アディダス アディゼロ ボストン 8のサイズ感と履き心地! レビュー

アディダスのランニングシューズ、ADIZERO BOSTON 8(アディゼロ ボストン 8)です。

前モデルはADIZERO BOSTON 3というモデル名でしたが、ADIZERO BOSTON BOOSTとしてミッドソールにブーストフォームが使用されてからは3代目ということらしく海外ではADIZERO BOSTON 7となっているところもありアディゼロ ボストンとしては7代目だったようです。

ちなみにブーストフォームを搭載する前にもADIZERO BOSTON 3というモデルがありボストンの人気が高まるきっかけになったともいえる評判の良いシューズでした。

今回のモデルもブーストフォームが搭載されていますがモデル名はADIZERO BOSTON BOOST 4とかではなくADIZERO BOSTON 8となっています。

走力的にはサブ4~サブ5向けでクッション性が高く初心者からのステップアップに使いやすいシューズです。

スポンサーリンク

ADIZERO BOSTON 8のサイズ感と履き心地

サイズ感

サイズ展開はメンズモデルのアディゼロ ボストン 8 Mでは0.5cm刻みで24.5cm~31.0cmまであります。レディースモデルのアディゼロ ボストン 8 W22.0cm~27.0cmと大きいサイズまであります。

ウィズ(足囲)は扱っているお店の表記では前モデルはメンズが2E相当3E相当の2種類でしたが、今回のモデルはE相当とワイドの2E相当になっています。レディースはE相当のみのようです。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)
右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

選んだサイズはウィズ(足囲)がE相当26.5cmで私にとってはちょうど良い履き心地です。

アディゼロボストンのラスト(靴型)は日本人の足に合いやすいとされるMICROFIT(マイクロフィット)ですがモデルによってフィット感が違います。前モデルでは2E相当でも全体的なフィット感が強く、つま先の上側にも少し圧迫を感じる履き心地でした。

アディゼロボストン8ではラストが見直され前足部も数mm広く高くなったとあり、同じサイズでも指周りが少し楽になったと感じます。

ランニングシューズのサイズ感、アディダス編
これまでに試したことのあるアディダスのランニングシューズのサイズ感です。アディダスのシューズは幅が狭いイメージがありますが、日本人の足型に合うmicrofitラストやワイドの展開があるモデルもあります。サイズ感も幅があり、私の場合ウィズ(足囲)にもよりますが25.5cmでも問題なく履けたり27.0cmでもややきつく感じることもあります。

アッパーとソール

アッパーは足を入れると足に隙間なくフィットしますがストレッチ性があり柔らかい履き心地で個人的には前モデルより圧迫感はありませんでした。

カラーは「ランニングホワイト/カレッジネイビー/ソーラーオレンジ」を選び画像ではアッパーがピンクっぽい色合いに見えますが実物はオレンジに近い色です。

ミッドソールはBOOST(ブースト)が使われ足裏の感触は柔らかいですがEnergy Rail(エナジーレール)やTORSION SYSTEM(トルションシステム)というパーツも搭載されているためか着地の安定感は思ったより悪くないと感じます。

また、BOOST(ブースト)には跳ねるような反発もあり足が前へ出やすいです。

アウトソールはフラットな形状でグリップ力が高いコンチネンタルラバーとなっています。

赤いパーツ部分も足のねじれを抑えてくれている感じがします。

踵部

踵部はヒールカウンターが入って硬くしっかりしていてフィット性も高いです。

中敷

中敷のつま先部分の厚みは4mm(裏側の細い模様部分も含めて)くらいで感触はいつもの変わらないアディゼロの中敷です。

最後に

アディゼロ ボストン 8はゆっくりペースでも少しスピードに乗っても心地よく走れるシューズです。

個人的には着地の際の安定性がもう少し欲しいと感じますが、BOOST(ブースト)フォームを好む方には期待通りの感触だと思います。

ラストが見直されウィズ(足囲)が表記では細くなっていますが個人的には前モデルと同じサイズでもタイトさはないです。しかし、指周りはのフィット感やアッパーの素材感などの履き心地が違うと感じるのでこれまでのアディゼロボストンを愛用されている方でも試し履きでチェックしたほうがよいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました