ブルックス LAUNCH6(ローンチ6)のサイズ感と履き心地! レビュー

ブルックスのランニングシューズ、LAUNCH6(ローンチ6)です。

走力的にはサブ4を目指すランナー向け初心者からのステップアップにも使いやすいモデルです。ブルックスの中ではラベナ10と同じ「スピード」というカテゴリーです。

今回のモデルからワイド幅も加わり、サイズ展開もブルックスの新モデルはメンズとウィメンズともに小さいサイズが増え使用できる年齢層が少し広がったようです。

スポンサーリンク

ローンチ6のサイズ感と履き心地

サイズ感

ローンチ6のサイズ展開はメンズ25.0cm~29.0cm、ウィメンズ22.0cm~26.0cmです。ウィズ(足囲)の展開はメンズとウィメンズともにレギュラー幅とワイド幅です。

ウィズ(足囲)については

  • レギュラー幅はメンズが「D」でウィメンズが「B」です。
  • ワイド幅はメンズが「2E」でウィメンズが「D」です。
私の足の実寸サイズ(記事作成時点)
右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm

ローンチ6で選んだサイズはレギュラー幅26.5cmで少しタイトな履き心地です。これまでのローンチに比べるとワイド幅が新しく加わったためか個人的にはレギュラー幅が少し細めになった気がします。足長的にもブルックスのランニングシューズの中では少し小さめに感じます。

ローンチ6の中敷には厚みがあるので個人的にはサイズ選びで迷ったら大きめサイズを選ぶより小さめのサイズで中敷を薄いものに変えて合わせる方がフィット性が良いです。

ランニングシューズのサイズ感、ブルックス編
これまでに試したことのある、ブルックスのランニングシューズのサイズ感です。 靴幅はDが標準幅でワイド幅でも2Eですが、スーパーワイドのモデルは4Eです。足の細い人向けというイメージがありますが靴幅の表記よりもゆったりと感じるモデルもあります。

アッパーとソール

アッパーの素材は柔らかく靴幅がタイトな作りでも足へのフィット性は良いですが、ガッチリとした履き心地が好みの方には補強によるサポート力は少し弱い感じがします。体感的な軽さもあり通気性も良いです。

ミッドソールはどんな体型やどんなスピードで走っても最適なクッションに変化するとされるBROOKS DNA(ブルックスDNA)です。ゆっくりペースで走っても速く走ってもスピードによってクッション性と反発力がちょうど良いバランスになっていると感じます。

アウトソールは前足部のパターンが少し変わっただけで、フラットソールの安定感は変わりません。中足部がXの形をした形状はかかとからつま先まで力の流れがスムーズでスピードも出しやすくなっているように感じます。

踵部もしっかりしていて緩くなく良くフィットします。

中敷は旧モデルと変わった感じはなくつま先部分の厚みは6mmくらいです。

最後に

ローンチ6は新しくワイド幅が登場したことでこれまでローンチに興味があったけどサイズが合わなかったという方でも履きやすくなったと思います。大きいサイズでもメンズモデルの29.0cmまでですが、ブルックスのワイド幅はゆったりとした履き心地だと感じます。また、中敷に厚みがあるので薄手のものに交換するとある程度フィット感の調整ができ足に合わせやすいと思います。

走り心地については特にクセを感じないのでランニング以外のスポーツのトレーニングなどいろんな用途に使いやすいシューズだと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました