アシマル オールインスポーツ レビュー

アシマルのオールインスポーツ PN72です。アーチのサポートを期待して試してみました。

アシマルの公式サイトでは商品の説明に「全てのスポーツに対応」とありながら「ランニング、バスケット、バレーボールを除く」とも記されているのでランニング用ではありませんが、交換したいインソールと厚さが同じくらいでちょうど良さそうなので、歩いたりちょっとジョギングするくらいなら良いだろうとランニングシューズに入れてみました。

アシマルにはランニング用に「アシマル ランニング」があり薄くて軽いですが、今使用しているシューズのインソールは厚みがあるので交換すると履き心地が緩くなってしまいます。

アシマルのインソールは「アシマル ランニング」と「アシマル ウォーキング」を使用したことがあります。それと今回試した「アシマル オールインスポーツ」のそれぞれの厚さはアシマルのオンラインショップによると以下の通りです。

  1. 「ランニング」は25.0~26.5cm用で、つま先3.7mm、踵5.2mm
  2. 「ウォーキング」は26.0~26.5cm用で、つま先が6.0mm、踵7.6mm
  3. 「オールインスポーツ」は25.0~26.5cm用で、つま先5mm、踵で5.7mm

「アシマル ランニング」は中級者以上がレースに使用するタイトなシューズにも合わせやすい薄さです。

「アシマル ウォーキング」は厚みと横幅があり、ゆったりしたシューズに入れやすいです。

スポンサーリンク

アシマル オールインスポーツの特徴

オールインスポーツの裏側にはパワープラスチックという黄色いパーツがありアーチを支えてくれます。「アシマル ランニング」と「アシマル ウォーキング」にもついていてこれがアシマルの1番の特徴だと思います。他社のインソールで踵にまで硬いパーツが入っているものだと踵が浅くなりホールドが甘くなる場合もありますが、オールインスポーツではちょうど土踏まず全体にフィットする位置だけにふくらみあり、シューズの履き心地を損ねることがありません。

赤い部分は多方向の運動に対応するための硬いラバーらしいですが、手で触った感じではそんなに固く感じません。ランニングのように直進するだけでなく、ラケットスポーツなど、コート内をいろんな方向に細かく動くのに適したインソールようです。

つま先は5mmほどで薄過ぎず、厚過ぎずといった感じです。

踵部分をつまむとグニャっと柔らかいです。「アシマル ランニング」はこの部分は硬く、しっかりしています。

オールインスポーツをシューズに入れてみた

元のインソールのつま先がが5mmくらいのシューズ何足かに入れてみました。どのシューズにも入れやすく履き心地に悪く影響することはありませんでした。

表面の肌触りは良く、足裏は滑りやすいことも引っ掛かり過ぎることもありません。

しかし、期待していたパワープラスチックによるアーチサポートが思ったより弱かったです。「アシマル ランニング」と「アシマル ウォーキング」ではもっと表面の盛り上がりを感じて、土踏まず全体を支える感覚があったので残念です。

コメント