ニューバランス、Versatile(バーサタイル)のサイズ感と履き心地 レビュー

ニューバランスのランニングシューズ、Versatile(バーサタイル) MVERSです。

日本ではアマゾン限定のモデルだそうです。サイズ感などが分からない場合でも無料でサイズ違いをまとめて取り寄せて試せるプライム・ワードローブの対象商品です。

スポンサーリンク

ニューバランス、バーサタイル MVERSのサイズ感と履き心地

バーサタイルのサイズ展開はメンズでは25cm~29cmでウィズ(足囲)は「D」。レディースは22cm~25.5cmでウィズ(足囲)は「B」です。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)
右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm

サイズはメンズの26.5cmを選びました。

ニューバランスのシューズは26.5cmでもウィズ(足囲)が「D」の場合はつま先や横幅が狭く感じたりしますが、バーサタイルは商品の説明で足入れのしやすいラスト(木型)を採用とあるためか個人的にはウィズ(足囲)が「D」にしては全体的にタイトな感じはありませんでした。

足長的にはつま先部分に少し余裕があり、他の2Eモデルほどのゆとりではありませんが紐を通している甲の部分も窮屈には感じませんでした。

ニューバランスのシューズをいろいろ試していると時々踵部が踏んで履けそうな柔らかくフニャフニャなモデルがありますが、バーサタイルの踵部はヒールカウンターが入って硬く出来ています。

シュータンや履き口周りの生地は厚みがありソフトな感触です。

ミッドソールはCUSH+(クッシュ+)が使われていて、ニューバランスの中で最もやわらかい素材らしいです。着地の感触は心地よいクッション性で蹴り出しもスムーズです。

インソールはつま先から踵まで厚みが大きく7mmくらいありますが、シューズに足を入れると足裏の感触は柔らかく少し沈むのでそれほど厚みの大きさは感じません。

ミッドソールとインソールのそれぞれが柔らかいので着地については、ふんわり感よりもっとしっかりとした感触が好みの場合は他のインソールに変えても良いかもしれません。

取り替え用のインソール、ニューバランスのRCP150もこの記事作成時点ではプライム・ワードローブの対象商品です。

コメント