ブルックス GHOST11(ゴースト11)、スーパーワイド幅が加わりミッドソールも新素材を採用!サイズ感と履き心地のレビュー

ブルックスのランニングシューズ、GHOST11(ゴースト11)です。

6分/km 以上のゆっくりペースで走るのに向いているモデルですが衝撃吸収力と反発力のバランスが良く初心者ランナーからトップランナーの練習まで対応しています。

また、今回のゴースト11ではメンズモデルに4Eのスーパーワイド幅が加わりました。

スポンサーリンク

ゴースト11のサイズ感と履き心地

サイズ感

ゴースト11はウィズ(足囲)の展開がレギュラー幅とワイド幅、メンズにはスーパーワイド幅があります。

ウィズ(足囲)については

  • レギュラー幅はメンズが「D」でウィメンズが「B」です。
  • ワイド幅はメンズが「2E」でウィメンズが「D」です。
  • スーパーワイド幅はメンズのみで「4E」です。
サイズ展開はすべての幅でメンズ25.0cm~29.0cm、ウィメンズ22.0cm~26.0cmです。
私の足の実寸サイズ(記事作成時)
右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm

これまでゴースト9代目10代目を履いたことがあり、どちらもレギュラー幅の26.0cmで窮屈ではなかったですが、ゴースト11では少し小さめに感じたのでレギュラー幅の26.5cmを選びました。サイズアップしても履き心地はルーズにならず指周りのフィット性も旧モデルより良いと感じました。

ワイドモデルは試してませんが、これまでのワイド幅は2E以上にゆとりを感じる履き心地だったので、初めてゴーストを選ぶ場合は足幅が広い方でも4Eのスーパーワイド幅だけでなく2Eのワイド幅も試してみた方が良いと思います。

ランニングシューズのサイズ感、ブルックス編
これまでに試したことのある、ブルックスのランニングシューズのサイズ感です。 靴幅はDが標準幅でワイド幅でも2Eですが、スーパーワイドのモデルは4Eです。足の細い人向けというイメージがありますが靴幅の表記よりもゆったりと感じるモデルもあります。

アッパーとソール

アッパー素材の足に触れる感触は前モデルのゴースト10と変わらず柔らかくてフィット性が良いです。

ゴースト10ではシュータンの靴紐を通す穴が外側と内側にあり横にズレにくくなっていました。ゴースト11では外側と中央になっています。(ブルックスの公式サイトや通販サイトの画像ではカラーによっては外側の穴が付いていないように見えるものがあります。しかし、実物は見ておらず画像では隠れて見えないだけかもしれません。)

ミッドソールは踵部分に新素材のDNA LOFT(DNA ロフト)が採用されています。軽量で柔らかく耐久性があるのが特徴で踵着地で足にかかる負担を軽減してくれそうです。

前足部分にはブルックスDNAを配置して衝撃吸収力だけでなく反発力もありスピードも出せるように感じます。

ドロップ(つま先と踵部のソールの高低差)は12mmです。

アウトソールのパターンは前モデルから大きく変わっていないように思います。着地したときの足裏の感触はふわふわと柔らかすぎず反発もあり、ある程度スピードを出しても走りやすく感じます。

踵部

踵部もしっかりしていてフィット性も良いです。

中敷

中敷のつま先の厚みは5mmくらいです。ゴースト11より速いスピードで走るためのローンチ6ラベナ10の6mmより薄手です。

最後に

ゴースト11は対応するスピードの幅が広く今回のモデルから4Eのスーパーワイド幅も加わわり多くのランナーが選びやすくなりました。

ミッドソールには新しい素材が使われたりアッパーの作りも変わりましたが、個人的にはクッション性は高いが安定性やスピードを出せる反発力もあり、これまでのゴーストらしさは変わらず旧モデルと同じ用途や目的で使えるシューズだと感じました。

また、カラー展開は豊富ですが記事作成時点ではメンズとウィメンズともにワイド幅のバリエーションは少なく地味で落ち着いた色合いなのでもう少し明るい色もあると選ぶのが楽しくなる気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました