ホカオネオネ CLIFTON 8(クリフトン8)は厚底ながら軽やかでソフトなフィット感! サイズ感と履き心地のレビュー

ホカオネオネのランニングシューズ、CLIFTON 8(クリフトン8)です。

CLIFTONシリーズはホカオネオネを初めて履く方におすすめされているスタンダードモデルです。

履き心地としては全体的にソフトで分厚いソールは見た目のイメージより軽やかに走れます。足への負担も少ないため初心者ランナーから安心なモデルです。

選ぶサイズは前モデルのクリフトン7と同じでしたがアッパーのフィット感は異なります。

スポンサーリンク

サイズ感と履き心地

サイズ感

ウィズ(足囲)はレギュラーとワイドがあり、扱っているお店での表記はレギュラーが「D相当」でワイドは「E相当」や「2E相当」となっているところがあります。

サイズ展開は以下の通りです。

メンズ:25.0cm~29.0cm(0.5cm刻み)、30.0cm

レディース:22.0cm~25.0cm(0.5cm刻み)

私の足の実寸サイズ

右足:足長254mm,足囲240mm
左足:足長253mm,足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

私が選んだサイズは前モデルのCLIFTON 7と同じレギュラー幅の26.5cmで足長的には十分な余裕があります。爪の上側や指周りも狭くないです。

横幅はボール部(親指と小指の付け根の足幅が一番広い部分)くらいから中足部にかけては細めで甲の部分もしっかりフィットしますが、他のブランドの「2E相当」がレギュラー幅のシューズと比べて特に「D相当」の表記ほど窮屈には感じません。ワイド幅は履いたことはありませんがもしかすると「E相当」や「2E相当」のイメージよりもっとゆったりしているかもしれません。

また、個人的には足裏の収まりが良く土踏まず部分の適度な盛り上がりが心地よいです。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい
※上のチャートのハトメの間隔とは靴紐を結んだときに甲の部分がパツパツで広いかギュウギュウに細くなるかを表しています。

HOKA ONE ONE公式サイトの商品ページでも「サイズを選択してください」の上に「サイズ表&測定方法」へのリンクがあり、実寸サイズに対してどのサイズを選ぶかの目安を付けることができます。

また、記事作成時点では「おうちでフィッティング」というキャンペーンが行われ対象商品は返品送料無料となっています。

アッパーとソール

ソールの厚みは大きいですが量ってみると26.5cmの片方で245gと見た目より軽いです。

機能的にはクッション性を重視していて対応するプロネーションはニュートラルですが着地の感触はフワフワし過ぎず反発性も適度で不安定にならないです。

ドロップ(つま先と踵部のソールの高低差)は5mmとゆっくりペースで走れるシューズとしては低く、メタロッカーという形状により踵からつま先まで自然な体重移動で足運びがスムーズです。

アッパーについては生地が薄手で通気性が良いです。靴紐を通す穴は内外に5対で個人的には6対だったCLIFTON 7よりホールド性が弱く感じますが、CLIFTON 7で靴紐を結ぶとタイトに感じていた場合は甲の部分や足首周りは素材の柔らかさもありラクなフィット感かもしれません。それでいて生地の編み方が細かく密なところは伸縮しにくいようで走行中に足がブレやすくはないです。

シュータンは両端のバンド状のものがアッパーとつながっていて走行中にズレにくく足を包み込むようにフィットします。

アウトソールのパターンは前モデルのCLIFTON 7から少し変わってラバー部分が少し広くなっています。

踵のフィット性

踵部は生地の素材がスベスベしていることもあり緩く感じてCLIFTON 7の方がホールド性に優れていました。ただ、ヒールカウンターは硬くガッチリしています。私の場合は中敷きを少し薄手でフラットなものに替えるとフィット感がアップしました。

中敷き

中敷きは少しモチっとしてふんわり感もあります。厚みはつま先部分が約5mmで踵部分が約7mmです。足裏の感触やアッパーのフィット感を変えたい場合に他のインソールに入れ替えることができます。

最後に

CLIFTON 8はホカオネオネらしい独特なデザインですが履き心地に大きなクセは感じず他のブランドの定番モデルからの履き替えでも違和感が少ないと思います。

走力的な位置付けは個人的にアシックスで例えるとゲルニンバスやゲルキュムラスくらいな感覚でゆっくりペースで走るのに使いやすいです。ナイキだとペガサスと同じような使用目的で履けそうです。

アシックスのGTシリーズやナイキのズームストラクチャーなどスタビリティモデルが好みの場合はホカオネオネではARAHI(アラヒ)というモデルがオーバープロネーションに対応しています。もっとクッションの柔らかさとボリュームを求めるならBONDI(ボンダイ)というモデルがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました