ランニングシューズのサイズ感 イグニオ・ティゴラ編

アルペンから発売されている、イグニオとティゴラのランニングシューズで試したことがあるモデルのサイズ感です。

スポンサーリンク

イグニオとティゴラのランニングシューズのサイズ感

実際にしばらく使用したものから、試し履きだけしたものもあります。

この記事を書いている時点でのあくまで個人的な感想です。使用していくうちに感想も変わるかもしれません。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)
右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm

イグニオ IGスポーツスニーカー

ユニセックスで22cmから29cmまでサイズがありますが0.5cmではなく1cm刻みのサイズ展開です。

26cmでは足長的に小さくつま先がピッタリ過ぎる。27cmでは大きい。ウィズ(足囲)は2Eで幅は広くないのでフィット性は良い。足裏の感触は分かりやすい柔らかさ。ソールの屈曲しやすい位置が体感的に後ろの方(シューズの真ん中より後ろ)に感じる。

価格が1,999円とお手頃。「軽量性」「クッション性」「フィット性」をコンセプトに同じ価格でベーシックなものからスリッポンタイプ、ソックススニーカーなどラインナップが豊富。

イグニオのスポーツカジュアルシューズ

イグニオ ダイヤル式ランニングシューズ

26cmでつま先に適度に余裕があり、フィット性も良いです。ダイヤル式で着脱やフィット感の調整が簡単に素早くできます。靴幅は2E

2秒で履ける1秒で脱げるは大げさではない!イグニオ ダイヤル式ランニングシューズのサイズ感と履き心地 レビュー
イグニオのダイヤル式ランニングシューズ IGR1006TGFです。 靴紐を結んだり解いたりせず、靴紐の代わりにシューズに通されたワイヤーレースをダイヤルで操作することによって、脱ぎ履きや微妙なフィット感の調整が簡単に素早くでき...

イグニオ IGR1027

26cmで履けそうだがやや小さめ。幅はややゆったり。メーカーの説明では靴幅は3.5E相当とあります。

アッパーは合成皮革の補強が入ってしっかりした履き心地。

ティゴラ ダイヤル式ランニングシューズ

26cmではつま先が狭く感じた。26.5cmでは全体的にルーズになる。アッパーの足当たりは柔らかい。

ティゴラ プレティモTR

26cmでは足長的にきつい。26.5cmでちょうど。靴幅は2Eですがややタイトに感じた。

サイズ展開はカラーによって違いますが、1番大きいサイズでも28cmまでです。ホワイト×レッドは23.0cmからあります。

重量は片足26cmで210gとティゴラのシューズの中では軽く、走力的な位置づけはフルマラソン4時間前後、部活動の1足目に最適と商品の説明にあります。

ティゴラ エアロレース 2

26cmではきつく、26.5cmでも長く使用するとつま先が気になるかもしれないサイズ感です。

こちらのシューズはメンズのみでレディースはないようです。サイズ展開も24.5~28.0 cmと小さいです。

走力的にはフルマラソン5時間前後です。

アッパーはガッチリしていて足当たりはやや硬めです。何年か前までのアシックスやミズノのSUB5クラスのシューズのようなしっかりした履き心地です。最近のランニングシューズが軟弱だと感じている方には合うかもしれません。

靴幅は2Eですが前足部の幅は余裕があり、甲は低めに感じました。踵も良くフィットします。

重量は26.0 cmの片足で290gです。


他のブランドのサイズ感については以下から

ブランド別、試したことのあるランニングシューズのサイズ感
ブランド別のこれまでに試したことのあるランニングシューズのサイズ感です。

コメント