ナイキ エア ズーム ペガサス 35のサイズ感と履き心地!レビュー

ナイキ エア ズーム ペガサス35です。

あらゆるレベルのランナーに対応できるモデルですが、特に初心者ランナーがゆっくりペースで走るのに向いていると思います。

踵からつま先まで足裏に柔らかさを感じる高いクッション性が快適でアッパーのフィット性も優れています。

スポンサーリンク

エア ズーム ペガサス35のサイズ感と履き心地

サイズ感

ズーム ペガサス 35のサイズ展開はウィズ(足囲)によって違いますが、メンズでは24.5cm~30.0cm、レディースは22.5cm~26.5cmです。

ウィズ(足囲)の展開はメンズが標準(2E相当)とエクストラワイド(4E相当)の2つのタイプで、レディースでは標準とワイドとD相当の細いモデルの3つのタイプがあります。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)
右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm

選んだサイズは標準(2E相当)の26.5cmでつま先に少し余裕がありますが他の部分は隙間なくフィットする感じです。

シューズの作りは細めですがアッパーの素材は柔らかく伸縮性もありるので圧迫感は少ないです。

ランニングシューズのサイズ感 ナイキ編
これまでに試したことのあるナイキのランニングシューズのサイズ感です。

アッパーとソール

アッパーについてはハトメ(靴紐を通す穴)の数が前モデルより1対少なく位置も後方にズレています。そのためか指周りが楽に感じます。

履き口の後部は外側へ反らすことでアキレス腱に接触しないようになっていますが個人的には旧モデルでもアキレス腱が気になったことがないので違いは分かりません。

中足部あたりはシューレースと連動したFlywireケーブルによって足がしっかり固定されます。

ミッドソールはZoom AirとCushlonフォームの組み合わせで着地の感触はペガサスらしい分かりやすい柔らかさです。

アウトソールは前モデルから少しパターンが違っています。また、踵部分がせり出すようになっていて着地の安定性が向上しているようです。

踵部

踵部は前モデルより少し浅い履き心地ですが緩くはなくホールド性は前モデルより良くなっていると感じます。

中敷の厚みは大きい

中敷の厚みは大きく柔らかいです。つま先部分の厚みは6.5mmくらいあります。

最後に

エア ズーム ペガサス35は前モデルと比べてアッパーの作りが変わりましたがサイズ感は同じでした。

ソールの感触も旧モデルと比べると微妙に違いがありますがペガサスらしいソフトな着地感は変わらず、ゆっくりペースで長時間走れるサポート力も感じました。

コメント