カシオのミニキーボードSA-46の特徴と魅力!不満は1つ

ちょっと音を出して遊びたいときに、コンパクトなサイズで手軽にいろんな場所に持ち運べて使えるカシオのミニキーボードSA-46です。

もっとチープなおもちゃの鍵盤なのかと思っていましたが、音が良くパターン(自動伴奏)も多彩でカッコいいので大人も楽しんで使えます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

カシオ ミニキーボード SA-46の特徴と魅力

サイズと携帯性

SA-46のサイズ(幅×奥行き×高さ)は44.6×20.8×5.1mm。私が使っているパソコン用のテンキー付きのキーボードと比べると幅は大体同じくらいで、奥行きが1.5倍くらいでした。

キーボードとしてはコンパクトで家の中では使いたい場所へ簡単に持って行けます。外へはまだ持って行ってませんが私が使っている25Lのリュックには余裕で入りました。鍵盤ハーモニカのバッグに入れている方もいるようです。

ACアダプターは別売りですが、携帯性を考えるとむしろ使わない方が扱いやすいです。乾電池でも使用時間が短いとは感じませんでした。

鍵盤ハーモニカと同じ鍵盤数と音域

鍵盤数は32ミニ鍵盤です。音域は音名ではF3~C6(ヤマハではF2~C5、MIDIのノートナンバーでは53~84)。ピアノでいう真ん中のド(中央ハ)は、上の画像の赤いしるし(SA-46の購入時にしるしは付いていません)です。

鍵盤ハーモニカの32鍵タイプと鍵盤の並び方が同じなので、鍵盤ハーモニカを使っているお子様と練習を一緒にすることもできます。先にSA-46でこっそり練習して弾き方を教えてあげてもカッコいいです。

また鍵盤ハーモニカを呼気で鳴らすのがしんどくなったとき指使いだけ練習するのにも便利です。ただし鍵盤部分の全体の大きさが違います。鍵盤自体の大きさは同じようですが、鍵盤と鍵盤の隙間がSA-46の方が僅かに広いので全体的に鍵盤ハーモニカより大きくなっています。

鍵盤の感触

鍵盤は軽いです。SA-46より値段の高いキーボードでもグリッサンドをすると鍵盤が硬く手が痛くなることがありますがSA-46では滑らかにできます。

ベロシティはないので音の強弱は表現できません。8音まで同時に音を出せます。ミニ鍵盤ですが私の場合大人の指でも黒鍵に挟まれた奥の白鍵も押せました。

右手と左手で違う音が出せるようなキースプリットはありませんが、ドラムパッドがあるので上手な人は右手で鍵盤、左手でドラムの音を出して演奏できます。ドラムパッドの音色はキック、スネア、クローズハイハット、バヤ、タブラです。バヤとタブラはインドの打楽器だそうです。

音色は豊富でパターンも多彩

音色は100、パターン(自動伴奏)は50あるのでリズムを鳴らしながら、適当に好きなフレーズを引くだけでも楽しいです。またテンポの変更でパターンの印象を変えることができます。

SA-46のカッコよさが出ていると思った動画

リズムはパターン「07トランス」のテンポを少し下げているようです。いろんな音色でフレーズを重ねていってカッコいいですが、SA-46には録音機能はないので映像を編集して重ねているようです。

使う人によってはこんなにカッコよく引けるんだなと思いました。

あればよかったと思う機能

楽しく使えて概ね満足しているカシオのミニキーボードSA-46ですが、1つ不満があるとすれば鍵盤数が少ないのでオクターブシフトがあれば便利だと思いました。購入前はあるものだと思い込んでいたので残念でした。

楽天ウィジェット
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする