ニューバランス FuelCell PRISM(フューエルセル プリズム)のサイズ感と履き心地! レビュー

ニューバランスのランニングシューズ、FuelCell PRISM(フューエルセル プリズム)です。

使用目的はニューバランスによるとランニング初心者からSUB4を目指すランナー、エリートランナーのジョグにもお勧めとあります。

実際に使用してみると足入れ感も楽で普段の運動にも気軽に履けるシューズです。

スポンサーリンク

FuelCell PRISMのサイズ感と履き心地

サイズ感

FuelCell PRISMのウィズ(足囲)はメンズでは「D」、レディースは「B」でそれぞれニューバランスの中では一番細いタイプです。

サイズ展開はメンズでは25.0cm~29.0cm(0.5cm刻み)、レディースは22.0cm~25.5cmです。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

私の場合はウィズ(足囲)が「D」の26.5cmでつま先に十分な余裕があり爪の上側も狭くないです。

他のニューバランスの「D」のモデルでは26.5cmだとタイトな履き心地も多いですがFuelCell PRISMは前足部にゆとりを感じます。

甲の部分もシューレース(靴紐)が平型でしっかりフィットしますが圧迫感はありません。踵部は緩くなく細めにできています。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

アッパーとソール

アッパーの生地は薄くて柔らかく軽さと通気性も良く感じます。外側からしっかりした補強は入っていませんがエンジニアードメッシュによって中足部など必要なところのフィット性は高くサポート力もあり走行中のブレは少なく感じます。

シュータンは少し厚みがあってふんわりとしているので足への感触は良いですが私の場合は走っていると外ズレしやすいです。

ミッドソールにはニューバランスで一番弾む素材のFuelCellが搭載されていますが、弾む感覚はナイキのリアクトフォームやアシックスのブラストフォームを体感するとフューエルセルは少し弱く感じます。

そして、ソールの巻き上がりも特徴的で接地感はスムーズですが、ロッカー構造で走行効率を高めてくれるような効果を期待すると物足りないと思います。

しかし、弾む感覚が強すぎずロッカー構造の恩恵もないためシューズに走らされている感じはないです。心地よく弾んで柔らかさも感じながらクセのない履き心地で個人的には快適に走れます。

ただ、ミッドソールの内側にあるメディアルポストというオーバープロネーション(内側への倒れこみ)を防ぐ機能はアシックスのデュオマックスに比べると初心者対応モデルとしては安定性が少し弱く感じます。

アウトソールのグリップは良いと感じたので耐久性にも期待したいです。

踵のフィット性

踵部はヒールカウンターはなく柔らかいですが細くできていて良くフィットします。

中敷き

中敷きはふんわりしたり沈み込むようなものではなく、素材の密度が高くしっかしいています。つま先の厚みは4mmくらいです。

最後に

FuelCell PRISMは記事作成時点でキャンペーンを行うほど推している新しいモデルにしては斬新さはないですが、奇をてらうことなくクセがない履き心地で普段の運動から本格的なランニングまで使いやすいです。

ただ、個人的には初心者でも軽やかにスピードを感じる走りができて楽しいですが長距離になると少しサポート力が弱い気がします。

そして、思ったよりタイトではないので他のウィズ(足囲)が「D」や「B」のモデルで窮屈に感じたことがある方にも一度試してほしい履き心地です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました