アシックス GT-2000 NEW YORK 6はつま先が楽になった!旧モデルとサイズ感の比較 レビュー

アシックスの新モデル、GT-2000 NEW YORK 6が発売されたので試してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

GT-2000 NEW YORK 6の特徴と足を入れてみた感想

新モデルの特徴

人気シリーズの6代目となるGT-2000 NEW YORK 6は前モデルの5代目に比べてアッパーの作りが大きく変わりました

まず、つま先部分の補強が変わりました。

5代目では耐久性を強化するため人工皮革の補強がやや広い範囲にありましたが、そのため親指の先が触れて気になっていました。

新モデルの6代目つま先部分の人工皮革の補強がなくなり柔らかくなりました。この点は私にとっては指の周りが楽になって良かったです。

次にシューズ側面のアシックスストライプがゲルカヤノ24と同じように外側だけになっていて、つま先と合わせてアッパーの補強が少ないと感じました。

踵部は外側に付いていたヒールカウンターがアッパーに内蔵されています。

ミッドソールがFlyteFoam(フライトフォーム)になりました。これによりGT-2000シリーズ史上最軽量モデルらしいです。

足を入れてみると踵から中足部のフィット性、ホールド性は良いと感じました。中足部の補強の少ないことは気にならず、いろんな方向に足をねじってみても踵が浮くことがなくしっかりつかまれているようでした。

サイズ感

GT-2000 NEW YORK 6はこの記事作成時点でアシックスの公式サイトや私が試した店と通販サイトを見る限りでは、メンズではウィズ(足囲)の展開はレギュラースーパーワイドスリムがあり、レディスではレギュラーワイドでスリムはありませんでした。

サイズはどのウィズ(足囲)でもメンズで24.5-30cm、レディースで22.5-26cmです。

足の実寸サイズ(記事作成時点)は
右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm

サイズ感については前モデルの5代目と比べて新モデルの6代目の方がアッパーの素材や構造的につま先にやや余裕がると感じました。5代目と同じサイズを選ぶとややルーズに感じる方もいるかもしれません。しかし4代目までと比べると6代目もサイズは小さめに感じます。

試し履きしたサイズは、26cm26.5cmで、26cmでは小さくつま先がアッパーの内側に当たり、26.5cmではレギュラーだと幅が緩い感じでスリムで良さそうな感じです。5代目では26.5cmはレギュラーでも小さく感じ。27cmにしようかと迷ったくらいでした。

GT-2000 NEW YORK 旧モデルのサイズ感

新モデルのGT-2000 NEW YORK 6と比べて旧モデルのサイズ感です。

これまでGT-2000 NEW YORKは3代目以外は使用したことがあります。

初代GT-2000 NEW YORK

サイズ的にはシリーズの中では一番大きく緩く感じました。レギュラーだと25.5cmでも履けました。

しかしレギュラーでは踵が緩く、スリムの26cmでちょうど良い感じでした。

GT-2000 NEW YORK 2

GT-2000 NEW YORKの中ではアッパーのホールド性、踵のフィット性が1番しっくりきたモデルです。ソールも硬くしっかりしていて良かったです。

サイズはメンズのスリムの25.5cm26cm、レディースのレギュラーの26cmも履きました。25.5cmは良くフィットして走りやすかったですが、長時間使用すると指が痛くなりました。26cmの方がつま先に余裕が出来て合っていました。

しかし、この2代目ではレディース26cmがメンズより甲の部分が低く、踵が細くて1番良かったです。しかしこれ以降のモデルではサイズが小さく合わなくなりレディースは使用していません。

GT-2000 NEW YORK 3

3代目は試し履きだけしましたがこのモデルから5代目までゲルカヤノと同じヒールクラッチングシクテムが採用されました。(ゲルカヤノは24からメタクラッチになっている)

サイズは26cmでは小さく感じました。26.5cmにしようか迷いましたが、2代目を長く使用していたのでその間に4代目が発売されて3代目は使用しませんでした。

GT-2000 NEW YORK 4

4代目のGT-2000 NEW YORKです。アッパーは柔らかく足あたりが良かったです。

サイズはスリムの26cmを選びましたが、初代2代目より小さくつま先に余裕がない履き心地でした。

アッパーの感触は柔らかいですが、踵が頼りなくスルスルと浮く感じがあり走っても歩いてもあまりしっくりきませんでした。ヒールカウンターが外側に付く形はあまり私には合いませんでした。

GT-2000 NEW YORK 5

ソフトな足あたりの4代目よりアッパーがカッチリしていると感じました。

全体的なホール性、踵のフィット性は2代目の次に好きですが、サイズが小さく26.5cmでもつま先の補強が親指に触れて気になりました。

サイズは27cmも考えましたが、スリムの26.5cmにしました。

3代目と4代目と同じヒールカウンターが外側に付いていますが、フィット性は悪くありませんでした。ソールの硬さも好みでした。

最後に

サイズ感はあくまで私の個人的な感想ですが、GT-2000 NEW YORKは初代では25.5cmでも履けましたが、だんだん小さくなり5代目では27cmと迷うほどでした。

新モデルの6代目5代目よりは少しつま先部分に余裕が出来て楽になった印象です。しかしそれでも4代目までと比べるとやや小さく感じました。

ソールについても2代目5代目の硬さが個人的には好みでした。6代目FlyteFoam(フライトフォーム)になり着地がソフトで軽くなったそうなのでその感触も気になります。

楽天ウィジェット
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする