ミズノ WAVE POLARIS SP(ウエーブ ポラリス SP)のサイズ感と履き心地! レビュー

ミズノのWAVE POLARIS SP(ウエーブポラリスSP)です。

モデル名にウエーブとありますがミズノのシューズに特徴的な波形のプレートは入っていません。ミッドソールは新しいウエーブ構造で硬度の違うフォームを重ね合わせて構成されています。

記事作成時点ではこの新しいウエーブ構造のシューズはウエーブポラリスSPの他にウエーブポラリスEZがあります。

ミズノ WAVE POLARIS EZ(ウエーブポラリス EZ)のサイズ感と履き心地! レビュー
ミッドソールにプレートが入っていない新しいウエーブ構造のシューズで着地の感触はソールの厚みを感じながら安定性も高いです。アッパーのデザインはスタイリッシュですがサポート力が少し弱く感じます。

メーカーの説明によると使用目的は

・これからランニングを始める方に
・ランニングを楽しみたい人に

とあるので走力的には短い距離をゆっくりと走るのに向いていると思います。

スポンサーリンク

ウエーブポラリスSPのサイズ感と履き心地

サイズ感

サイズ展開は少ないです。レディースで23cm~25cm、メンズは25cm~28cmです。ユニセックスモデルは23.0cm~28.0cmです。ウィズ(足囲)はメンズとレディースともに2E相当でワイドモデルはありません。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)
右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm

足を入れてみると26.5cmではアッパーのつま先部分が低く爪の上側が少しきつく感じます。27cmの方が楽ですが全体的にルーズになるので選ぶなら足になじむことを期待して26.5cmです。

ランニングシューズのサイズ感、ミズノ編
ミズノで試したことのあるランニングシューズのサイズ感です。ウィズ(足囲)についてはスリムラストのモデルが無くなったのが残念ですが、低価格モデルにはワイドモデルだけでなく2E相当のレギュラー幅のモデルが増えてきてこれから走り始めたいランナーの選択肢が多くなってきました。

アッパーとソール

アッパーのフィット感はウエーブポラリス EZより強くサポート力もありそうです。生地の素材自体は柔らかさもあり足当たりは良いです。

紐を通す穴はウエーブポラリス EZと同じ内外に5対ですが中足部あたりのホールド性は弱くはないです。

ソールはウエーブポラリス EZと同じに見えます。ミッドソールはU4icX(ユーフォリックエックス)で着地の感触は柔らかさを感じますが安定性はしっかりしてグラつきは感じません。ドロップは低めの8mmです。

アウトソールもこれまでのミズノのランニングシューズとは違う新しさを感じるデザインです。アウトソールラバーの素材はX10(エックステン)が使われて耐久性も高いです。

踵部

踵部も硬くしっかりしていてフィット性が高いです。

中敷は厚め

中敷の厚みはEZに比べて大きく、つま先部分は6.5mmあります。その分足裏の感触が柔らかく感じます。

最後に

ウエーブポラリスSPウエーブポラリスEZと同じサイズではフィット感が強く指周りは少し窮屈に感じます。

また、アッパーのサポート力はウエーブポラリスSPの方が高くよりランニング向きに感じます。着地の感触もしっかりしていてソールの厚みを感じながら安定性も高くプレートは入っていませんがウエーブらしい機能を体感できました。

コメント