メガネのサイズ、0.7mmの差でかけ心地が大きく変わる

普段メガネをかけていて2本を使い分けています。

かけ心地は鼻パッドの調整ができるクリングスタイプが良くて使用する時間は長いですが、クリングスタイプの鼻パッドはちょっと力が加わっても歪みやすいので、メガネをかけたまま寝てしまいそうな時、小さな子どもと遊んで叩かれそうな時、または何かぶつかってきそうな時はお手頃なJINSの鼻パッドがフレーム一体型のメガネを使用しています。

そのフレーム一体型メガネは3年くらい使っていますが、ラバーモダン(耳にかかる部分)が割れてちぎれかけていたので新しいメガネを購入しました。

JINSではラバーモダンの交換は無料でしてくれますがレンズに細かい傷が増えてきて、ちょうどオンラインショップで使えるクーポンがあったので安く買えるうちに新しくしました。

オンラインショップで注文し、商品の受け取りは自宅ではなくフィッティングしてもらうために店頭に届けてもらいました。商品は自宅と店頭の他にコンビニでも受け取ることが出来ます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

JINSのオンラインショップでは視覚的にサイズの比較ができる

オンラインショップでは購入する時に、選んだ商品と今使っているメガネのサイズの比較ができます。

商品が表示されているページから「サイズをチェック」のボタンを押してこれまで使用していたメガネのフレームに表記されているサイズの数字を入力すると、上の画像のように表示されます。

画像では見えにくいですが、「レンズの幅」「ブリッジ(鼻の部分)」「テンプルの長さ」の差が数値で出て、形も青く表示されたものが選んだ商品で、オレンジっぽい色がこれまで使っていたメガネで大きさの違いがイメージしやすくなっています。

僅かなサイズの違いでかけ心地が大きく違う

上の画像の上側がこれまで使っていたメガネ、下側が新しいメガネです。見た目に大きな違いはありません。形はウェリントンで鼻パッドがフレーム一体型です。

レンズの天地幅が大きいので少しくらい下にズレても見え方は変わりません。

上の画像はこれまで使っていたメガネの鼻パッド、下の画像は新しいメガネの鼻パッドです。

「ブリッジ(鼻の部分)」は新しいメガネが16.3mm、今まで使っていたメガネは17mmなので0.7mm新しいメガネの方が小さいです。

2つを比べると鼻に当たる部分の形状の違いもあるかもしれませんがブリッジの0.7mmの差は大きいと感じました。

これまで使用していたメガネは鼻のかかり具合が緩く、フレーム一体型は鼻パッド調整が出来ないのでこんなものだろうと思っていましたが、新しいメガネは鼻のかかり具合がよいです。

足に履くシューズでも5mmのインソールを4.5mmのものに交換すると履き心地がかわり緩くなります。わずかな差でも人の身体は大きな違いを感じるのだなと思いました。

今回はサイズの違いでかけ心地が良くなりましたが、逆に悪くなることもあります。店頭で実際に商品を手に取ってかけ心地を確認出来れば一番良いですが、オンラインショップで購入される場合はサイズが表記されているので、それまで使っていたメガネと比べて大きく違わないものを選ぶ方が良いかもしれません。

フィッティングはちゃんとしてもらおう

オンラインショップでの購入は都合の良い時間に店頭にない商品が注文出来て自宅まで届けてくれるので便利ですが、なるべくJINSのお店に行ってフィッティングしてもう方が良いです。

今回購入したメガネは鼻パッドがフレーム一体型でその部分の調整は出来ませんが耳にかかるテンプルはしっかり角度をつけて曲げてもらいました。帽子をかぶった時にあまり角度がついていないとテンプルがスポーツ用のメガネのように帽子に触れたり重なってかけ心地が悪くなります。

ついでに傷んでいたラバーモダンもキレイになりました。新しいメガネの受け取りと同時に交換してもらいました。

ラバーモダンは自分で曲げて耳のかかり具合を調整できます。しかし私はお店の人にお願いしています。店員さんにも上手な人とそうでない人がいますが自分でやるより安心です。

楽天ウィジェット
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする