アディダス ADIZERO JAPAN 4(アディゼロ ジャパン 4)のサイズ感と履き心地! レビュー

アディダスのADIZERO JAPAN 4(アディゼロ ジャパン 4)です。

走力的にはサブ4レベルのランナー向けです。ミッドソールがブーストフォームになってから4代目ですが前モデルとはアッパーのサイズ感と履き心地が大きく違うので必ず試し履きが必要です。

スポンサーリンク

アディダス アディゼロジャパン4のサイズ感と履き心地

サイズ感

アディゼロジャパン4のサイズ展開は大きいです。レディースでもカラーによって違いますが22.0cm~29.0cmです。メンズでは24.5cm~31.0cmで1番大きいサイズまで0.5cm刻みであります。

ウィズ(足囲)が「E相当」と「2E相当」のワイドモデルがあり日本人の足型にフィットしやすいとされるMICROFIT(マイクロフィット)ラストです。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)
右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

選んだサイズは「E相当」の26.5cmです。前モデルはかなりタイトに感じて27.0cmでも窮屈に感じましたがアディゼロジャパン426.5cmでもまだ余裕があるサイズ感です。靴紐を結んでもパツパツにならず初めのうちは薄手のソックスを使用していましたが厚手のものでもつま先や甲の部分に圧迫感はありません。

これまでアディダスの商品説明に「通常よりハーフサイズ大きめを推奨」とあるモデルの場合はかなり小さく感じることが多かったですがアディゼロジャパン4は個人的にはそれほど小さめには感じませんでした。ただ、同じアディゼロジャパン4でもカラーによっては商品説明で単に「レギュラーフィット」とだけ書かれているものもあります。

ちなみにブーストフォームになってからの初代アディゼロジャパンは26.0cmで余裕のある履き心地でした。2代目は実際には使用していないのであいまいですが試し履きでは26.5cmでちょうど良かった気がします。

ランニングシューズのサイズ感、アディダス編
これまでに試したことのあるアディダスのランニングシューズのサイズ感です。アディダスのシューズは幅が狭いイメージがありますが、日本人の足型に合うmicrofitラストやワイドの展開があるモデルもあります。サイズ感も幅があり、私の場合ウィズ(足囲)にもよりますが25.5cmでも問題なく履けたり27.0cmでもややきつく感じることもあります。

アッパーとソール

アッパーの作りについては前モデルと大きく違ってます。スリーストライプスの補強が無くなりましたがアッパーの内側に変わりの補強がありサポート力は落ちていません。

フィット感は細身でタイトさがありますが前モデルほどの窮屈感はないです。

ソールについては前モデルと変わっていないようでミッドソールはサブ4用としてはそれほど厚みは感じず硬めの素材とBOOST(ブースト)が重なってブースト特有の不安定なフワフワ感は少なく感じます。踵部の内側には踵の倒れこみを少しでも抑えるためか硬いパーツが付いています。

中足部には樹脂製のプレートがあり足のねじれを抑えて安定性を高めてくれます。アウトソールはグリップ力に優れたContinental(コンチネンタル)ラバーと耐久性の高いadiWEAR(アディウェア)です。

踵部

踵部も硬く細く出来ていてフィット性とホールド性が高いです。

中敷

中敷はいつもの変わらないアディゼロという感じで個人的にはどんなソックスでも足裏が滑りにくく好きです。つま先部分の厚みは4.5mmくらいです。

最後に

アディゼロジャパン4は見た目も機能性も本格的なランニングシューズという感じですが初代モデルの説明にはウォーキングにも向いているとありました。今回のモデルもランニングだけでなく歩くだけの目的でも使いやすいです。ウォーキング用のシューズは横幅がゆったりとした作りのものが多い気がしますので細めの履き心地を探している方に合うかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました