HOLY STONE HS340、カメラ付きミニドローンの屋内でのサイズ感とカメラ機能について! レビュー

HOLY SRONE(ホーリーストーン)のドローン、HS340です。

機体重量は50gでトイドローンと言われるものです。今年(2022年)の6月20日から100g以上のドローンを含む無人航空機は屋外で飛行させる場合に国土交通省への登録が義務化されますがその対象外のため気軽に手にしやすいです。

しかし、ドローンは100g未満であっても屋外で飛ばせる場所が近くになく屋内だけで楽しむことも多いようです。そうなると購入前に気になるのは重量よりサイズになると思います。

屋内だけで遊ぶには小さいほど良いのか、それともある程度大きさのある方が安定して操作がしやすいのか迷って選んだのがHS340です。対象年齢は14歳以上となっています。

ちにみに通販サイトでのブランド名はHolyton(ホーリートン)と表示されますが、届いた製品のパッケージなどはHOLY SRONEとなっています。

※HOLY STONEのサイトでは100g以上と100g未満を分けてまとめられた画像があり分かりやすくなっています。

スポンサーリンク

HS340で遊んで気付いたこと

家の中で遊ぶには大きめのサイズ感

HS340のサイズはプロペラガードを付けると長いところで18cmくらいありミニドローンと言われる中では小さくないです。上の画像の機体の下にある白い紙は郵便ハガキ(10×14.8cm)です。

8畳の部屋で飛ばしてみると送信機(コントローラー)のスティックを少し動かすだけですぐに壁に届いてしまい狭く感じます。

スピードは3段階あって一番遅い「低速モード」でも部屋の中では速く感じます。やはり屋外の方が一番速い「高速モード」で勢いよく飛ばせて楽しめると思います。屋内では体育館とはいかないまでもテニスコートくらいの広さがあると風の影響もなくて良いかもしれませんがなかなかそういう場所を探すのは難しそうです。

部屋の中では決めた場所への着陸の練習や高速旋回と3Dフリップなどの狭い範囲での動きが中心になります。これだけでも楽しいですが操作に慣れてくると物足りなくなります。

100g未満のトイドローンでも重量やサイズの種類がいくつかあるため家の中でいろんな動きをさせて遊びたいときはもっと小さいサイズの方が良かったです。HOLY SRONEにもHS340より小さく部屋の中で楽しめそうな製品があります。

カメラ機能も屋内での使用は向いていない

カメラ機能を使うには専用アプリをインストールしたスマートフォンが必要です。

送信機のスマホホルダーはしっかりしていて大きめのスマートフォンでもグラついたりせず安定します。

カメラ付きのドローンでは機体を目視だけでなくFPVというカメラの目線で遊んでみたくなりますが、スマートフォンの画面には期待通りにリアルタイムに機体カメラの映像が映ります。

そこで、別の部屋から部屋へ移動させると家の中を広く使って楽しめるかと思いましたがこれはかなり難しいです。廊下など細いところはすばやく通り抜けないとゆっくり慎重に進めていては機体自体が起こす風で壁に吸い寄せられ虫みたいにペタッとくっついてしまいます。

FPVをするにも広い場所の方が良さそうです。屋内の狭い場所では目視で難しい操作はトイドローンであるHS340ではさらに大変に感じました。

撮影については送信機のボタンで行うことができて写真と動画のどちらもスマートフォンに記録できます。ただ、機体にマイクはないため動画に音声は入りません。

上の画像はHS340のカメラで撮影したもので写りはあまりよくないです。パソコンやケータイの画面では何とか見れますが少し拡大すると粗さが目立って印刷には全く向いていません。屋内の薄暗いところでは更に移りが悪くなります。できれば屋内より屋外で普段見ることができない高い場所などから撮影すると多少画質が悪くても楽しめそうです。

また、機体のカメラとスマートフォンはWi-Fiでつながる仕組みです。映像が途切れたり遅延はないですが接続が面倒です。操作を誤って墜落など機体に衝撃があると送信機との通信が切れてペアリングしなおしますが、カメラとスマートフォンの接続もやりなおしてアプリを再起動しなければなりません。また、スマートフォンの機種によってはモバイルデータ通信を切ってからWi-Fiに接続するなど手順が多いです。

バッテリーの着脱は簡単

バッテリーの着脱は簡単です。バッテリーからケーブルが伸びておらずコネクタを付け外すタイプよりスムーズでラクです。

HS340にはバッテリーが2個付属して飛行時間は合わせて22分とありますが、連続では使用せず一つバッテリーが切れたら10分程度モーターを休ませた方が良いそうです。

充電時間は約60分ですが残量によって早くなります。充電が完了したら速やかに充電ケーブルから外すように説明がありますので出かける前や就寝前はダメなようです。また、2週間以上使用しない場合は満充電後に2分程度飛行させて50~70%程度の容量で保管するなどバッテリーの取り扱いについての注意もありますので安全に楽しむために確認しておいた方が良いです。

最後に

HS340は家の中で遊ぶには大きめでしたが操作は簡単でいろんな動きができるため広い場所があれば楽しめるドローンだと思います。もっと機体サイズが小さい製品の方が家の中でも動かせる範囲が広く感じます。

カメラ機能については私の周りの少ない情報ですが特に子どもだとカメラの映像を見るより自分の目で機体が浮いたり回転するのを見る方が楽しいと感じている印象です。お子様向けの製品を検討されている方でカメラなしのモデルでも喜んでもらえそうでしたらプロペラガードなどの安全面が高い製品もあり価格も手頃だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました