ランニングシューズのサイズ感、HOKA ONE ONE編!ソールのインパクトだけでなくアッパーの作りも安心感がある!

HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)のランニングシューズでこれまでに試したことのあるモデルのサイズ感です。

どのモデルも分厚いミッドソールが印象的ですがアッパーの作りにも力が入っていてフィット感やサポート性に優れたものが多いです。独特なデザインによる走り心地の大きなクセも特に感じません。

この記事に載せた時点でのあくまで個人的な感想です。実際にしばらく使用したものから、試し履きだけしたものもあります。使用しているうちに感想が変わった場合や新しいモデルについては随時更新します。

私の足の実寸サイズ

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足のサイズは時々変化します。個別にシューズのレビューしているページでは記事作成時点のサイズを記しています。また、足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

他のブランドのサイズ感についてはこちら
スポンサーリンク

ホカオネオネのランニングシューズのサイズ感

KAWANA(カワナ)

KAWANA(カワナ)26.5cmを選び足長的にはつま先部分に手の親指の爪の幅(約1.8cm)一つ分の余裕があり個人的にはちょうど良いです。指周りも窮屈ではなくボール部くらいから踵にかけてはやや細めでしっかりフィットします。

また、シュータンがアッパーとつながっているため外ズレしません。踵部はサイドからつまむとしなり他のモデルと比べるとガッチリ感が抑えられています。しかし、踏んで歩けるようなふにゃふにゃとした柔らかさではなく真後ろの部分は硬く頼りなさはありません。

ウィズ(足囲)はレギュラーの1種類でスポーツショップなどによると「D相当」となっています。参考になるかどうか分かりませんが、例えばアシックスのナローやスリムのメンズモデルは「E相当」ですがそれらと比べてもタイトではなく個人的にはスタンダード(2E相当)くらいの感覚で履くことができます。

使用目的はロードからワークアウトまでとありミッドソールは屋外から室内まで対応してジムトレーニングにも向いているそうです。これから運動をはじめたい方が選びやすいモデルに感じます。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい
※上のチャートのハトメの間隔とは靴紐を結んだときに甲の部分がパツパツで広いかギュウギュウに細くなるかを表しています。

CLIFTON 8(クリフトン8)

CLIFTONシリーズは初めてホカオネオネを履く方におすすめされているスタンダードなモデルです。

CLIFTON 8はウィズ(足囲)がレギュラーとワイドがあり、扱っているお店での表記はレギュラーが「D相当」でワイドは「E相当」や「2E相当」となっています。

サイズは前モデルのCLIFTON 7と同じレギュラー幅の26.5cmを選び足長的には十分な余裕があります。

横幅はボール部くらいから中足部にかけては細めで甲の部分もしっかりフィットしますが、他のブランドの「2E相当」がレギュラー幅のシューズと比べても特に窮屈に感じる方ではありませんでした。

ワイド幅は履いたことはありませんがもしかすると「2E」よりもっとゆったりしているかもしれません。

また、アッパーの靴紐を通す穴は内外に5対で6対だったCLIFTON 7より甲の部分や足首周りはラクになったと感じます。踵部は生地の素材がスベスベしていることもあり緩く感じてCLIFTON 7の方がホールド性に優れていました。ただ、ヒールカウンターは硬くガッチリしています。

シュータンはアッパーとつながっているため外ズレしません。 足裏は土踏まず部分の盛り上がりが心地よくフィットします。

走力的な位置付けは個人的にアシックスで例えるとゲルニンバスやゲルキュムラスくらいな感覚でゆっくりペースで走るのに使いやすいです。ナイキだとペガサスと同じように履けそうです。アシックスのGTシリーズやナイキのズームストラクチャーなどスタビリティモデルが好みの場合はホカオネオネではARAHI(アラヒ)というモデルがオーバープロネーションに対応しています。もっとクッションの柔らかさとボリュームを求めるならBONDI(ボンダイ)というモデルがあります。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい
※上のチャートのハトメの間隔とは靴紐を結んだときに甲の部分がパツパツで広いかギュウギュウに細くなるかを表しています。

CLIFTON 7(クリフトン7)

CLIFTON 7はレギュラー幅の26.5cmで足長的な余裕が十分ありながら、ボール部あたりから踵部にかけてやや細めでしっかりフィットします。

靴紐を通す穴は6対あり中足部のホールド性も優れています。踵部も細い作りでヒールカウンターが硬くしっかりしています。個人的には細めでタイトなフィット感が次のCLIFTON 8より足に合っていて走りやすいです。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい
※上のチャートのハトメの間隔とは靴紐を結んだときに甲の部分がパツパツで広いかギュウギュウに細くなるかを表しています。

BONDI 7(ボンダイ7)

BONDI(ボンダイ)はホカオネオネのロードシューズで最もクッション性の高いモデルです。

ホカオネオネはどのモデルもミッドソールが分厚いですが、その中でもBONDIは他のモデルとはっきり違いが分かるほどソールの厚みとクッション性の高さを感じます。

BONDI 7はウィズ(足囲)がレギュラーとワイドがあります。レギュラーの26.5cmで足長的な余裕は十分あります。横幅や甲の部分はしっかりフィットしますがアッパーの生地が柔らかくて圧迫感はなく快適な履き心地です。

扱っているお店での表記はレギュラーが「D相当」でワイドは「E相当」となっていますが、ワイドモデルも試してみると「E相当」からイメージするようなタイトさはありません。前足部は広めに感じます。

踵部はヒールカウンターのしっかりした硬さがあり、踵が細い方でもフィットしやすい形状記憶フォームのアンクルパットも加わっています。

また、BONDIにはアッパー素材がレザーのBONDI Lや推進力のあるカーボンファイバープレートを搭載しているBONDI Xというモデルもあります。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい
※上のチャートのハトメの間隔とは靴紐を結んだときに甲の部分がパツパツで広いかギュウギュウに細くなるかを表しています。

公式サイトのサイズ表について

HOKA ONE ONE公式サイトの商品ページでは「サイズを選択してください」の上に「サイズ表&測定方法」へのリンクがあり、実寸サイズに対してどのサイズを選ぶかの目安を付けることができます。

私は大きい方の足長が254mmなので一番近い256mmのところを見て26.0cmが良さそうですが、いくつかのモデルを試してみて普段選ぶことの多い26.5cmで足長的には余裕を感じて履きやすかったです。

シューズ選びで1番良いのは実店舗で足に合わせてみることですがそれが難しい場合は返品可能な通販か、記事作成時点では公式サイトで「おうちでフィッティング」というキャンペーンが行われ対象商品は返品送料無料となっています。

HOKA Ⓡ(ホカ)公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました