ニューバランス VIAZA(ビアザ)のサイズ感と履き心地! レビュー

ニューバランスのランニングシューズ、VIAZA(ビアザ)です。

ニューバランスでのカテゴリは速いペースよりもゆっくりと楽しみながら走れるモデルが多い「フィットネス」となっていますが、軽やかで前に進みやすくアウトソールの形状や耐久性は部活性にも向いています。

スポンサーリンク

サイズ感と履き心地

サイズ感

ウィズ(足囲)の表記はメンズとレディースそれぞれニューバランスの中では一番細いタイプの「D」と「B」のみです。

サイズ展開はメンズでは25.0cm~29.0cm、レディースは22.5cm~25.5cmです。

私の足の実寸サイズ(記事作成時)

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

VIAZA(ビアザ)のサイズはメンズの26.5cmを選びました。

私の場合は他のニューバランスのウィズ(足囲)が「D」のモデルでは26.5cmだとタイト過ぎることもありますがVIAZAは足長的につま先に十分な余裕があり爪の上側はやや低いですが圧迫を感じるほど狭くはないです。

前足部の横幅も「D」としてはやや広めに感じますが中足部のサイドと踵部は細めでしっかりフィットします。

足長小さい|・・・・・・|大きい
爪の上側低い|・・・・・・|高い
横幅細い|・・・・・・|広い
甲の部分低い|・・・・・・|高い
ハトメの間隔細い|・・・・・・|広い
かかと部細い|・・・・・・|ゆるい
※上のチャートのハトメの間隔とは靴紐を結んだときに甲の部分がパツパツで広いかギュウギュウに細くなるかを表しています。

アッパーとソール

アッパーの生地は全体的に薄手で前足部から中足部まではメッシュ状で通気性が良く足あたりも快適です。

甲の部分は低くなく靴紐をしっかり結ぶとハトメの間隔がやや細めになります。個人的にはハトメの間隔はパツパツな方が中足部のホールド性が高くなるので少し物足りなく感じますが、甲の部分に圧迫を感じたくない方には向いていると思います。

ミッドソールは接地時に踵部から前足部まで厚みを感じ、素材のDYNASOFT(ダイナソフト)はふんわりとしてクッション性は高く程よく弾みます。

アウトソールは前足部の外側をラバーで囲むような形が直進だけでなく横方向の動きでも安定性があるようで様々なトレーニングに向いているようです。

踵のフィット性

踵部は大きめのヒールカウンターが採用されているようですがガッチリとした硬さではありません。しかし、フィット性は良く踵が安定します。

中敷き

ミッドソールは柔らかさを感じますが、中敷きは特にふわふわした柔らかいものではないため足裏にクセはなく沈み込んだりもしないので個人的には使いやすいです。厚さは前足部は約4mm、踵部分は約5mmです。

最後に

VIAZAは本格的なランニングシューズとしては価格が低めながら機能性に優れこれから運動をはじめたい方からランニングに慣れてきた方がトレーニングで履きつぶす使い方にも向いています。

ウィズ(足囲)はメンズとレディースともにニューバランスの中での一番細いタイプだけですが、個人的にそれほどタイトな履き心地ではないです。足の形にもよりますが普段他のブランドで2Eくらいのモデルを使用している方でも合うかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました