アシックス GEL-KAYANO 27(ゲルカヤノ27)のサイズ感と履き心地! レビュー

アシックスのランニングシューズ、GEL-KAYANO 27(ゲルカヤノ27)です。

初心者のゆっくりペースから使いやすく、本格的な長い距離のランニングでも安心なサポート力の高さが特長のモデルです。

前モデルの26代目よりアッパーとソールともに作りが大きく変わりました。そして、26代目にはなかったナローモデル(細め)が今回の27代目では復活しています。

スポンサーリンク

ゲルカヤノ27のサイズ感と履き心地

サイズ感

サイズ展開はメンズが24.5~29.0cm(0.5cm刻み)と30.0,31.0,32.0cm、レディースは22.5~26.5cm(0.5cm刻み)です。

メンズのウィズ(足囲)は以下の通りです。

  • NARROW(ナロー)は細めでE相当。アマゾンでは31.0cm以上は1.5Eとなっている。
  • STANDARD(スタンダード)は標準で2E相当。
  • EXTRA WIDE(エキストラワイド)はかなり広めで4E相当。

レディースのウィズ(足囲)は以下の通りです。

  • NARROW(ナロー)は細めでD相当。
  • STANDARD(スタンダード)は標準でE相当。
  • WIDE(ワイド)は広めで2E相当。
私の足の実寸サイズ(記事作成時)

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

前モデルの26代目はナローがなかったのでスタンダード(標準幅)の26.0cmを履いていましたが、27代目ではメンズのナローの26.5cmを選びました。

ボール部辺りは狭いですが、つま先は十分に余裕があり指周りは窮屈ではないです。甲の部分は靴紐が少しパツパツしますが足あたりは柔らかく圧迫感はありません。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

アッパーとソール

アッパーはカッチリしていた26代目より足あたりはソフトです。ナローモデルを選んだのでタイトにフィットしますが中足部あたりのホールド性は26代目と比べると個人的に少し弱く感じます。

ソールについては私が初めて履いたゲルカヤノは20代目ですがそれから比べても着地感は一番柔らかいです。

ミッドソールの素材は柔らかくて弾力性に優れたFLYTEFOAM PROPEL(フライトフォーム プロペル)で前足部と踵部には衝撃緩衝材のGEL(ゲル)が搭載されています。

ミッドソールの内側にはオーバープロネーションを抑えるDUOMAX(デュオマックス)という硬い部分があり、中足部のTRUSSTIC(トラスティック)という樹脂製の補強パーツは走行時のねじれを抑制してくれるため、クッション性だけでなく安定性を高める機能も搭載されています。

しかし、トラスティックについては前モデルより広くしっかり入っていますが、クッション感を向上させるためにミッドソールとの間に空間が設けられています。着地感の柔らかさが大きいのはこの影響もあるかもしれません。

これまで使用したことがあるゲルカヤノは中敷きがふんわりと柔らかく感じることはあってもミッドソールは柔らか過ぎないしっかりした着地感でしたので、旧モデルから使用している方にはゲルカヤノらしさが弱いと感じるかもしれません。

踵のフィット性

踵部は26代目では滑ったり浮いたりすることなくフィット性が良かったですが、27代目では生地に厚みがあってふんわりしているだけでなく表面がスベスベしているので26代目より少しホールド性が弱く感じます。

中敷き

中敷きは前モデルより全体的に厚みがあり弾力も感じます。つま先部分の厚みは6mmくらいです。

最後に

ゲルカヤノ27は着地感が分かりやすい柔らかさになっていて旧モデルと比べるとスタビリティモデルとしては少し安定性に物足りなさを感じるかもしれません。

それでも個人的にはライドシリーズやブラストシリーズのような新しい着地感よりも長い時間使用するときはゲルカヤノ27の方が履き慣れているためか安心感があります。

また、サイズについてはメンズモデルとレディースモデルの両方にある24.5cm~26.5cmは6つのラストから選べることになりますが、メンズとレディースではソールが別設計になっているのでアッパーのフィット性だけでなくソールの感触の違いも確かめた方が良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました