ミズノ SONIC RUSH 2(ソニックラッシュ 2)のサイズ感と履き心地! レビュー

ミズノのSONIC RUSH 2(ソニックラッシュ2)です。

ミズノの公式ウェブサイトでは「アスリート・部活生」に分類されているモデルです。

アッパーは耐久性が高くソールは土でも道でも芝生でも対応して様々なスポーツの練習に向いています。

スポンサーリンク

ソニックラッシュ2のサイズ感と履き心地

サイズ感

サイズ展開はカラーによって違いメンズとレディースの区別はなくユニセックスモデルのみです。ウィズ(足囲)が標準幅(2E相当)では22.0cm~30.0cmで、ワイドモデル(3E相当)は24.5cm~29.0cmです。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)
右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm

シューズの作りはミズノのランニングシューズの中でも小さめです。ソニックラッシュを初めて選ぶ場合はこれまでミズノのランニングシューズを使用したことがあっても試し履きをしっかりする必要があると思います。

サイズは普段あまり選ぶことのない27cmにしました。ルーズな感じはないですが靴紐をしっかり結ぶとハトメ(靴紐を通す穴)の間隔がやや狭くなります。ワイドモデルの26.5cmと迷いましたがつま先部分の補強が硬くしっかりしているので小さめを選ぶと爪が痛みそうです。

ランニングシューズのサイズ感、ミズノ編
ミズノで試したことのあるランニングシューズのサイズ感です。ウィズ(足囲)についてはスリムラストのモデルが無くなったのが残念ですが、低価格モデルにはワイドモデルだけでなく2E相当のレギュラー幅のモデルが増えてきてこれから走り始めたいランナーの選択肢が多くなってきました。

アッパーとソール

アッパーは人工皮革の補強が広く入って前モデルより耐久性がアップしています。部活動などの激しい練習でも破れにくそうです。

耐久性だけでなく履き心地もガッチリしていてサポート力が高く感じます。

ソールは前モデルと変わっていないようです。

アウトソールは全方向にグリップ力を発揮する構造でランニング以外のスポーツの練習にも向いています。

足裏の感触は前足部に力が入りやすく感じます。また、ソールの厚みは感じますが柔らかすぎずしっかりとした着地感です。

踵部

踵部はガッチリ硬くサポート力があります。

最後に

ソニックラッシュ2は直進だけでなくいろんな方向へ自由に動き回れる作りになっているのでランニング以外のスポーツの練習でも使いやすいです。

また、ミズノのシューズの中では比較的安価で丈夫なので部活動などでガンガン使えるところも良いです。ただ、ひとつ残念なのは中敷が取り外せないのので手入れの際は不便に感じます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました