ミズノ WAVE RIDER23(ウエーブライダー23)のサイズ感と履き心地! レビュー

ミズノのランニングシューズ、WAVE RIDER 23(ウエーブライダー23)です。

アッパーは前モデルより足あたりが良くなって前足部はゆとりを感じる履き心地になっていると感じます。ソールの作りは変わっていないようで柔らかい着地感でクッション性が高いです。

走力的に初心者向けのモデルでゆっくりペースで長時間走れる機能性があります。

スポンサーリンク

ミズノ ウエーブライダー23のサイズ感と履き心地

サイズ感

ウィズ(足囲)については今回のウエーブライダー23にもスリム(E相当)がなく、2E相当のレギュラー幅以外にメンズではスーパーワイド(4E相当)、レディースではワイド(3E相当)があります。

サイズ展開はウィズ(足囲)やカラーによって違います。

  • ユニセックスモデル(2E相当):22.5~29.0(0.5cm刻み)、30.0cm
  • メンズレギュラー(2E相当):24.5~29.0(0.5cm刻み)、30.0、31.0、32.0cm。※カラーによって違います。
  • メンズワイド(4E相当):24.5~29.0(0.5cm刻み)、30.0cm。※カラーによって違います。
  • レディースレギュラー(2E相当):22.0~26.0cm。※カラーによって違います。
  • レディースワイド(3E相当):22.5~25.5cm
私の足の実寸サイズ(記事作成時)

右足:足長254mm足囲240mm
左足:足長253mm足囲235mm
※足の形やサイズの好みは人それぞれ違います。サイズ感についてはあくまで目安としていただければと思います。

私が選んだサイズはレギュラー幅(2E相当)の26.5cmです。足長的にはちょうど良いですが前足部が少しルーズで個人的には今回のウエーブライダー23にはスリムモデルを出して欲しかったと思う履き心地です。

アッパーとソール

アッパーは人工皮革の補強が少なくスッキリとしたデザインになり、生地の素材も柔らかくガッチリ感が少なくなってます。ただ、中足部はランバードマークの補強がしっかりして踵部にかけてもホールド性が高くウエーブライダーらしさを感じます。

ソールは前モデルと変わっていないようで着地感は分かりやすい柔らかさです。個人的にはウエーブライダーは19代目くらいから段々とソールが柔らかくなっていくのが気になっていましたが、前モデルの22代目と今回の23代目ではさらに柔らかくなっていると感じます。ただ、ミッドソールには波形プレートが入っていて高いクッション性だけでなく安定性もあります。

アウトーソールはシリーズを通して模様が少し違ったり屈曲溝が増えたり減ったりするくらいであまり変わらないように思います。前モデルと今回のモデルは屈曲溝が多く着地から蹴り出しまでの体重移動もスムーズになっているそうですが個人的な体感では大きな違いはなくやはりミッドソールの柔らかさの方が気になります。

踵部

踵部は変わらずヒールカウンターが硬くしっかりしていてホールド性は高いです。

中敷き

中敷きは厚みがあり足裏の感触も柔らかいですが表面はソックスによっては少し滑りやすく感じます。

最後に

ウエーブライダー23はアッパーの足あたりの良さやソールの柔らかさが快適でランニングだけでなく普段履きにも使っている方がいるほど履きやすいシューズです。

個人的には最初に足を入れたときにアッパーの柔らかいフィット感が少し頼りない気がしましたが、踵と中足部のホールド性が変わらず優れているのでゆっくりペースで長い距離を走るならやはりミズノの中ではウエーブライダーが1番使いやすいです。

メンズモデル
レディースモデル

コメント

タイトルとURLをコピーしました