アディダス adizero japan 5(アディゼロジャパン5)のサイズ感と履き心地! レビュー

アディダスのランニングシューズ、adizero Japan 5(アディゼロジャパン5)です。

前モデルと比べてデザインだけでなくアッパーのフィット感やソールの着地感が大きく変わりました。

走力的にはアディダスのサイトによると前モデルのアディゼロジャパン4と同じ「フルマラソンで4時間以内の記録を目指すランナーにおすすめ」とあります。

記事作成時点のアディゼロシリーズはデザインがよく似ています。アディゼロ以外のモデルも含めたアディダスのシューズチャートは下のリンクから見れます。

アディダス ランニングシューズチャート | 【公式】アディダスオンラインショップ -adidas-
【adidas公式】ランニングの目的に合わせて最適なランニングシューズが一目でわかるアディダス ランニングシューズチャート。【アディダスオンラインショップ】
スポンサーリンク

アディダス アディゼロジャパン5のサイズ感と履き心地

サイズ感

ウィズ(足囲)はレギュラーフィットが2E相当でメンズワイドは3E相当です。前モデルではそれぞれE相当と2E相当でした。

サイズ展開は0.5cm刻みで以下の通りです。

  • レディース:22.0cm~27.0cm
  • メンズ:24.5cm~31.0cm。アマゾンでは23.0cmからある。
  • メンズワイド:25.0cm~31.0cm
  • 日本限定モデルのFX0501:22.0cm~31.0cm
私の足の実寸サイズ(記事作成時)
右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

選んだサイズはレギュラーフィット(2E相当)の26.5cmです。ウィズ(足囲)がE相当から2E相当になったようですが個人的には横幅がやや広くなった程度で甲の部分は逆に少し低くなったと感じます。前モデルの同じサイズと比べるとつま先の余裕がやや少ないですがサイズアップするほどではなかったです。

前モデルのような細くてつま先の余裕が大きい履き心地はBekoji2の方が近い気がします。(但し、初代のBekojiは幅が広めです。)

アディダス adizero Bekoji 2のサイズ感と履き心地! レビュー
サブ3を目標にする上級者ランナー向けに変わったようですがミッドソールの作りは前モデルとあまり変わらずアッパーのフィット感についてはタイトになっています。
ランニングシューズのサイズ感、アディダス編
これまでに試したことのあるアディダスのランニングシューズのサイズ感です。アディダスのシューズは幅が狭いイメージがありますが、日本人の足型に合うmicrofitラストやワイドの展開があるモデルもあります。サイズ感も幅があり、私の場合ウィズ(足囲)にもよりますが25.5cmでも問題なく履けたり27.0cmでもややきつく感じることもあります。

アッパーとソール

アッパーの素材は前モデルでは少し柔らかさのあるフィット感でしたが、今回のモデルは薄手で少しカッチリとしています。

シュータンも薄くなり中敷きの下までつながっていて(上の画像の親指の右側の縫い目あたり)、足の側面から甲にかけて包むようになっています。このためかボール部から中足部のフィット性が高く感じます。また、シュータン自体に長さがありますがBekojiのように足首に圧迫を感じることはなかったです。

前モデルのアディゼロジャパン4ではシュータンがふんわりしていて外側と内側が靴紐を通す穴の近くで縫い付けられていました。

また、今回のシュータンには前モデルより素材自体の通気性が悪いのか所々に穴が開けられています。

ミッドソールについてはBOOST(ブースト)フォームが搭載されてから4代目のアディゼロジャパン4までは前足部までBOOST(ブースト)フォームが入っていましたがアディゼロジャパン5は踵部の2層になっている下側だけブーストで、あとはLIGHTSTRIKE(ライトストライク)という軽量ながら反発力に優れている素材が使用されています。そのため前足部は反発重視の硬めの感触かと思いましたが個人的にはサブ4を目指すランナーに応じたクッション性はしっかり感じました。

ただ、アディゼロジャパン4まではサブ4ペースよりゆっくりでも使いやすかったですが、記事作成時点のアディゼロの中ではadizero RC2の方がミッドソールがライトストライクでブーストは使われていませんがクッション性は高くサブ5ペースくらいで走るのには向いていると思います。しかし、アッパーのフィット性はウィズ(足囲)が同じ2Eでも違うので注意が必要です。

アディダス adizero RC 2のサイズ感と履き心地! レビュー
前モデルよりソール機能性とアッパーのフィット感が違っています。アディゼロの中ではゆっくりペースで走れるシューズになっています。

ブーストフォームが好みの方はボストン8の方が合っているかもしれません。

アディダス ADIZERO BOSTON 8(アディゼロ ボストン 8)のサイズ感と履き心地! レビュー
ラストが変更されウィズ(足囲)の表記は前モデルより細くなったが同じサイズでもつま先部分の圧迫はなくなり着地の際のクッション性も良い。

アウトソールのパターンとトルションシステム(中足部あたりにあるパーツ)の形状も新しくなっています。素材は前足部にグリップ力に優れたContinental(コンチネンタル)ラバーが使われ、踵部は耐久性の高いadiWEAR(アディウェア)です。

見た目にはadizero bekoji2やadizero RC 2と似ています。接地面の横幅はbekoji2より広くアディゼロシリーズの中でも安定性が高い方だと思います。

踵部

踵部はヒールカウンターが硬くしっかりしていて細くホールド性は高いです。

縦の縫い目が曲がっているのが気になりますが仕様のようです。他のアディゼロのモデルでも曲がっています。

中敷き

中敷きの感触はこれまでのアディゼロと変わりません。表面はゴミが付きやすく感じますが柔らかすぎない程よい弾力で使いやすいです。つま先部分の厚みは4mm弱です。

最後に

アディゼロジャパンは新しいモデルが出る度にサイズ感が変わることがありますが、今回のアディゼロジャパン5はソールの作りも大きく変わりました。試着の際にはサイズを合わせるだけでなく着地の感触にもいつもより気を遣う必要があると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました