デサント GENTEN-STのサイズ感と履き心地! レビュー

デサントのランニングシューズ、GENTEN-STです。

他のメーカーでは少なくなっている一昔前のようなアッパーとソールの作りが気になり試してみました。

走力的にはサブ4を目指すランナー向けで、走り心地は最近流行りの厚底で反発力の高い素材やロッカー構造のソールが合わないと感じているランナーの方にもおすすめです。

モデル名は走ることへの「GENTEN(原点)」を追求するという意味のようで、GENTEN-ST(スピードトレーニング)の他に上級者向けGENTEN-RC(レース)GENTEN-EL(エリート)があります。

スポンサーリンク

サイズ感と履き心地

サイズ感

サイズ展開はユニセックスで22.5cm~29.0cm(0.5cm刻み)、30.0cm。ウィズ(足囲)は2E相当です。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

サイズは26.5cmを選び足長的な余裕はちょうどですがつま先部分の横幅や上側はやや狭く感じます。

ボール部あたりからは窮屈にならず甲の部分も圧迫感はありません。踵部はしっかりフィットします。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい
※上のチャートのハトメの間隔とは靴紐を結んだときに甲の部分がパツパツで広いかギュウギュウに細くなるかを表しています。

アッパーとソール

アッパーは生地の通気性が良くて軽く、外側から合成皮革の補強も利いて足にしっかりフィットさせることができます。素材自体の伸縮が強くなく締め付け感のないところも個人的には好みです。

ミッドーソールの厚みは大きくないですが走行時は素材の密度が高く程よい弾力がありサブ4レベルのランナーとっては十分なクッション性も感じます。

アウトソールはフラットソールで接地から蹴り出しまでがスムーズで安定感があります。ラバーの耐久性についてはしばらく使用してみないと分かりません。

ちなみに GENTEN-RC(レース)GENTEN-EL(エリート)はノーベル賞受賞のグラフェンという「金属の強度、特徴を持ち、高い柔軟性、伸縮性を持つ新素材」がアウトソールラバーに配合されています。

踵のフィット性

踵部はヒールカウンターが硬くしっかりしていてフィット感とホールド性に優れています。

中敷き

中敷きは少しチープに見えますが個人的には硬めで表面は滑りにくく使いやすいです。厚さは前足部が約4.5mmで踵部分が約6.5mmです。

最後に

GENTEN-STはソールの構造や反発性でラクに前へ進むタイプのシューズではないですが、その分走り心地にクセがなくアッパーのフィット性も優れています。

もう少し価格が低く耐久性があれば部活性にも使いやすいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました