ブルックス GHOST13(ゴースト13)のサイズ感と履き心地! レビュー

ブルックスのランニングシューズ、GHOST13(ゴースト13)です。

初心者ランナーでも足への負担が軽くペースもゆっくり走るのに向いていますが、衝撃吸収力だけでなく反発力とのバランスが良いためトップランナーの練習まで対応しています。

11代目と12代目を使用してきた方では13代目でもソールの感触は変わらないと思います。次の14代目ではミッドソールの素材がこれまでのDNA LOFTBioMoGoDNAの組み合わせから全面100%DNA LOFTになったので走行感覚が異なるかもしれません。

スポンサーリンク

サイズ感と履き心地

サイズ感

ゴースト13はウィズ(足囲)の展開がレギュラー幅ワイド幅、メンズにはスーパーワイド幅があります。

ウィズ(足囲)については以下の通りです。

  • レギュラー幅はメンズが「D」でウィメンズが「B」です。
  • ワイド幅はメンズが「2E」でウィメンズが「D」です。
  • スーパーワイド幅はメンズのみで「4E」です。

サイズ展開はメンズではレギュラー幅が25.0cm~29.0cm(0.5cm刻み)、30.0cmでワイドとスーパーワイドが26.0cm~28.0cm。ウィメンズは22.0cm~26.0cmです。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

選んだサイズは11代目から変わらずレギュラー幅の26.5cmです。つま先の余裕は大きく感じませんが全体的なフィット感を考えると個人的にベターなサイズです。

私の場合はゴーストを9代目から使用していて10代目までは26.0cmを選んでいました。「D」でも前足部の横幅がゆったりしていましたが、スーパーワイドモデルが登場した11代目からレギュラー幅が細く足長的にも小さくなったと感じます。

同じサイズでつま先にもう少しゆとりが欲しい場合は、対応するプロネーションが異なりますがブルックスの中ではゴーストと同じ「クッション」というカテゴリーでアドレナリンGTSの20代目や21代目があります。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい
※上のチャートのハトメの間隔とは靴紐を結んだときに甲の部分がパツパツで広いかギュウギュウに細くなるかを表しています。

アッパーとソール

アッパーの生地は柔らかく伸縮性がありフィット感はゴーストらしい快適さです。それでいてホールド性は弱くならないので部位によって生地の編み方が異なるようです。

シュータンについてはゴースト10までは靴紐を通す穴が外側と内側にあり横にズレにくくなっていましたが、11代目では外側と中央になって13代目では中央だけになっています。

ミッドソールの素材は踵部外側からつま先部の外側に軽量で柔らかく耐久性があるDNA LOFTで、内側は「路面からの衝撃や、走行スピードに応じて衝撃吸収性が変化する独自のクッション材。」とあるBioMoGoDNAです。実際に走ってみるとゆっくりペースでもスピードをあげてもクッション性と反発力がちょうど良いバランスになると感じます。

ミッドソールドロップ (つま先と踵部のソールの高低差) は12mmと高く踵着地からの体重移動がスムーズで初心者でも楽に走りやすくなっています。

アウトソールのパターンは旧モデルから大きく変わっていません。接地から蹴り出しまでスムーズです。

踵のフィット性

踵部はヒールカウンターが硬くガッチリしていてフィット感も心地良いです。

中敷き

中敷きはブルックス独特の感触で素材の密度が高くふんわりし過ぎず程よい弾力があります。 表面はなめらかですが滑りやすくはないです。厚さはつま先部分が約5mmで踵部分は約6mmです。

最後に

ゴースト13はアッパーのフィット感が新しいモデルが出る度に少なからず異なる印象ですが私の場合は選ぶサイズは11代目から変わってないです。

シューズの機能的な特徴はアドレナリンGTSと似ているところがありますが、GUIDERAILES2.0(ガイドレール2.0)というサポート機能が必要かどうかとアッパーのフィット感の好みによってどちらを選ぶか変わると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました