メタクラッチが新搭載!アシックス、GEL-KAYANO 24(ゲルカヤノ24)

GEL-KAYANO 23-slimとGT-2000 NEW YORK 5-slimを試して迷っているうちに、GEL-KAYANO 24(ゲルカヤノ24)が発売されました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

新搭載のメタクラッチ

注目は踵部のメタクラッチというごついパーツです。アシックス史上最高のランニングシューズと宣伝されている値段も最高(29,160円)のMetaRun(メタラン)にも搭載されています。

ゲルカヤノにはこれまでヒールクラッチングシステムというヒールカウンターのパーツがついていましたが、それよりも大きく踵を包むように覆ってホールド性が強化されているそうです。手で触ってみると硬くすごくガッチリしています。

ディスクリートアイレット

紐を通す穴部分が個別に分かれていてそれがフィット性を高める役割をしているのでしょうか。

私はシューズを履くとき、甲のフィット感や紐の締まり具合が一番気になりますが、ゲルカヤノは旧モデルから甲の部分はフィット性が良いと感じていました。良くフィットするのに甲に圧迫感はなかったのでディスクリートアイレットのおかげかもしれません。

中敷がスピーバに!

商品説明に「中敷をSpEVAに変更」とありました。ゲルカヤノやGT-2000の中敷は柔らかすぎて、下の写真の別売りのスピーバ中敷(TIZ601)と入れ換えて使うと硬さがあり感触が良くなるので、同じようなものが使われているのかどうか分かりませんが気になります。

スピーバ中敷(TIZ601)

別売りのスピーバ中敷(TIZ601)

ゲルカヤノ24のサイズ

  • レディース:22.5~26.5cm
  • メンズ:24.5~29.030.031.032.0cm

足幅は、メンズ、レディースともに3ウィズ展開(細い、標準、広い)です。

サイズはレディースでも26,5cmまであります。男性でメンズの足幅が合わない場合は26.5cmまでレディースを使用することが出来ます。

最近のアシックスはサイズが小さめに感じることがあるので、旧モデルを履いたことがある場合でも試し履きには注意が必要だと思います。

旧モデルから新モデル24までのサイズ感と履き心地

ゲルカヤノ24は踵にしっかりしたパーツがあるのに比べて中足部から前にかけては補強が少なくすっきりしたデザインになっています。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)は
右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm

これまでゲルカヤノは全てスリムラストのモデルを履いています。

上の写真は私が初めて履いたゲルカヤノ(GEL KAYANO 20 slim TJG924)です。サイズは26cmを履いていました。

ゲルカヤノ2324よりアシックスラインや前足部など補強が多く入っていました。履き心地は前足部や甲のあたりのフィット感は良かったですが、踵が浮きやすく安定しませんでした。踵が緩いというわけではなく、シューズと踵が触れる部分の素材が滑りやすく感じました。

次の21も同じように甲のフィット性は良かったですが踵が滑って浮いてくる感じがして、ゲルカヤノは合わないのかもしれないと次の22は試しませんでした。

ゲルカヤノ23は補強は少ないですが、そのため良くフィットしながらも圧迫感はなく足を入れた感じは良かったです。サイズはゲルカヤノ20では26cmでも余裕がある履き心地でしたが、ゲルカヤノ23では26.5cmの方が合いました。気になっていた踵の滑りやすさ、浮く感じはなかったです。

ゲルカヤノ24では内側のアシックスラインもなくなり補強らしいものはありません。アッパーの素材がより柔らかくなったらしく、履き心地は良くなっていると期待できますが、長時間の使用ではサポート力が少し心配です。

試し履きしてみたところ、前モデルの23と足長的なサイズ感は同じで26.5cmが合いそうですが、アッパーが柔らかいので履き心地がややルーズに感じました。それでもウィズ(足囲)が細身のスリムラストのモデルなので普段レギュラーラストのモデルを履いている方には窮屈に感じると思います。

最後に

ゲルカヤノは新しいモデルが出る度に興味が引かれるシューズですが、新しい機能が加わったりアッパーの素材や構造が変わることがあるので履き心地やサイズの確認は必要です。

楽天ウィジェット
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする