アディダス SUPERNOVA+(スーパーノヴァ プラス)のサイズ感と履き心地! レビュー

アディダスのランニングシューズ、SUPERNOVA+(スーパーノヴァプラス)です。

モデル名に「+」のない「SUPERNOVA」というモデルもありますが、「+」は走行時の反発力を高めるためにミッドソールを強化していることを意味するそうです。

しかし、反発力を高めるとあってもスピードを出すランナー向けというわけではなく、ソールには厚みがありクッション性は高くゆっくりペースで走りたいランナーにも向いています。

アディダスのシューズチャートは下のリンクから
スポンサーリンク

サイズ感と履き心地

サイズ感

サイズ展開はメンズで24.5cm~31.0cm、レディースは22.0cm~26.5cmのようです。

ウィズ(足囲)はレギュラーフィットのみでワイド幅はないようです。

私の足の実寸サイズ

右足:足長254mm,足囲240mm
左足:足長253mm,足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

選んだサイズは26.5cmです。アディダスのランニングシューズの中でも足長的には大きめで、つま先部分に手の親指の爪の幅(約1.8cm)が一つともう半分くらいの余裕があり爪の上側もラクです。しかし、ボール部あたりからは細めでしっかりフィットするため全体的にはルーズに感じない履き心地です。

ただ、ワイド幅のモデルがないので足幅の広い方は横幅に合わせるとつま先の余裕が大きくなり過ぎるかもしれません。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

アッパーとソール

アッパーの作りはシュータンが薄く硬めで記事作成時点(2021年12月)のアディゼロシリーズの似たような作りのモデルに慣れている方では違和感はないですが、ふんわりと柔らかい感触を求めている方には甲の部分が心地よいフィット感ではないかもしれません。他の部分の生地は柔らかく手触りも滑らかです。全体的には「+」の付いていない「SUPERNOVA」の方が優しいフィット感です。

スリーストライプス(3本線)はデザイン的な模様だけかと思いましたが触れてみると硬さがあり、そのためかサイドからのホールド性は高く感じます。

靴紐を通す穴は内外に5対と少しズレてもう1対ありますが、アディダスの商品ページのモデルさんの画像をみると基本は5対で使用するようです。6対では踵のホールド性が高くなりますが私の場合は靴紐が短くギリギリです。2段ハトメは靴紐を長いものと交換しないと結べません。また、価格が13,200円するモデルとしては靴紐を通すのがスムーズではなくそのあたりの作りはチープに感じます。

ミッドソールはBOOST(ブースト)フォームとBOUNCE(バウンス)フォームの組み合わせです。ブーストフォームは柔らかさを感じやすい素材ですがSUPERNOVA+ではフワフワし過ぎず安定感も悪くなりません。

アウトソールは広くラバーで覆われて耐久性がありそうです。形状もフラットなので接地から蹴り出しまでがスムーズです。

踵のフィット性

踵部はヒールカウンターが硬くしっかりしています。作りとしては緩くなく細めですが、走行時にホールド性が物足りない場合は靴紐を通す穴は6対使用した方が良さそうです。個人的にジョギングや軽い運動では5対でも思ったよりルーズにならずラクなフィット感です。

中敷き

中敷きは厚みが大きくつま先と踵部分は同じくらいで約7mmあります。分かりやすい柔らかさや弾力はなく硬めの感触です。そのため足を乗せても沈んだりヘタる感覚がないです。

また、ボリュームのある見た目はブルックスのランニングシューズに入っている中敷きと似ていますが、力を加えてもブルックスのようなグニュっとした弾力はないです。

最後に

アディダスで本格的なランニングシューズは個人的にアディゼロのイメージが強く比較的ゆっくりペースに対応したモデルもありますが、SUPERNOVA+はさらに足への負担が少なく楽しく運動がはじめられる履き心地です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました