ感と履き心地! レビュー

ミズノのランニングシューズ、WAVE RIDER 25(ウエーブライダー25)です。

シリーズを通してスムーズな走り心地がコンセプトで、フラッグシップモデルらしい優れた機能性が本格的な長時間のランニングでも安心感を与えれます。

走力的にはサブ5を目指すランナー向けですがこれから運動を楽しむ程度にはじめたい方にも使いやすいです。

ただ、今回の25代目ではレディースのワイドモデルの幅がこれまでの3Eから4E相当になっていますので旧モデルから使用している方は注意が必要です。

スポンサーリンク

サイズ感と履き心地

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

サイズ感

ウィズ(足囲)については今回の25代目にもスリム(E相当)がなく、レギュラー幅(2E相当)とスーパーワイド(4E相当)の2種類になっています。レディースのワイド幅もこれまでの3Eから4E相当になっています。

MIZUNO SHOP [ミズノ公式オンラインショップ] ウエーブライダー25 SW(ランニング)[レディース] 34?ブラック×ブラック J1GD2106

サイズ展開はウィズ(足囲)やカラーによって違います。

  • ユニセックスモデル(2E相当):22.5~29.0(0.5cm刻み)、30.0cm
  • メンズレギュラー(2E相当):24.5~29.0(0.5cm刻み)、30.0。※カラーによって違います。
  • メンズワイド(4E相当):25.0~29.0(0.5cm刻み)、30.0cm。※カラーによって違います。
  • レディースレギュラー(2E相当):22.5~26.0cm
  • レディースワイド(4E相当):22.5~25.5cm
私の足の実寸サイズ(記事作成時)

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

サイズは26.5cmを選びました。ウィズ(足囲)は今回もスリム幅がないのでレギュラー幅です。

ウエーブライダーは新モデルが出る度にラスト(靴型)が同じようでもアッパーの素材や作りによりフィット感が変わります。今回の25代目は比較的ラクに履けてつま先にゆとりを感じますが、ボール部あたりは少し細めに感じます。

甲の部分はハトメの間隔が広めになりますが圧迫感はなくフィット感の良さの方が勝ります。

踵は掴まれているような感覚で走行中に浮くことはなくシリーズ通して変わらない安心のホールド力です。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい
※上のチャートのハトメの間隔とは靴紐を結んだときに甲の部分がパツパツで広いかギュウギュウに細くなるかを表しています。

アッパーとソール

アッパー素材はエンジニアードメッシュで快適さがありながら走行中に足がブレにくくなっています。しかし、サイドのランバードマークが模様だけで補強の役割がなくなってしまったので中足部のホールド性は旧モデルに比べると物足りなく感じます。

ミッドソールは全面にMIZUNO ENERZY(ミズノエナジー)が使われています。クッション性は高く足裏の感触は分かりやすい柔らかさで着地した後に程よく弾んで心地よいです。

また、クッション性だけでなく走行時の安定性を高めるためにMIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)という波型のプレートがミッドソールの踵部に搭載されています。25代目ではプレートが新しい形状になって前モデルと比べると中足部方向へ長めにプレートが入っているように見えます。そのためミッドソールの柔らかさを維持しながら中足部の安定性も高くなっていると感じます。

ミズノウエーブには異なる硬さのミッドソール材を波形状に重ねたフォームウエーブ構造のモデルもあり、走り心地はランナーによって好みが分かれるかもしれませんがどちらもクッション性と安定性の両立を実感できます。

シュータンには靴紐を通すところがないですが、両端がバンド状に履き口あたりとつながっているため外ズレにくくなっています。

アウトソールは前モデルと大きく変わらずラバー部分は耐久性が高そうです。前足部の縦方向の溝が浅くなっていますが、接地から蹴り出しまでの体重移動はスムーズに感じます。

踵のフィット性

個人的にウエーブライダーで番の特長は踵部です。25代目も作りは細めでヒールカウンターが硬くガッチリしてフィット性とホールド性に優れています。

中敷き

中敷きはふんわりと分かりやすい柔らかさです。足裏が触れる表面はモデルによって滑りやすく感じることがありましたが、25代目ではそれほどスベスベしているようには感じません。厚みは前足部が約5.5mmで踵部が約7mmです。

最後に

25周年の節目になるウエーブライダー25は旧モデルとは作りが変わり新しくなっているところもあります。しかし、基本的なところは特に20代目以降はあまり変わっていないように感じます。

アッパーの素材によってフィット感が異なりサイズ選びに迷うことはありますが、個人的にはゆっくりペースで走るときに一番足に合っていて一番長く使用しているシューズです。

今回の25代目も足を入れるとすぐなウエーブライダーだと分かる履き心地です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました