プーマのNETFIT、紐の結び方が無限で自分好みのフィット感に!

「無限の結び方」「ランナーの足幅や形に合わせてシューレースをカスタマイズできる」という言葉に惹かれてプーマのランニングシューズ、NETFIT(ネットフィット)が気になっています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

PUMA NETFITでいろんな足にフィット


NETFIT(ネットフィット)はシューズのアッパーが2層になっていて外側のネット状の素材全体が靴紐の通せるシューレースホールになっています。

好きなところに紐を通すことができ、幅狭から幅広まで足幅に合わせたり、プロネーション対策や踵周りのホールド性を高めるなど結び方で好みのフィット感に調整できるそうです。

シューズを購入しても、サイズは合っているはずなのになんとなく履き心地の悪さに悩まされることがあるので、後から靴紐の通し方や結び方でフィット感をいろいろ試して調整できるところに魅力を感じます。

NETFITにはいくつかラインナップがあるそうですがプーマ公式サイトでランニングのカテゴリーでは2つのタイプがありました。

  • イグナイト NETFIT
  • スピード イグナイト NETFIT

いずれも走力的な位置付けはよく分かりません。

スピード イグナイト NETFITはメンズ用ではSUB5向けとあり、ウィメンズではキロ4-5分ペースと速く走る人向けとなっていて説明が違っています。イグナイト NETFITはもう少しゆっくり走るためのシューズでしょうか。

日本語の「次」という言葉からネーミングされたTSUGI NETFITという普段履きに良さそうなシューズもあります。

このNETFITは、靴紐でいろいろデザイン出来るのでファッション的な要素も強い感じがしますが、ランニングシューズとしての機能もしっかりしているそうなので近くで取り扱っていれば試してみたいです。

以下、プーマ イグナイト NETFITの動画です。

アシックスのカスタムアイレットステイ

紐の通し方でフィッティング調整といえば、アシックスのカスタムアイレットステイというのを思い出しました。

前に履いていたフェザーファイン2はカスタムアイレットステイが採用されていて、甲の高さや形に合わせて靴紐を締めるポイントを変えることができました。

下の写真2つはフェザーファイン2ですが、右足用と左足用で紐を通している穴を変えています。

つま先側から3番目と5番目に外側と内側それぞれに2ヶ所穴があり、好きな方に紐を通しフィッティングを調整できます。シューズ自体の評判も良かったと思いますが、最近のランニングシューズには採用されていないようです。

最後に

各メーカー、定番のシューズには変わってほしくないと思うところがありますが、新しい機能が付いた目新しいシューズは自分に合うものが見つかりにくく悩んでいるときは期待してしまいます。新しいアイデアや技術でラインナップが増えることはシューズ選びが楽しくなるのでいろいろ出して欲しいです。

楽天ウィジェット
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする