イグニオのiHEAT(アイヒート)はレーヨンが入っているが汗冷えの不快感は少ない!

イグニオのiHEAT(アイヒート)という長袖インナーシャツです。ウォーキングやジョギングをする時に着ています。

いわゆる「あったかインナー」で多く汗をかく運動時には向かないとされる素材のレーヨンが使われていますが、iHEATは軽い運動なら「汗冷え」の不快感は少なく着心地は良いです。

スポンサーリンク

イグニオのiHEAT(アイヒート)の特徴と着心地

使用したのはiHEAT軽量タイプで素材構成はレーヨン62%ポリエステル33%ポリウレタン5%です。商品の説明には「吸湿速乾」と書かれてはいますがレーヨンが入っているので運動用に購入したつもりはありませんでした。

レーヨンは他のメーカーのあったかインナーでもよく使われている素材で、少しの汗は発熱して暖かさを感じるそうですが多量の汗をかくと乾きにくく体が冷えてしまうそうです。

以前に他のあったかインナーを着て運動した後、汗で生地がべたついて冷たく早く着替えないと風邪を引きそうに思うことがありました。

しかし、ジョギング時に他のインナーに着替え忘れてiHEATで走ってみると汗をかいても冷たくなりませんでした。肌触りがサラリとしていて柔らかさもあります。

軽量タイプなので生地が薄く汗を吸い過ぎないだけかもしれませんが、もしかしたら汗冷えとレーヨンはあまり関係がないのかと思うほど汗の不快感がありませんでした。

30~40分くらいのウォーキングやジョギングで使用している時はあまり不快感はなかったです。
しかし、気温が高めの日のランニングでしっかり汗をかくと運動後に冷たく感じることがありました。

軽量タイプは薄手なので真冬のウォーキングでは少し暖かさが物足りないです。

iHEATの長袖インナーシャツには中厚タイプ極圧タイプもあるそうですが生地が厚めなので汗を多く吸って乾きにくいと汗冷えが心配です。

イグニオiHEAT(アイヒート)の軽量タイプのサイズはメンズはS~3Lまで、レディースはS~LLまであります。

イグニオの商品はスポーツデポ・アルペン・ゴルフ5で取り扱っています。通販でも購入できます。

アルペングループサイト

コメント