ビギナーでも履けるカーボンプレート搭載の厚底シューズ、プーマ DEVIATE NITRO(ディヴィエイトニトロ)のサイズ感と履き心地! レビュー

プーマのランニングシューズ、DEVIATE NITRO(ディヴィエイトニトロ)です。

カーボンプレートが搭載されている厚底シューズですが、様々な走法に対応していてトップランナーだけでなく初心者から使用できます。

モデル名にも入っているNITRO Foam(ニトロフォーム)のクッション性と弾む感触も心地よいです。

スポンサーリンク

ディビエイトニトロのサイズ感と履き心地

サイズ感

ディヴィエイトニトロのサイズ展開は以下の通りです。

  • メンズ:プーマの公式オンラインストアでは25.0cm~30.0cm(0.5cm刻み)でアマゾンでは31.0cmも選択できるようになっています。
  • ウィメンズ:22.0cm~26.0cm(0.5cm刻み)。

ウィズ(足囲)はメンズとウィメンズともに「2E」の1種類です。

また、プーマの公式サイトの商品ページではサイズ選択の右側にある「サイズチャート」をクリックすると「ヒール高」や「」の実寸が表示されます。

【プーマ公式通販】 プーマ ディヴィエイト ニトロ ランニング シューズ メンズ Yellow Alert-Puma Black |PUMA.com

【プーマ公式通販】 プーマ ディヴィエイト ニトロ ウィメンズ ランニングシューズ ウィメンズ Yellow Alert-Puma Black |PUMA.com

私の足の実寸サイズ(記事作成時)

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

私の場合はランニングシューズで選ぶことが多い26.5cmで足長的には小さくないですが、シューズの特性のためか使用中は前足部に力が入っている状態が続くのでいつもよりつま先の余裕が大きい方がラクと感じる方もいるかもしれません。

また、爪の上側は少し低めに感じますがアッパーの生地は締め付け感がないので爪に負担はないです。

横幅はタイトではなく2E相当にしてはボール部あたりもラクで、甲の部分も靴紐を締めるとハトメの間隔は広めですが圧迫感はないです。

プーマのシューズに細いイメージがあってそれを求めている方にはいつものサイズでも横幅が緩く感じるかもしれません。ただ、ウィメンズモデルは「かかと部分を細身にし、甲の高さをやや低く設計」とありフィット性が異なるかもしれません。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい
※ハトメの間隔とは靴紐を結んだときに甲の部分がパツパツで広いかギュウギュウに細くなるかを表しています。

アッパーとソール

アッパーは生地が薄く通気性と足あたりが良いです。サポート性は高くはないですが走行中に足がブレやすいとは感じないです。

シュータンの作りは記事作成時点でのアディダスのアディゼロシリーズに似ています。特に中敷きの下までつながり足の側面から甲にかけて包むようになっているところはそっくりで使用中に外側にズレることもないです。表面はメッシュ状になっていてアディゼロのものより通気性が良さそうです。

また、私の場合は圧迫感や痛みはないですが、シュータンの縁の部分が足首に当たるので足の動きによって気になる方は肌に直接触れる短いソックスは避けた方が良いかもしれません。

ミッドソールはNITRO Foam(ニトロフォーム)が2層になっていてその間にINNO PLATE(イノー プレート)というカーボンプレートが搭載されています。そのためソールは手で力を加えたくらいでは全く屈曲しません。

足裏の感触は全面にニトロフォームの厚みがあり、イノープレートの働きはいろんなランナーのタイプに対応して踵で着地してもミッドフットでもフォアフットでも推進力が得られるようになっています。

着地の瞬間はニトロフォームがプーマの説明でスーパーソフトと表現されるほど柔らかいですが、すぐに強く弾んでイノープレートがテコのように作用して蹴り出せます。前足部への力の入り方が強いので、なんとなく踵のないサンダルやスリッパを履いている感覚にもなります。

いつもよりラクに速く走れるので楽しくなりますが、自分の走力以上のパフォーマンスが出て足や他の部位にも疲労が溜まるかもしれないので注意したいです。

アウトソールはグリップ力があり、まだ濡れたところを走っていませんがあらゆる路面に対応しているそうです。

踵のフィット性

踵部はフニャフニャではなく芯が入っていますが弱い力でもしなって柔らかいです。私の場合はスコスコ浮くようなことはありませんがフィット感は緩めです。

中敷き

ランニングシューズではよく見かけるような断面ですがふんわりと柔らかいです。つま先部分の厚みは4mm弱で踵部分は6.5mmくらいです。

最後に

ディヴィエイト ニトロはニトロフォームのクッション性と反発弾性が高くイノープレートの推進力により楽しく走れるシューズです。

しかし、シューズに走らされているという感覚にもなるので初めのうちは様子を見ながら少しずつ距離を延ばして慣れていくようにして、いきなり大事な場面では使用しない方が良いと思います。

個人的には、普段はソールの安定性やアッパーのサポート力がもう少し高いシューズの方が使いやすく、タイムを気にしたり気分が乗らない日は楽しくスピードに乗って走れるディヴィエイト ニトロと履き分ける使い方が向いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました