ナイキ エア ズーム ペガサス38のサイズ感と履き心地! レビュー

ナイキのランニングシューズ、AIR ZOOM Pegasus38(エア ズーム ペガサス38)です。

見た目は前モデルの37代目とあまり変わりがなくソールの感触も36代目と37代目を比べた時ほどの大きな違いはないですが、アッパーは素材の伸縮性が高くなっているようで37代目より少し柔らかいフィット感です。

走り心地としては、これから走りはじめたい初心者ランナーでも安心なクッション性がありながら弾む感覚も楽しめます。

スポンサーリンク

サイズ感と履き心地

サイズ感

エア ズーム ペガサス38のウィズ(足囲)の展開は記事作成時点では、メンズがレギュラー幅の(2E相当)とエクストラワイド(4E相当)の2種類で、レディースではレギュラー幅のみです。

サイズ展開は以下のようになっています。

  • メンズ:24.0cm~30.0cm(0.5cm刻み)。
  • レディース:22.5cm~26.5cm(0.5cm刻み)。
私の足の実寸サイズ

右足:足長254mm,足囲240mm
左足:足長253mm,足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

選んだサイズは前モデルと同じくレギュラー幅(2E相当)の26.5cmでちょうど良いです。ナイキの説明にあるように前足部のスペースが広く私が使いはじめた34代目以降では指周りは1番ラクに感じます。しかし、普段から4E相当のエクストラワイドのモデルを好む方がラクに履ける感じではありません。

甲の部分は靴紐を結ぶと少しパツパツしますが圧迫感はありません。踵部にかけてのサイド部分もタイトに感じません。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

アッパーとソール

アッパーの生地は前モデルの少しカッチリな感触よりも柔らかいです。シュータンも厚みがあり優しくフィットしながら中足部のホールド性は高いと感じます。また、シュータンは前モデルと同じように両端がアッパーとつながっていて走行中に外ズレにくくなっています。

ミッドソールの素材はリアクトフォームで着地の瞬間はとても柔らかいですがその後すぐに弾む感覚があります。加えて前足部に搭載されているズームエアにも弾力性があり反発力が高まります。

アウトソールのパターンは大きく変わっていないようですが前足部の内側の縁の部分の形状がいびつでつま先にかけて細く見えます。しかし、走り心地に違和感はなくフラットソールにより蹴り出しまでの重心移動はスムーズでミッドソールの柔らかさや弾力性が強くても安定感は悪くありません。

踵のフィット性

踵部のヒールカウンターはガッチリとした硬さがないですが、そのためやさしくフィットします。 この点は前足部と同じようにラクなフィット感が好みの方に合っているかもしれません。

個人的には素材の感触による違いもあり前モデルの37代目と比べてホールド力が少し弱く感じます。

中敷き

中敷きは前モデルと同じようでふんわりと柔らかいです。つま先部分の厚みは約5mmで踵部分は約6mmです。

最後に

エア ズーム ペガサス38は前モデルの37代目からミッドソールの素材がリアクトフォームに変わり着地の柔らかさが増してさらに弾む感覚も強くなっています。この点は36代目より前のモデルを使用してきた方ではもしかしたら違和感を覚えて好みが分かれるかもしれません。

アッパーについては指周りにゆったり感があり素材も柔らかいため履きやすさを感じると思います。ただ、ランニングで使用するとルーズに感じたりサポート力が物足りない場合は対応するプロネーションが異なるものの走力的なレベルは同じズーム ストラクチャー 23の方が合うかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました