ニューバランス Fresh Foam Zante v4は足に良くフィットしクッション性も適度で軽やかに走れる! サイズ感と履き心地のレビュー

ニューバランスのランニングシューズ、Fresh Foam Zante(フレッシュフォームザンテ) v4です。

初心者用のシューズよりも少しスピードを感じて走れるサブ4を目指すランナー向けのモデルです。

スポンサーリンク

Fresh Foam Zante v4のサイズ感と履き心地

サイズ感

Fresh Foam Zante v4のウィズ(足囲)はメンズでは「D(やや細い)」と「2E(標準)」があり、レディースは「B(やや細い)」と「D(標準)」があります。

サイズ展開はメンズでは0.5cm刻み25cm29cm30cm、レディースは22cm25.5cmまであります。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)
右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm

私はウィズ(足囲)がメンズの「D」で26.5cmを選びました。足長的には少し小さめの作りでつま先にあまり余裕がなくギリギリな感じです。

しかし、個人的には前モデルv3のアッパーでは同じサイズでも爪の上に少し圧迫を感じましたが、今回のモデルv4ではアッパーの素材が柔らかく指周りの窮屈さはないです。

中足部から踵は細い作りで上の画像の手で握っているあたりは足にピッタリと良くフィットします。同じサイズの「2E」も試しましたが「D」との差は大きくゆったりしています。特に甲の部分がルーズに感じました。

ソールの特徴

踵部分のミッドソールをみると内側と外側でハニカムの形状が凹と凸に分かれています。

フレッシュフォームという単一素材のミッドソールながらシューズの内外でハニカムの凹凸を変えることで適切なクッション性と安定性を両立させているそうです。

外側のミッドソールの表面はのデザインになっていて着地などで力が加わると潰れて変形しやすくクッション性を発揮します。

内側の表面はのデザインになっていて力が加わっても潰れて変形しにくく踏ん張ることができ安定性が高まるようです。

ドロップは(シューズ前足部とかかと部におけるソールの高低差のこと)6mmと低いです。

アウトソールはサポートのためのパーツなどが付いていない分、場所によってハニカム形状の大きさや硬さを変えて安定性などの機能を高めています。

Fresh Foam Zante v4の履き心地

Fresh Foam Zante v4に足を入れてみると足裏の感触は適度な柔らかさがありますがソールは厚過ぎず、アッパーも足にピッタリとフィットするので軽さを感じます。

初心者用の厚底でアッパーのガッチリ感のあるシューズに比べると長時間の使用ではサポート力に不安がありますが、Fresh Foam Zante v4は軽やかにスピードに乗って走れそうでサブ4を目指すランナー用のシューズに感じました。

コメント