アディダス ADISTAR(アディスター)のサイズ感と履き心地! レビュー

アディダスのランニングシューズ、ADISTAR(アディスター)です。

アディダス直営店やスポーツデポ・アルペンだけで販売されているようですが、通販ではアディダス公式オンラインショップ以外にアマゾンや楽天など他の通販サイトを通しても購入できます。価格は新作のADISTAR CSの登場で下がってきています。

履き心地は普段選ぶことの多いサイズでゆとりがありアッパーはラクなフィット感です。ソールは厚底の見た目より重さは感じず安定性も優れています。

走力的にはゆっくりペースで走るランナーに向いていて使用目的としてはフルマラソンの完走など本格的なランニングから健康目的のジョギングでも使いやすいです。

もう少し詳しいサイズ感や履き心地は↓に続きます。

スポンサーリンク

サイズ感と履き心地

サイズ展開はアディダスの公式オンラインショップによると以下の通りです。

  • メンズ:24.5cm~31.0cm(0.5cm刻み)
  • レディース:22.0cm~26.0cm(0.5cm刻み)

ウィズ(足囲)はレギュラーフィットのみでワイド幅はないようです。アルペンによると2E相当とありますが個人的にはもう少し広めな感覚で使用できるように思います。

サイズ感

私の足の実寸サイズ

右足:足長254mm,足囲240mm
左足:足長253mm,足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

選んだサイズは26.5cmでつま先に親指の爪の幅(1.8cm)よりも余裕があります。アディダスのレギュラーフィットのモデルの中では横幅はゆったりとして爪の上側など指周りなども窮屈ではないです。私の場合は踵部分も少し緩めに感じます。

ただ、甲の部分のゆとりは大きくなく靴紐を結んでもハトメの間隔が狭くならず中足部のサイド部分もアッパーの生地が厚めでしっかりフィットします。そのため前足部が緩めでもサイズダウンせずに問題なく使用できています。

また、足裏の土踏まず部分が立体的で収まりが良く前滑りもしにくいと感じます。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい
※上のチャートのハトメの間隔とは靴紐を結んだときに甲の部分がパツパツで広いかギュウギュウに細くなるかを表しています。

アッパーとソール

アッパーの生地は柔らかく足あたりが良いです。中足部あたりは内側に生地がもう一枚重なって少し厚手になり靴紐を通す部分へとつながっています。そのため全体的に横幅が広めの作りながら前足部に比べて包まれるようにしっかりフィットします。

アディダスの他のモデルではこのような内側の生地がシュータンがつながって一体型になっていることがありますがアディスターのシュータンはつながっておらず独立しています。

スリーストライプス(3本線)はデザイン的な模様だけではなく触れてみると硬さがありサイドからのホールド性を高めて歩いても走っても足がブレにくいように感じます。

ミッドソールはREPETITOR+という素材でかなり分厚いですが思ったより足裏に特別な感触はありません。

着地感は踵部が硬めで不安定にならず体重移動もスムーズで中足部から前足部は少し柔らかくなり反発力を感じながら蹴り出せます。ブーストフォームのような分かりやすい柔らかさや強い反発はなく見た目よりも安定性を重視した走り心地です。

ロッカー形状も特徴的でコロンと足が前に進みやすい感覚はありますが他のカーボンプレートなどが搭載されたシューズのようにテコの作用で走力以上に走らされている感覚はなく安心です。

反対にポンポンと反発弾性の強さやフワフワ感を求めると物足りないと思います。

アウトソールのラバー部分はグリップ力と耐久性に優れたContinental(コンチネンタル)ラバーが使われています。横幅の広さも安定性を高めているようでアディダスに限らず他のスタビリティモデルと比べても足がねじれにくい方だと感じます。

踵のフィット性

踵部のフィット性は個人的にもう少し細めが好みですがヒールカウンターが入って硬くしっかりしています。

中敷き

中敷きは表面の手触りや程よい弾力はアディゼロシリーズに入っていそうな質感です。足裏も滑りにくいです。

厚みはつま先部分が約3.5mmで踵部分が約5.5mmです。

最後に

記事作成時点の傾向ではアディダスのランニングシューズは走力的な位置付けに関わらずミッドソールの厚みが大きいモデルが増えているように感じます。

その中でアディスターはスピードを出すよりゆっくりと走れるモデルで厚底ながら分かりやすいフワフワとした柔らかさはないものの、安定性などサポート性に優れているためこれから運動をはじめたい方から安心して使用できるモデルだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました