グンゼの新しくなった布製マスクの着け心地!口元が凹まず呼吸がラクで見た目もよくなった! レビュー

グンゼの布製マスクの年間タイプが新しくなりました。

商品名はちょっと長い「肌着屋さんがつくった肌にやさしい布製マスク(商品番号:MAS022A)」です。

個人的に1番の気に入っている点は肌触りで益々快適になり、旧モデルで不快だった口元の凹みも改良され着け心地がアップしています。

洗ってくり返し使うことが可能で自社国内工場にて一貫生産されている安心感もあります。

スポンサーリンク

新しくなったグンゼの布製マスクの特徴と着け心地

グンゼ 布製マスクの特徴

価格は2枚入りで1,298円(税込)グンゼストアで購入できます。記事作成時点ではマスクだけの購入なら送料無料でスマホのアプリをダウンロードするとすぐに使える10%OFFのクーポンがもらえます。

サイズはフリーの1種類で男女兼用の大人向けです。カラーについては旧モデルはライトグレーで新モデルはクリアグレーです。新モデルの方が白に近く明るい色合いに感じます。

GUNZE グンゼ メンズ 肌にやさしい洗える布製マスク(2枚入り)マスクのみのご購入に限り送料無料(男女兼用) クリアグレー フリー

素材も旧モデルとは異なっていて本体が綿50%、ポリエステル30%、ポリウレタン20%でセンターボーンはポリプロピレンです。綿の割合が少なくなりましたが快適さは変わらずスベスベとした感触が加わった気がします。

新モデルでは22%薄手になって15%軽くなっているそうです。また、UVカット(紫外線遮へい率90%以上)機能もあります。

構造的には夏用マスク(商品番号:MAS012S)と似ています。年間タイプの旧モデルにはなかったセンターボーンが本体中央に入っていてマスクが型崩れしないための支えになっています。

顔に着ける際にぱっと見ではどちらが上で下か分からずパッケージにも記されていませんが、グンゼストアの説明では装着方法について以下のようにあります。

マスクを広げた際、お顔にあたる真ん中の生地端部分は、丸みのある山型にカットした部分と、まっすぐカットした部分がございます。お顔のカーブに合わせてよりフィットするよう、丸みを帯びた山型が上、まっすぐカットした部分が下になります。

グンゼ公式通販の商品ページ(https://www.gunze.jp/store/item/MAS022A_534_26_1)より

旧モデルでは内側の生地が二重になっている部分にガーゼなどフィルターになるものを挟める仕様になっていましたが、新モデルではセンターボーンが入っている箇所が縫われて閉じてあるので挟むことができません。私の場合は旧モデルでも何も挟まなかったので不便ではないですが、新モデルにも期待していた方には残念かもしれません。

洗濯については手洗いがおすすめですがネットに入れて洗濯機でも洗えるようです。

手洗いでも雑にゴシゴシ洗うと摩擦で生地の表面が毛羽立ってせっかくの肌触りが悪くなるかもしれません。やさしく押し洗いする方が良さそうです。

洗濯表示はありませんが素材にポリウレタンが使われているので塩素系漂白剤は避けるなど洗濯についての注意が書かれているので確認が必要です。

センターボーンは硬いワイヤーのようなもではなく柔らかい弾力のある感触で手洗いがしにくいことはないです。

洗濯後の乾きは素材の変更や生地が薄くなっているためか旧モデルより早く感じます。

グンゼ 布製マスクの着け心地

旧モデルは何回か洗って使用していると上の画像のように凹みができて見た目が良くなかったですが、センターボーンが入った新モデルではその心配はないです。

新モデルの方を顔に着けてみると旧モデルよりフィット性が高く感じます。

生地の伸縮性で鼻の上や顎の下も隙間が少なく頬のあたりはピッタリとして密閉性が高いです。それでいて鼻と口のあたりが凹まず空間があるため呼吸はラクにできます。締め付け感も少なく耳も痛くならないです。

サイズ感は耳に掛かる部分の伸縮性も高いので女性から男性まで対応できそうですが、鼻と口を覆う部分については広めなので顔の小さな方には大きく感じるかもしれません。

肌触りはとても快適で旧モデルと比べてしっとり感と柔らかさは同じくらいでなめらかさはアップしているように感じます。

肌との相性は人によって異なると思いますが私の場合は普通に着けている分には長い時間でも今のところ痒みや肌荒れなどはありません。

また、生地は旧モデルより薄くなりましたがペラペラで頼りない感じはなく保温性と保湿性が高く冬場に使いたくなるマスクです。睡眠中の鼻やのどの乾燥予防にも使いやすいです。

取り扱いの注意に「ランニングなどの激しい運動時の着用はお避けください。」とありスポーツ向けではないです。私は1時間くらいの速めのウォーキングでは使用していて息苦しくなることはないです。ただ、ピッタリとフィットするがゆえにマスクが微妙に上下に動くと鼻の頭が少し擦れる感じがありますので運動時にはノーズワイヤーなどが入っているマスクの方が着け心地が安定するかもしれません。

眼鏡の曇りは不織布マスクよりは少なく感じます。私の場合は気温が0℃近い時間でもレンズの内側に水滴ができて拭き取るまで見えづらくて困るということはなかったです。

また、呼気でマスク内が濡れて不快になることはないですが、外した後に肌がしっとり湿っている感じはあります。

最後に

グンゼの新しい年間用マスクはセンターボーンのおかげで口元の空間が広くなり呼吸もしやすくなりました。見た目も生地に張りがありスッキリしています。

肌触りは優しくグンゼの肌着のイメージに近い感じがあります。

個人的には寒い時期の方が使いやすく暑い時期は夏用マスクの方が涼しく快適だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました