100均の手首サポーターを足に付けてシューズのフィット感をアップさせてみた

100均の「手首用のサポーター」をに付けてみました。

足長的にちょうど良いと思って履き始めたシューズが、だんだん馴染んできて履き心地がルーズになってくることがあります。

しかし、厚みのあるインソールやソックスでサイズ調整しようとするとシューズによってはつま先がきつくなったり踵が浅くなってしまいます。

そこで、手首用のサポーターで足囲部分にだけ厚みを持たせてシューズのフィット性がアップするか試してみました。

スポンサーリンク

手首用サポーターを足に付けてみた感想

100円ショップの手首用サポーターにはいくつか種類があり、それぞれ生地の厚みや伸縮性が違います。

今回はセリアで購入した2つのタイプを試してみました。黒い方は「炭サポーター」という商品名で白い方はただ「サポーター」と書かれていました。それそれ2枚入です。

つま先や踵に影響せずフィット性がアップできる

手首用サポーター足の親指と小指の付け根あたりボールジョイント(ボール部)と言われる足の一番広い部分を覆うことができる位置に取り付けてみます。

上の画像の黒いサポーターは厚みがあり生地もやや硬くしっかりしています。

そのため、サポーターを付けている部分と付けていない部分の厚みの差で少し違和感があります。

しかし、締め心地はソフトで圧迫感は感じませんでした。

上の画像の白いサポーターは黒い方に比べると生地は薄く付け心地はさらに柔らかいです。足にもなじみやすいと感じます。

サポーターの生地の厚みの選択はシューズと足とのフィット感の好みだと思いますが、個人的には薄手のサポーターでも厚みを十分に持たせることが出来てシューズの中で違和感も少ないです。

手首用サポーターを付けた状態でシューズを履いてみるとつま先が窮屈にならずにサポーターを付けた部分のフィット性がアップし、つま先へ足が滑りにくくなったように感じます。

また、いつでも外せるようにソックスの上から付けていましたが、歩いたり走ったりしてもシューズの中でズレることもありませんでした。

横幅が緩くて履く機会が少なくなったシューズが少し履きやすくなったと思います。

ただ、本格的なスポーツや長時間の歩行などハードな使い方には向いていないかもしれません。

手首用サポーターを足に付けるときの注意点

手首用のサポーターに使うのは本来の用途とは違うため問題が起きても自己責任になります。

手首用のサポーターなので足の大きさによっては締め心地が強く感じるかもしれません。私の場合は今回使用したどちらのタイプも圧迫感はなく楽な付け心地でした。

また、無理に厚みを大きくしてシューズを履くと足への負担が心配なので、薄手のもので短い時間から試した方が良いです。

コメント