アディダス SL20.2のサイズ感と履き心地! レビュー

アディダスのランニングシューズ、SL20.2です。

走り心地は軽やかでスピードを感じながらもソールはクッション性に優れ比較的ゆっくりペースにも対応しています。

前モデルとサイズ感は同じですが、アッパーのフィット感とソールの形状は変わっています。

スポンサーリンク

サイズ感と履き心地

正確なサイズ展開は分からないですが、アディダスの公式オンラインショップや他の通販サイトを見ると記事作成時点では少なくとも以下のサイズがあります。

メンズ:24.5cm~31.0cm(0.5cm刻み)

レディース:22.0cm~26.5cm(0.5cm刻み)

ウィズ(足囲)はレギュラーフィット(2E相当のモデル)だけでワイドフィットはないようです。

サイズ感

私の足の実寸サイズ

右足:足長254mm,足囲240mm
左足:足長253mm,足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

サイズはランニングシューズで選ぶことが多い26.5cmにしましたが、前モデルのSL20と変わらずアディダスのレギュラーフィットのモデルの中では小さめでつま先の余裕が少ないです。

横幅は他のアディダスのレギュラーフィットと比べて狭くはなく甲の部分も圧迫感がありません。反対に緩くもなく中足部から踵にかけてはしっかりフィットします。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい

アッパーとソール

アッパーの生地は前モデルよりも少し柔らかくやさしいフィット感です。外側にしっかりした補強などは少ないですが内側がサポート力を高める作りになっていて走行時に足はブレにくく通気性も良いため快適です。

ミッドソールの素材はLightstrike(ライトストライク)が使われ、軽量で反発力とクッション性がありながらブーストフォームのようにフワフワし過ぎません。

前モデルと比べてミッドソールの厚みは小さくドロップは僅かに低くなっています。(ミッドソールドロップは9.5 mmでヒールの厚みは21.5mmで前足部の厚みは12mmです。)

アウトソールのパターンは前モデルから変わり、形状もフラットソールになって接地から蹴り出しまではスムーズです。

ラバー部分はグリップ力に優れたContinental(コンチネンタル)ラバーも使われています。

踵のフィット性

踵部はヒールカウンターが入って硬さがあり緩さも感じずホールド性が高いです。

中敷き

中敷きはアディゼロと同じような感触のものが入っています。手に持つと柔らかさがありますが、足をのせても沈んだりふわふわすることなく程よい弾力で表面は滑りにくいです。

つま先部分の厚みは約4.5mmで踵部は約6mmです。

最後に

SL20.2はアディダスの公式サイトを見るとミッドソールの厚みやドロップはアディゼロ RC 3と同じです。

アディゼロ RC 3はランニングに慣れてきてスピードアップを求めるランナー向けでもありますが、アディゼロシリーズの中では比較的ゆっくりペースにも対応しています。

SL20.2も長時間ゆっくりペースで走る場合には他の初心者向けのモデルに比べるとサポート力が物足りないかもしれませんが、ソールの厚みやアッパーのフィット感はこれから運動をはじめたい方にも優しく使いやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました